Noble Spark社製 スタンドライトの斬新さを語る

我が家の照明は大半をNoble Spark 社製にしています。

斬新なアイディアを盛り込んだデザインで飽きがこないですし、光って無い状態であっても美術館においてあるインテリアを彷彿をさせます。

マジョリティーをマーケットの対象としているPanasonicやNEC等の大企業には真似出来ないと思います。やはり8割にウケる無難なデザインとなってしまうからです。

Appleやダイソンの様なデザインファーストの大企業も存在しますが、、、

スタンドライトを友人に貰いましたので紹介します。

jk124という型番です。

骨組みが全てアクリルとなっていて、光らせた時に全体が光るといった構造となっています。

SONY DSC

どうでしょうか?かなかな存在しない構造になっていますよね。

アクリルで硬い素材なので、しっかりしていてフニャっと曲がるような事はありません。

SONY DSC

足回りもゴージャスなデザインで気に入っています。

SONY DSC

電球は別売りです。そうなんですNoble Sparkの電球は全て別売りなんです。

好きな電球を選びたい私としては、この売り方は好きです。

ちなみにこの電球はLEDのシャンデリアタイプです。

自然な発色をしてLEDといった感じはしません。少しお高いですが、、、

SONY DSC

全てアクリル!!

SONY DSC

どのアングルからでもお洒落ですね。

 

Noble Spark社のホームページリンク

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です