Windowsでローカルのユーザープロファイルを正しく削除する方法(フォルダを直接消さないように)

Windowsでローカルのユーザープロファイルを正しく削除する方法を説明します。正しく削除しないとシステムトラブルの元となるので確実に覚えておきましょう。

そもそもユーザープロファイルって何?

ユーザープロファイルとはユーザーが初回にPCにログインすると作成されるフォルダでCドライブに作成されます。ユーザーのデスクットプやマイドキュメント等のデータが入っています。

ユーザープロファイルを消す必要がある場合って?

ログインする人数分のユーザープロファイルが作成されるのでCドライブの容量が枯渇してPCのパフォーマンスが低下したりします。良くあるパターンとして、デスクトップに大きい容量のファイルを保存して、退職や異動をしてしまう人がいる場合です。消さないといけません!!

絶対にやってはいけないこと

Cドライブの直下にユーザーというフォルダがあります。この中にユーザープロファイルが作成されますが、安易に消さないようにしてください。下記の正しい手順で消してください。レジストリが消えないので整合性がとれなくなります。基本的にはCドライブの中身はいじってはいけません。

ユーザープロファイルを消す手順

以下がユーザープロファイルの正しい削除手順です。(Windows10の画像を用いていますが、Windows7でもWindows8でも手順は同じです。)

1.コントロールパネルのシステムを開く

2.システムの詳細設定をクリック

3.ユーザープリファイルの設定をクリック

4.削除したいプロファイルを選択して「削除」をクリック

これで完了です。

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 関連コンテンツ