迷わず最強1600ルーメンのスペックを誇るCAT EYE 「VOLT1600」を買え!!超イイ

クロスバイクの愛用者ですが、クソみたいなライトを利用していたので、ライトを新調しました。

とにかく、種類があるので一番明かるいやつを調べて買ってみました。

これが、当たりでした。

LEDライトっていうのは光度がそこまでないんだけども、燃費がよいってことで渋々使っていました。車のライトと比較すると明かるくなくて、相手に認識してもらえればいいや〜くらいに思っていました。

ほとんどのLEDライトが400ルーメンで最強みたいな売りになっていましたが、私の購入した相棒VOLT1600はなん1600ルーメンを誇ります。車のヘッドライトに匹敵しますよ。

冗談抜きで、直視したら失明するんじゃないかって程の威力です。

さて、画像で説明するのは難しいんですが、やってみます。

とりあえず目が二つあります。800ルーメンが2個ってところですね。800ルーメンだってなかなか無いんですよ。

後ろを見てみましょう。まずエグイのが、HOTってありますよね。そうです、暑いんですよ熱をもつ最強君なんで。

HOTシールの左にあるのが、USB充電の接続元です。防水なので、防水処理が施されていますんね。

リチウムイオン電池に充電をするんですが、これが高出力を出せる理由です。電池とは電圧が違うのでいけるわけです。納得でしょ?

スイッチオン!! 上の白丸を長押しでいけるんです。あかる〜い!!

違う角度でポン!!

またまた、違う角度でポン!!埃が見えるでしょ。

さて、光の凄さが分かる2枚をとりました。ハアハア

上の写真は100V電球を消した状態で、下がつけた状態

上下で階段の明るさが変わっていない事が分かると思います。

これは、100Vの電球が意味をなさないくらい明かるいといった事の証明になります。

自転車で利用していて

正直な話、メチャクチャ明かるいんですが、それは他のライトと比較しての相対比較であって、外ではこのくらい明るくないと逆に危ないと思います。直ぐに自動車に気づいてもらえますし、路面の状態や障害物を識別できます。そして、車のヘッドライトより明るければ話は別ですが、、、明る過ぎて困る事はないので買って後悔はしないと思います。

私はアマゾンで15000円くらいで購入しました。発売当時は20000円を超えていたと他の方の口コミにありましたので、結構安く買えたと思っています。

追記:2017年11月16日
半年ほど使っていたら電源が入らなくなりました。電源が入らなくなる前は電源が消せなくなりました。2年保証なのでサポートに送ったところなんと新品が帰ってきました。送る側の送料はかかりますが、送って4日くらいの光速で新品が届いたので私としてはサポートがかなり好印象です。

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です