Macで無料で音源の形式変換をする方法

24bit/48k 等のハイレゾ音源を購入した場合に、ipod classic 等手持ちのプレーヤーで再生が出来ない場合があります。

その場合下記のように変換する必要があります。

ハイレゾ:24bit/48k ➡︎ CD音源:16bit/41k

iTunesではWAVをAACに変更する事はできますが、上記の様な変更機能はありません。

そこで、変換ソフトを利用する事になります。フリーのものから有料なものまで様々ありますが、私はXLDの機能を利用しています。

理由としては、リッピングソフトとして優秀であり、安心感がある為です。

XLDによるファイル変換

RadioheadのA Moon Shaped PoolをAIFFの16bit/41kに変更してみましょう

XLD

まずは起動

スクリーンショット 2016-07-02 7.31.08

ツールバーXLDから環境設定をクリック

スクリーンショット 2016-07-02 7.33.08

出力フォーマットをAIFFにします。

スクリーンショット 2016-07-02 7.34.18

オプションを選択し「サンプルレート」と「ビット深度」を選びます。

スクリーンショット 2016-07-02 7.34.39

サンプルレートを「44100Hz」に変更

スクリーンショット 2016-07-02 7.34.56

「ビット深度」を16bitに変更

スクリーンショット 2016-07-02 7.37.51

アルゴリズムはデフォルトのままでOKです。

スクリーンショット 2016-07-02 7.38.14

次に変換する元ファイルがあるフォルダを選択します。

スクリーンショット 2016-07-02 7.39.06そおすると上記の様な画面になりますので、変換するをクリックします。

スクリーンショット 2016-07-02 7.39.16

すると上記のように変換が始まります。

また、いろいろと応用が可能で、ハイレゾ:24bit/48kの変更はせずにWAV➡︎AIFFへの変換のみといった事も可能となります。

AIFFだとジャケも埋め込めるから便利なので、私はAIFFに統一しています。

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

2件のコメント

  1. ピンバック:RADIOHEAD ニューアルバム A Moon Shaped Pool をハイレゾで聴く – IT trip

  2. ピンバック:ZenFone3でハイレゾを聞いて驚愕とした – IT trip

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 関連コンテンツ