Mac OS Sierra でOS自動アップデートを無効にする方法

Mac OS SierraにしたらOSのアップデートがデフォルトで自動アップデートになっていました。

アップデートによって影響が生じるアプリケーションを利用している人なんかは注意が必要です。

自動アップデートを無効にする方法

システム環境設定を立ち上げます。

App Store を選択します。

%e7%92%b0%e5%a2%83%e8%a8%ad%e5%ae%9a

私は下記のような設定にしました。ダウンロードはバックグランドでしておき、インストールは通知されるような設定です。自動で全てインストールしてしまうのはチョット、、、

 

関連記事

3件のフィードバック

  1. 通りすがり より:

    xxxさんのメールアドレスが漏れてますよ。

  2. ittrip より:

    大変ありがとうございました。気づきませんでした。。。

  1. 2016年10月27日

    […] Mac OS Sierra でOS自動アップデートを無効にする方法 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です