• スポンサーリンク

GPOでローカルの「ユーザーとグループ」を作成しよう

ドメイン参加をしているPC端末にローカルのユーザを作成する場面て結構あります。(私だけ?!)

業者さん用だったり、持ち出しで利用する場合だったりと様々です。

手動で作成している人は簡単なのでグループポリシーで配布しましょう。

ローカルユーザとグループをGPOで配布する手順

グループポリシー管理エディターを立ち上げます。

コンピューターの構成⇨基本設定⇨コントロールパネルの設定⇨ローカルユーザとグループを選択します。

右側の白抜きで右クリックをして、新規作成からローカルユーザを選択します。

下の例では「localuser01」というローカルユーザを設定します。(端末に配布されるユーザ)

必須項目はユーザ名のパスワードのみです。その他は必要に応じて記入してください

OKをクリックして適応するのですが、私の環境だと下図のようなエラーがでました。
問題なかったのでこの画面もOKをクリックしてくださし。

次にローカルユーザーグループ「loacalgroup01」を設定します。でも必要ないかもですね。
グループ名をスクロールすると、ビルドインUserやAdministartorも選択可能です。

メンバーには今回作成したローカルユーザー「localuser01」をしていしました。

端末でローカルユーザ・グループを確認してみましょう!

まずは端末を再起動させてグループポリシーを適応させましょう。

左下のWindowsマークで右クリックしてコンピュータの管理を選択します。

無事にlocaluser01が作成されています!!

さてプロパティを確認してみましょう。いいですね、ローカルグループも設定されています。

どうでしょうか?簡単ですよね。GPOは本当に便利です。

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です