オーディオルームに最適な暖房は「オイルヒーター」である

オーディオルームの暖房設備として最適なアイテムを考えてみました。

img_20161104_071250

一番考慮すべき内容は「暖房器具が発する騒音」です。

結論からすると最適な暖房器具は「オイルヒーター」だと思います。

種類毎に検証してみましょう。

エアコン

最近は静音のエアコンも出てきていますが、空気を送り出すファンが必ずついていますので、やはり騒音を発生させます。冷暖房両方の機能が備わっていて、省エネという点で選択する人も多いです。部屋が暖まった時に徐行運転を電子制御してくれるところが評価できます。注意点としては冷房で静かな場合でも暖房となると騒音が大きくなる点で、購入時に暖房モードで騒音を確認する必要があります。

石油ファンヒーター

ファンヒーターというくらいですから、ファンがついていて騒音を発生させるのでダメです。エアコンより不快な騒音を発生させていてとにかくダメです。徐行運転というのが苦手なようで、常にうるさいです。空気も汚れますので快適なリスニング環境とは程遠くなりますダメダメづくし

電気ファンヒーター

これも石油ファンヒーターと同じでファンが付いていて騒音を発生させますのでダメです。ただ高性能機種を検討すればエアコンと同様に電子制御で徐行運転をしてくれますので、石油ファンヒーターよりは良いです。軽いので移動も楽チンなのも評価できますね。

ハロゲンヒーター

ハロゲンヒーターは部屋の温度を上げる事はできません。ただ、騒音を出さないので良いのですが、実際に使ってみると結構不快だったりします。ハロゲンヒーターがあたっている皮膚だけ焼けただれるみたいなイメージですね。足元はさむくて腹の部分が暑いみたいな感じです。リスニグ環境としては不向きだと思います。

オイルヒーター

オイルヒーターは電気でオイルを温めて発熱させる暖房器具です。ヨーロッパでは主流となっています。良い点は「無音である!!」これにつきます。他には乾燥しないとか、温かさが心地よいとか、空気が汚れないとか、とにかくなんか体に優しいんですね。私も最も好きな暖房です。よく温まるまでに時間がかかるといった批判がありますが、結構つけた瞬間からジワジワ暖かいです。電気代がかかるとかもありますが、導入費用がエアコンより安いですので、トントンになるんじゃないかなと思っています。特にオーディオルームとするような部屋は、遮音性に優れていると思いますので、必然的に断熱効果も高い部屋が大半ですので、オイルヒータはもってこいだと思います。(オイルヒーターは断熱が弱い部屋には向かないんです。)

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 関連コンテンツ