グループポリシー(GPO)設定の検索ツール|Windows 10 April 2018 Update(1803)版

グループポリシー(GPO)の設定は検索ができないので、設定内容を検索できるツールを作りました。検索ウィンドウで曖昧検索をしてご利用ください。設定内容と設定パスが参照可能です。Windows 10 April 2018 Update(1803)版です。

ユーザーの構成(1803)

設定パス
設定修復 機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
.Net Framework の構成\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
[[スタート] メニュー] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[CD-ROM またはフロッピー ディスクからのプログラムの追加] オプションを非表示にする\コントロール パネル\プログラムの追加と削除
[DFS] タブを削除する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
[ini ファイル] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[Internet Explorer の起動時に、通常使用するブラウザーを確認する] チェック ボックスのオン/オフの変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
[Microsoft からプログラムを追加] オプションを非表示にする\コントロール パネル\プログラムの追加と削除
[Web の設定のリセット] ボタンの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
[Windows Marketplace] を非表示にする\コントロール パネル\プログラム
[Windows コンポーネントの追加と削除] を非表示にする\コントロール パネル\プログラムの追加と削除
[Windows シャットダウン] ダイアログ ボックスで [更新をインストールしてシャットダウン] オプションを表示しない\Windows コンポーネント\Windows Update
[Windows シャットダウン] ダイアログ ボックスの既定のオプションを [更新をインストールしてシャットダウン] に調整しない\Windows コンポーネント\Windows Update
[Windows の機能] を非表示にする\コントロール パネル\プログラム
[Windows へようこそ] のエクスペリエンスを無効にする\Windows コンポーネント\クラウド コンテンツ
[アプリケーション] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[インストールされた更新プログラム] ページを非表示にする\コントロール パネル\プログラム
[インターネット オプション] に [コンテンツ アドバイザー] を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\コンテンツ ページ
[インターネットの検索] の [再検索] リンクを削除する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
[インターネット設定] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[オーディオ] ページを非表示にする\Windows コンポーネント\NetMeeting\オプション ページ
[オフライン ファイル] のユーザー構成を禁止する\ネットワーク\オフライン ファイル
[オフラインで使用する] コマンドを削除する\ネットワーク\オフライン ファイル
[オフライン作業] コマンドを削除する\ネットワーク\オフライン ファイル
[お気に入り] メニューを隠す\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
[このプログラムをディスクに保存する] オプション ボタンの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
[ごみ箱] のショートカット メニューから [プロパティ] を削除する\デスクトップ
[コンテンツ] ページの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
[コントロール パネルの設定] の使用を許可 (コンピューター)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[コントロール パネルの設定] の使用を許可 (ユーザー)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[コンピューター] アイコンのショートカット メニューから [プロパティ] を削除する\デスクトップ
[コンピューターの検索] リンクを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[サービス] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[ショートカット] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[スタート] および [マイ ドキュメント] をリダイレクトするときに、各国化されたサブフォルダー名を使用する\システム\フォルダー リダイレクト
[スタート] に [別のユーザーとして実行] を表示する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [お気に入り] を削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [ゲーム] アイコンを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [コンピューターの装着解除] ボタンを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [すべてのプログラム] を削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [ダウンロード] リンクを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [ドキュメント] を削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [ネットワーク] アイコンを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [ネットワーク接続] を削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [ピクチャ] アイコンを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [ビデオ] リンクを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] を削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [ヘルプ] を削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [ホームグループ] リンクを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [ミュージック] アイコンを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [既定のプログラム] を削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [検索] を削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [最近使ったファイル] を削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから [録画一覧] リンクを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューからピンされたプログラムを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューからユーザー フォルダーを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューからユーザーのフォルダーを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューからユーザー名を削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから共通プログラム グループを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューから頻繁に利用するプログラムの一覧を削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューに [インターネットの検索] リンクを追加する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューに [ファイル名を指定して実行] コマンドを追加する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューに [ログオフ] を追加する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューの [ログオフ] を削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニューの電源ボタンを変更する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スタート] メニュー項目のバルーン ヒントを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[スペル ミスの語句をオートコレクトする] をオフにする\コントロール パネル\地域と言語のオプション
[スペル ミスの語句を強調表示する] をオフにする\コントロール パネル\地域と言語のオプション
[セキュリティ] タブを隠す\Windows コンポーネント\Windows Media Player\ユーザー インターフェイス
[セキュリティ] タブを削除する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
[セキュリティ] ページの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
[セキュリティ] ページを非表示にする\Windows コンポーネント\NetMeeting\オプション ページ
[セキュリティとメンテナンス] のアイコンを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[タスク] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[タスクの実行] および [タスクの終了] を使用できないようにする\Windows コンポーネント\タスク スケジューラ
[ツール] メニュー: [インターネット オプション] コマンドの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
[ツール] メニューからエンタープライズ モードを有効にして使用できるようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
[データ ソース] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[デバイス] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[ドキュメント] アイコンのショートカット メニューから [プロパティ] を削除する\デスクトップ
[ドライブ マップ] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[ネットワーク オプション] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[ネットワーク ドライブの割り当て] と [ネットワーク ドライブの切断] 項目を削除する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
[ネットワーク] タブを隠す\Windows コンポーネント\Windows Media Player\ネットワーク
[ネットワークからプログラムを追加] オプションを非表示にする\コントロール パネル\プログラムの追加と削除
[ネットワークの場所] に [ネットワーク全体] を表示しない\Windows コンポーネント\エクスプローラー
[ネットワークの場所] に [近くのコンピューター] を表示しない\Windows コンポーネント\エクスプローラー
[ネットワークの場所] に最近使ったファイルの共有を追加しない\デスクトップ
[ネットワーク共有] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[ハードウェア] タブを削除する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
[パスワードの表示] ボタンを非表示にする\Windows コンポーネント\資格情報のユーザー インターフェイス
[パスワードの変更] を削除する\システム\Ctrl + Alt + Del オプション
[ビデオ] ページを非表示にする\Windows コンポーネント\NetMeeting\オプション ページ
[ファイル] メニュー: [開く] コマンドの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
[ファイル] メニュー: [新規作成] コマンドの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
[ファイル] メニュー: [名前を付けて保存] コマンドの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
[ファイル] メニュー: [名前を付けて保存] で [Web ページ、完全] 形式の保存を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
[ファイル] メニュー: ブラウザー ウィンドウおよびエクスプローラー ウィンドウの [閉じる] コマンドの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
[ファイル] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[フォルダー オプション] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[フォルダー] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[プライバシー] タブを隠す\Windows コンポーネント\Windows Media Player\ユーザー インターフェイス
[プライバシー] ページの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
[プリンター] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[プログラム] ページの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
[プログラムと機能] ページを非表示にする\コントロール パネル\プログラム
[プログラムのアクセスとコンピューターの既定の設定] ページを非表示にする\コントロール パネル\プログラム
[プログラムのアクセスと既定の設定] ページを非表示にする\コントロール パネル\プログラムの追加と削除
[プログラムの取得] ページを非表示にする\コントロール パネル\プログラム
[プログラムの追加] の既定のカテゴリを指定する\コントロール パネル\プログラムの追加と削除
[プログラムの追加] ページを非表示にする\コントロール パネル\プログラムの追加と削除
[プログラムの追加と削除] を削除する\コントロール パネル\プログラムの追加と削除
[プログラムの変更と削除] を非表示にする\コントロール パネル\プログラムの追加と削除
[プロパティ] を非表示にする\Windows コンポーネント\タスク スケジューラ
[ヘルプ] メニュー: [Netscape ユーザーのために] コマンドを削除する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
[ヘルプ] メニュー: [ヒント] コマンドを削除する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
[ヘルプ] メニュー: [フィードバックの送信] コマンドを削除する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
[ヘルプ] メニュー: [入門] コマンドを削除する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
[ポリシーの表示のみ] を強制する\システム\グループ ポリシー
[マイ コンピューター] からドライブにアクセスできないようにする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
[マイ コンピューター] から共有ドキュメントを削除する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
[レジストリ] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[ローカル ユーザーとグループ] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[印刷] メニューを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
[閲覧の履歴の削除] にアクセスできないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
[環境] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[基本設定] タブの使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[検索] ダイアログ ボックスのフィルターを有効にする\デスクトップ\Active Directory
[検索結果の続きを表示]/[すべての場所の検索] リンクを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[互換表示] ボタンを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\互換表示
[最近使ったファイル] の表示数\Windows コンポーネント\エクスプローラー
[書籍] タブの拡張利用統計情報を許可します\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
[詳細設定] タブの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
[詳細設定] タブの設定の変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
[詳細設定] メニューの [リモート アクセスの基本設定] へのアクセスを禁止する\ネットワーク\ネットワーク接続
[詳細設定] メニューの [詳細設定] へのアクセスを禁止する\ネットワーク\ネットワーク接続
[新しいウィンドウで開く] コマンドの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
[新しいタブ] ページでの Web コンテンツの許可\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
[接続] ページの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
[設定] タブを非表示にする\コントロール パネル\画面
[設定] での Windows スポットライトを無効にする\Windows コンポーネント\クラウド コンテンツ
[設定] メニューのプログラムを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
[全般] タブの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
[全般] ページを非表示にする\Windows コンポーネント\NetMeeting\オプション ページ
[地域のオプション] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[中止] および [更新] ボタンの位置をロック\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
[通話の詳細設定] を無効にする\Windows コンポーネント\NetMeeting\オプション ページ
[電源オプション] 基本設定拡張の使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
[入力時に予測入力を表示する] をオフにする\コントロール パネル\地域と言語のオプション
[表示] メニュー: [ソース] コマンドの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
[表示] メニュー: [全画面表示] コマンドの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
[別のメモリ領域で実行する] チェック ボックスを [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスに追加する\タスク バーと [スタート] メニュー
[予測入力の選択後にスペースを挿入する] をオフにする\コントロール パネル\地域と言語のオプション
[履歴の設定] を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
64 ビット バージョンの Windows の拡張保護モードで実行しているときに 64 ビット タブ プロセスを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
Access 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Access 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Active Desktop を無効にする\デスクトップ\デスクトップ
Active Desktop を有効にする\デスクトップ\デスクトップ
Active Directory サイトとサービス\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
Active Directory ツールのグループ ポリシー タブ\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー
Active Directory ドメインと信頼関係\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
Active Directory フォルダーを非表示にする\デスクトップ\Active Directory
Active Directory ユーザーとコンピューター\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
Active Directory 検索の最大サイズ\デスクトップ\Active Directory
ActiveX VersionList の自動ダウンロードを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
ActiveX オプトイン プロンプトを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ActiveX コントロール\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ActiveX コントロールのインストールには ActiveX インストーラー サービスを使用するように指定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ActiveX フィルター、追跡防止、および Do Not Track のデータの削除を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
ActiveX フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
AD FS 認証に対するトークン ブローカーの使用を有効にする\Windows コンポーネント\Work Folders
ADM ファイルの自動的更新をオフにする\システム\グループ ポリシー
Administrators 用の Windows 2000 のネットワーク接続設定を有効にする\ネットワーク\ネットワーク接続
Adobe Flash Click-to-Run 設定を構成します\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Adobe Flash を許可する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
ADSI エディター\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
Aero Shake のウィンドウ最小化のマウス ジェスチャをオフにする\デスクトップ
AppleTalk ルーティング\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
Carpoint\Windows コンポーネント\Internet Explorer\管理者が許可したコントロール
CD および DVD : 読み取りアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
CD および DVD: 書き込みアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
CD と DVD のメディア情報の取得を禁止する\Windows コンポーネント\Windows Media Player
CD 焼き付け機能を削除する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
ClearType をオフにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
COM コンポーネントが存在しない場合ダウンロードする\システム
Cookie の構成\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Cookie の削除を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
DCOM の構成の拡張\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
DFS の管理の拡張\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
DFS ルートの公開を許可する\共有フォルダー
DFS 管理\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
DHCP リレーの管理\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
DHTML 編集コントロール\Windows コンポーネント\Internet Explorer\管理者が許可したコントロール
Directory サーバーを追加できないようにする\Windows コンポーネント\NetMeeting
DirectSound オーディオ設定を変更できないようにする\Windows コンポーネント\NetMeeting\オーディオとビデオ
ESC キーを [戻る] に割り当てない\Windows コンポーネント\タブレット PC\ハードウェア ボタン
Excel 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Excel 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
FAX サービス\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
FrontPage サーバー拡張\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
HTTP 1.1 を使用する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
HTTP による基本フィード認証を有効にする\Windows コンポーネント\RSS フィード
HTTP プロキシの構成\Windows コンポーネント\Windows Media Player\ネットワーク
HTTP 経由の印刷をオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
IAS ログの記録\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
IGMP ルーティング\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
InfoPath 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
InPrivate フィルター データの削除を禁止\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
InPrivate フィルター データの収集を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\プライバシー
InPrivate フィルターのしきい値の設定\Windows コンポーネント\Internet Explorer\プライバシー
InPrivate フィルターを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\プライバシー
InPrivate ブラウズの許可\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
InPrivate ブラウズを開始した場合にツール バーとブラウザー ヘルパー オブジェクトの読み込みを禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\プライバシー
InPrivate ブラウズを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\プライバシー
Internet Explorer 10\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Internet Explorer 11\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Internet Explorer 7 サイトのポリシー一覧を使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\互換表示
Internet Explorer 7 標準モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\互換表示
Internet Explorer 8\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Internet Explorer 8 の SmartScreen フィルターの管理を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
Internet Explorer 8 のシャットダウン動作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
Internet Explorer 9\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
Internet Explorer が既定の Web ブラウザーでない場合にユーザーに通知する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
Internet Explorer で ActiveX コントロールのログ記録を有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
Internet Explorer で Adobe Flash をオフにし、アプリケーションが Internet Explorer テクノロジを使用して Flash オブジェクトをインスタンス化できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
Internet Explorer でサイトを開くときのメッセージ表示\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
Internet Explorer でリンクを開く形式を設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定
Internet Explorer で外部のブランドを使用することを許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
Internet Explorer で古い ActiveX コントロールの [今回は実行] ボタンを削除する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
Internet Explorer で別のコーデックを使用するメディア ファイルの再生を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\マルチメディア
Internet Explorer と Microsoft Edge の間でお気に入りの同期状態を維持する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Internet Explorer に HTTP2 ネットワーク プロトコルの使用を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
Internet Explorer に SPDY/3 ネットワーク プロトコルの使用を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ActiveX のインストールの制限
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\MIME スニッフィングの安全機能
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\MK プロトコル セキュリティの制限
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\オブジェクト キャッシュ保護
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\スクリプト化されたウィンドウのセキュリティ制限
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ゾーン昇格からの保護
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ネットワーク プロトコルのロックダウン
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\バイナリ ビヘイビアーのセキュリティの制限
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ファイル ダウンロードの制限
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ローカル コンピューター ゾーンのロックダウン セキュリティ
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\整合性のある MIME 処理
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\通知バー
Internet Explorer のメンテナンス\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\グループ ポリシー スナップイン拡張
Internet Explorer のメンテナンス\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\ポリシーの結果セット スナップイン拡張
Internet Explorer の共通設定\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Internet Explorer の検索ボックスを表示しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
Internet Explorer の古い ActiveX コントロールのブロックを無効する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
Internet Explorer の更新プログラムを自動的にチェックする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
Internet Explorer の設定のリセットを許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
Internet Explorer プロセスで実行中のスクリプトによるクリップボード アクセスの確認を省略する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\アプリケーションの互換性\クリップボードのアクセス
Internet Explorer ヘルプにアクセスできないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
Investor\Windows コンポーネント\Internet Explorer\管理者が許可したコントロール
IP セキュリティ ポリシーの管理\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\グループ ポリシー スナップイン拡張
IP セキュリティ ポリシーの管理\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
IP セキュリティ モニター\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
IP ルーティング\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
IPX RIP ルーティング\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
IPX SAP ルーティング\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
IPX ルーティング\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
Journal ノート ライターへの印刷を許可しない\Windows コンポーネント\タブレット PC\アクセサリ
LAN またはリモート アクセス接続のコンポーネントの追加と削除を禁止する\ネットワーク\ネットワーク接続
LAN 接続コンポーネントのプロパティへのアクセスを禁止する\ネットワーク\ネットワーク接続
LAN 接続のコンポーネントの有効化/無効化を禁止する\ネットワーク\ネットワーク接続
LAN 接続のプロパティへのアクセスを禁止する\ネットワーク\ネットワーク接続
LAN 接続の名前を変更する許可\ネットワーク\ネットワーク接続
LAN 接続またはリモート アクセス接続の名前をすべてのユーザーが変更できる許可\ネットワーク\ネットワーク接続
LAN 接続を有効化/無効化する許可\ネットワーク\ネットワーク接続
Lync 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Lync 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
mailto リンクで UTF-8 を使う\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
MD2 および MD4 署名テクノロジで署名されたバイナリをインストールする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\バイナリ ビヘイビアーのセキュリティの制限
Microsoft Access 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Access 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Access 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Chat\Windows コンポーネント\Internet Explorer\管理者が許可したコントロール
Microsoft Edge で about:flags ページへのアクセスを禁止する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Microsoft Edge で最初の実行時の Web ページを開かない\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Microsoft Edge に書籍ライブラリを常に表示する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Microsoft Edge を開くボタン ([新しいタブ] ボタンの隣) を非表示にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\ブラウズ
Microsoft Edge 上のお気に入りを変更できないようにする\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Microsoft Excel 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Excel 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Excel 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft InfoPath 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft InfoPath 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Lync 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Lync 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Lync 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 2010 の共通設定\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 2013 アップロード センター\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 2013 の共通設定\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 2016 アップロード センター\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 2016 共通設定\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Access 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Access 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Common 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Excel 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Excel 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 InfoPath 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Lync 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Lync 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 OneNote 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 OneNote 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Outlook 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Outlook 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 PowerPoint 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 PowerPoint 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Project 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Project 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Publisher 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Publisher 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 SharePoint Designer 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Visio 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Visio 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Word 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Word 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 共通 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft OneDrive for Business 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft OneDrive for Business 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft OneNote 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft OneNote 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft OneNote 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Outlook 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Outlook 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Outlook 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft PowerPoint 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft PowerPoint 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft PowerPoint 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Project 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Project 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Project 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Publisher 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Publisher 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Publisher 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft SharePoint Designer 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft SharePoint Designer 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft SharePoint Workspace 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Store アプリケーションをオフにする\Windows コンポーネント\ストア
Microsoft Store へのアクセスをオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
Microsoft Store 内のプライベート ストアのみを表示する\Windows コンポーネント\ストア
Microsoft Visio 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Visio 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Visio 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Word 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Word 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Word 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft エージェント\Windows コンポーネント\Internet Explorer\管理者が許可したコントロール
Microsoft からの更新された Web サイト一覧を含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\互換表示
Microsoft スクリプトレット コンポーネント\Windows コンポーネント\Internet Explorer\管理者が許可したコントロール
Microsoft 互換性一覧を許可\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Microsoft 調査コントロール\Windows コンポーネント\Internet Explorer\管理者が許可したコントロール
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
MMS プロキシの構成\Windows コンポーネント\Windows Media Player\ネットワーク
MSNBC\Windows コンポーネント\Internet Explorer\管理者が許可したコントロール
NAP クライアントの構成\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\グループ ポリシー スナップイン拡張
NAP クライアントの構成\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
NetMeeting 2.x ホワイトボードを無効にする\Windows コンポーネント\NetMeeting
NetShow ファイル転送コントロール\Windows コンポーネント\Internet Explorer\管理者が許可したコントロール
OneNote 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
OneNote 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
OS が生成するエラー報告のためにメモリ ダンプを自動送信する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告
OSPF ルーティング\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
Outlook 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Outlook 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Outlook Express を構成する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
PowerPoint 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
PowerPoint 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
PowerShell スクリプト ブロックのログ記録を有効にする\Windows コンポーネント\Windows PowerShell
PowerShell トランスクリプションを有効にする\Windows コンポーネント\Windows PowerShell
Project 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Project 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Publisher 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Publisher 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
QoS 受付制御\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
Quirks モード サイトのポリシー一覧を使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\互換表示
RAS ダイヤルイン - ユーザー ノード\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
RD ゲートウェイ サーバー アドレスを設定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\RD ゲートウェイ
RD ゲートウェイの認証方法を設定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\RD ゲートウェイ
RD ゲートウェイ経由で接続を有効にする\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\RD ゲートウェイ
RemoteApp セッションのログオフの制限時間を設定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\セッションの時間制限
RIP ルーティング\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
RTSP プロキシの構成\Windows コンポーネント\Windows Media Player\ネットワーク
SAN 用記憶域マネージャー\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
SAN 用記憶域マネージャーの拡張\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
SharePoint Designer 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Shockwave Flash\Windows コンポーネント\Internet Explorer\管理者が許可したコントロール
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
SmartScreen フィルター機能の管理を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
SmartScreen フィルター機能の警告をバイパスしない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
SMTP プロトコル\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
Snipping Tool の実行を許可しない\Windows コンポーネント\タブレット PC\アクセサリ
SNMP\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
Tablet PC のタッチ入力を無効にする\Windows コンポーネント\タブレット PC\タッチ入力
Tablet PC ペンのトレーニングをオフにする\Windows コンポーネント\タブレット PC\Tablet PC ペンのトレーニング
TCP/IP 詳細設定の構成を禁止する\ネットワーク\ネットワーク接続
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
TPM 管理\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
True Color でアプリケーションを共有できないようにする\Windows コンポーネント\NetMeeting\アプリケーションの共有
Update-Help の既定のソース パスを設定する\Windows コンポーネント\Windows PowerShell
URI スキームに関連付けられたデスクトップ アプリの起動をブロックする\Windows コンポーネント\アプリ実行時
URL に対して UTF-8 のクエリ文字列の送信を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
URL 候補をオフにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\オートコンプリート
User Experience Virtualization (UE-V) を使用する\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
UTF-8 での URL パスの送信を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\URL エンコード
VDI の構成\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
Visio 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Visio 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Web アドレスのオートコンプリート機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
Web アドレスへのリンク\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
Web サイトの既定の記憶域制限を設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
Web ディレクトリを表示できないようにする\Windows コンポーネント\NetMeeting
Web ページでアニメーションを再生する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
Web ページでサウンドを再生する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
Web ページでビデオを再生する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
Web 発行およびオンライン注文ウィザードのインターネット ダウンロードをオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
WebRTC での Localhost IP アドレス使用の回避\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
WebSocket オブジェクトをオフにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\AJAX
Windows Connect Now ウィザードへのアクセスを禁止する\ネットワーク\Windows Connect Now
Windows Defender SmartScreen を構成します\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Windows Defender SmartScreen を構成します\Windows コンポーネント\Windows Defender SmartScreen\Microsoft Edge
Windows Hello for Business の使用\Windows コンポーネント\Windows Hello for Business
Windows Journal の実行を許可しない\Windows コンポーネント\タブレット PC\アクセサリ
Windows Messenger カスタマー エクスペリエンス向上プログラムをオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
Windows Messenger の実行を許可しない\Windows コンポーネント\Windows Messenger
Windows Search オートコンプリートを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\オートコンプリート
Windows Update でのデバイス ドライバー検索のプロンプトをオフにする\システム\ドライバーのインストール
Windows Update のすべての機能へのアクセスを削除する\Windows コンポーネント\Windows Update
Windows Update へのリンクとアクセスを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
Windows アプリを同期しない\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
Windows インストーラーがインストールのファイルを検索する順番を指定する\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
Windows エラー報告を無効にする\Windows コンポーネント\Windows エラー報告
Windows オンラインを無効にする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
Windows カレンダーを無効にする\Windows コンポーネント\Windows カレンダー
Windows キー ホットキーをオフにする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
Windows ストア アプリをタスク バーに表示する\タスク バーと [スタート] メニュー
Windows スポットライトではサードパーティのコンテンツを提案しない\Windows コンポーネント\クラウド コンテンツ
Windows スポットライト機能をすべて無効にする\Windows コンポーネント\クラウド コンテンツ
Windows での通常使うプリンターの管理を無効にします\コントロール パネル\プリンター
Windows の起動時と Microsoft Edge を閉じるたびに、Microsoft Edge でスタート ページと新しいタブ ページが開始、読み込みされないようにします\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Windows の自動更新\システム
Windows の色を使用できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\ディスプレイの設定\一般の色
Windows プレゼンテーションの設定をオフにする\Windows コンポーネント\プレゼンテーションの設定
Windows メニューおよびダイアログの言語の選択を制限する\コントロール パネル\地域と言語のオプション
Windows モビリティ センターをオフにする\Windows コンポーネント\Windows モビリティ センター
Windows 設定の同期\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
WMI コントロール\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
Word 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Word 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Work Folders の設定を指定する\Windows コンポーネント\Work Folders
WPD デバイス: 書き込みアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
WPD デバイス: 読み取りアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
XDomainRequest オブジェクトを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\AJAX
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
アクション センターでの Windows スポットライトを無効にする\Windows コンポーネント\クラウド コンテンツ
アクセシビリティの設定の変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
アクセラレータを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\アクセラレータ
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
アクティブでアイドル状態になっているリモート デスクトップ サービス セッションの制限時間を設定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\セッションの時間制限
アクティブなリモート デスクトップ サービス セッションの制限時間を設定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\セッションの時間制限
アクティブな接続の動作状況の表示を禁止する\ネットワーク\ネットワーク接続
アドオンのパフォーマンスの通知を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
アドオンの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
アドオンの一覧で許可されたものを除き、アドオンはすべて拒否する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
アドレス バーでの検索を構成できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\検索
アドレス バーでの検索結果上位の表示を構成できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\検索
アドレス バーのドロップダウン リスト候補を許可する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
アドレス バーの検索候補の構成\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
アドレス バーへの 1 単語の入力でイントラネット サイトに移動する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\ブラウズ
アニメーション設定を変更するための UI を削除する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
アプリ ビューからアプリのみを検索する\タスク バーと [スタート] メニュー
アプリ ビューで最初にデスクトップ アプリを一覧表示する\タスク バーと [スタート] メニュー
アプリケーション キャッシュのリソース リストの最大サイズを設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
アプリケーション キャッシュの個々のリソースの最大サイズを設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
アプリケーション スナップインの使用を許可\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\基本設定スナップイン拡張
アプリケーションの起動を禁止する\Windows コンポーネント\タブレット PC\ハードウェア ボタン
アプリケーションの共有を無効にする\Windows コンポーネント\NetMeeting\アプリケーションの共有
アプリの使用状況の追跡をオフにする\Windows コンポーネント\画面の端の UI
アンカーを表示しない\Windows コンポーネント\Windows Media Player\ユーザー インターフェイス
イベント ビューアー\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
イベント ビューアー\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
イベント ビューアー (Windows Vista)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
イベント ビューアー (Windows Vista)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
イベント ログのレベル\ネットワーク\オフライン ファイル
イメージを自動的にサイズ変更しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\マルチメディア
インクボールの実行を許可しない\Windows コンポーネント\タブレット PC\アクセサリ
インストールでリムーバブル メディア ソースを使えないようにする\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
インストール時にアプリをスタートにピン留めする\タスク バーと [スタート] メニュー
インターネット インフォメーション サービス\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
インターネット ゾーンで制限するプロトコル\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ネットワーク プロトコルのロックダウン\セキュリティ ゾーンごとの制限されたプロトコル
インターネット ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
インターネット ゾーンのファイル サイズの制限\Windows コンポーネント\Internet Explorer\常設
インターネット ファイルの関連付けサービスをオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
インターネットからダウンロードしたユーザー数が少ないファイルに対する SmartScreen フィルター機能の警告をバイパスしない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
インターネットを検索しない\タスク バーと [スタート] メニュー
インターネット一時ファイルおよび Cookie を削除できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
インターネット一時ファイルの削除を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
インターネット一時ファイルの設定の変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
インターネット検索サイトを [再検索] リンクと [スタート] メニューに表示する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
インターネット検索の統合をオフにする\Windows コンポーネント\IME
インターネット接続ウィザードの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
インターネット接続ウィザードを自動的に開始する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\インターネット接続ウィザードの設定
インターネット接続の問題に関するメッセージの詳細表示を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\ブラウズ
インターネット通信を制限する\システム\インターネット通信の管理
インターネット認証サービス (IAS)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
インデックス サービス\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
インデックス付きのファイル データに依存する Windows ライブラリ機能を無効にする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
イントラネット コンテンツの通知バー通知を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
イントラネット サイト: すべてのネットワーク パス (UNC) を含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
イントラネット サイト: プロキシ サーバーを使用しないサイトをすべて含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
イントラネット サイト: 他のゾーンにないローカル (イントラネット) のサイトをすべて含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
イントラネット ゾーンで制限するプロトコル\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ネットワーク プロトコルのロックダウン\セキュリティ ゾーンごとの制限されたプロトコル
イントラネット ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
イントラネット ゾーンのファイル サイズの制限\Windows コンポーネント\Internet Explorer\常設
イントラネットのサポート Web ページを設定する\Windows コンポーネント\NetMeeting
イントラネットを自動的に検出する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
インライン オートコンプリートを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\オートコンプリート
ウィンドウとボタンの視覚スタイルを変更できないようにする\コントロール パネル\個人用設定
ウィンドウのアニメーションを許可しない\Windows コンポーネント\デスクトップ ウィンドウ マネージャー
ウィンドウを開く方法を構成できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
エクスプローラー ウィンドウを共有できないようにする\Windows コンポーネント\NetMeeting\アプリケーションの共有
エクスプローラーから [ファイル] メニューを削除する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
エクスプローラーから [検索] ボタンを削除する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
エクスプローラーでインライン オートコンプリートを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\オートコンプリート
エクスプローラーで数値による並べ替えを無効にする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
エクスプローラーのショートカット メニューの [管理] 項目を非表示にする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
エクスプローラーのメニュー バーを表示する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
エクスプローラーの既定のショートカット メニューを削除する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
エクスプローラーの検索ボックスで最近検索したエントリの表示を無効にする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
エクスペリエンス調整のために診断データを使用しない\Windows コンポーネント\クラウド コンテンツ
エッジ スワイプを許可する\Windows コンポーネント\画面の端の UI
エラー報告のアーカイブを構成する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\詳細エラー報告の設定
エラー報告のキューを構成する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\詳細エラー報告の設定
エンタープライズ PKI\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
エンタープライズ モード IE の Web サイト一覧を使用する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
エンタープライズ モード サイト一覧に含まれていないすべてのサイトを Microsoft Edge に送信します。\Windows コンポーネント\Internet Explorer
エンタープライズ モード サイト一覧を構成する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
エンタープライズ モードを使用して Microsoft Edge でサイトを開くときにメッセージを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
オーディオ/ビデオ プレーヤー\Windows コンポーネント\Internet Explorer\管理者が許可したコントロール
オーディオとビデオの帯域幅を制限する\Windows コンポーネント\NetMeeting\オーディオとビデオ
オーディオを無効にする\Windows コンポーネント\NetMeeting\オーディオとビデオ
オートフィルの構成\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
オープン拡張辞書をオフにする\Windows コンポーネント\IME
おすすめサイトを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
オフライン ファイル フォルダーを使用できないようにする\ネットワーク\オフライン ファイル
オフライン ページへのスケジュールの削除を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\オフライン ページ
オフライン ページへのスケジュールの追加を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\オフライン ページ
オフライン ページへのスケジュールの編集を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\オフライン ページ
オフライン ページへのヒット ログの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\オフライン ページ
オン デマンドのインストールを許可する (Internet Explorer を含む)\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
オン デマンドのインストールを許可する (Internet Explorer を除く)\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
オンプレミスの認証に証明書を使用する\Windows コンポーネント\Windows Hello for Business
オンライン レスポンダー\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
お気に入りサイト データの削除を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
お気に入りのプロビジョニング\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
お気に入りバーを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
お気に入りを構成する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
カーソル ブラウズのサポートを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
カスタマイズ メニューをオフにする\タスク バーと [スタート] メニュー
カスタム クイック検索インターネット検索プロバイダー\Windows コンポーネント\クイック検索
カスタム クラス: 書き込みアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
カスタム クラス: 読み取りアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
カスタム ロケールの選択を禁止する\システム\ロケール サービス
カスタム同意設定を無視する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\同意
カラー プロファイルのインストールまたはアンインストールを禁止する\Windows コンポーネント\Windows カラー システム
カレンダーと連絡先一覧の設定の変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
キーボード ナビゲーション インジケーター設定を変更するための UI を削除する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
クイック タブ機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
クイック ピック メニューを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
クライアント コンピューターにアプリケーション キャッシュを格納することを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
クライアント コンピューターにインデックス付きデータベースを格納することを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
クラウド候補を有効にする\Windows コンポーネント\IME
クラシック表示のシェルをオンにする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
クラッシュの検出を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
クリップボードのリダイレクトを許可しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\デバイスとリソースのリダイレクト
グループ ポリシー オブジェクト エディター\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー
グループ ポリシー スターター GPO エディター\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー
グループ ポリシー ドメイン コントローラーの選択を構成する\システム\グループ ポリシー
グループ ポリシーの管理\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー
グループ ポリシーの低速リンクの検出を構成する\システム\グループ ポリシー
グループ ポリシー管理エディター\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー
グループ ポリシー経由で展開されたアクセラレータに制限する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\アクセラレータ
クロス ドキュメント メッセージングを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\AJAX
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ゲーム\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
コーデックのダウンロードを禁止する\Windows コンポーネント\Windows Media Player\再生
このウィザードが実行されないようにしてください。\Windows コンポーネント\Windows 10 への機能の追加
コマンド バーを非表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
コマンド プロンプトにアクセスできないようにする\システム
コマンド プロンプトを共有できないようにする\Windows コンポーネント\NetMeeting\アプリケーションの共有
コマンド ボタンに大きいアイコンを使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
コマンド ラベルのカスタマイズ\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
ごみ箱のサイズの最大許容値\Windows コンポーネント\エクスプローラー
コモン ダイアログの [戻る] を非表示にする\Windows コンポーネント\エクスプローラー\共通オープン ファイル ダイアログ
コモン ダイアログのショートカット バーを非表示にする\Windows コンポーネント\エクスプローラー\共通オープン ファイル ダイアログ
コンソール メッセージの送信\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
コンテンツの規制の設定の変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
コンテンツ表示モードで抜粋の表示を無効にする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
コントロール パネルからインデックスに UNC の場所を追加することを禁止する\Windows コンポーネント\検索
コントロール パネルで、インデックスを作成された場所をカスタマイズすることを禁止する\Windows コンポーネント\検索
コントロール パネルと PC 設定へのアクセスを禁止する\コントロール パネル
コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を非表示にする\コントロール パネル\プログラム
コントロール パネルの [画面] を無効にする\コントロール パネル\画面
コントロール パネルを開くときは常にすべてのコントロール パネル項目を開く\コントロール パネル
コンピューターのロックを削除する\システム\Ctrl + Alt + Del オプション
コンピューターの管理\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
コンポーネント ウィザードを直接実行する\コントロール パネル\プログラムの追加と削除
コンポーネント サービス\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
サード パーティ製のブラウザー拡張を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
サーバー マネージャー\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
サーバーあたりの最大 WebSocket 接続数を設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\AJAX
サーバーごとの最大接続数 (HTTP 1.0)\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\AJAX
サーバーの証明書失効を確認する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
サーバー切断時の既定外の動作\ネットワーク\オフライン ファイル
サーバー切断時の動作\ネットワーク\オフライン ファイル
サービス\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
サービスの依存関係\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
サイトとゾーンの割り当て一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
サイトに関する Windows Defender SmartScreen プロンプトをバイパスしない\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
サイトに関する Windows Defender SmartScreen プロンプトをバイパスしない\Windows コンポーネント\Windows Defender SmartScreen\Microsoft Edge
サイトをスタートにピン留めする際にライブ タイル情報の収集を Microsoft Edge に許可しない\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
サイト購読の制限\Windows コンポーネント\Internet Explorer\オフライン ページ
サイト探索 WMI 出力を有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
サイト探索 XML 出力を有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
サイト探索の出力をゾーンで制限する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
サイト探索の出力をドメインで制限する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
サインイン時にスタート画面ではなくデスクトップに移動する\タスク バーと [スタート] メニュー
サウンド レコーダーの実行を許可しない\Windows コンポーネント\サウンド レコーダー
サウンドを変更できないようにする\コントロール パネル\個人用設定
サスペンド前にすべてのオフライン ファイルの同期をとる\ネットワーク\オフライン ファイル
サポート情報を削除する\コントロール パネル\プログラムの追加と削除
シェル プロトコルの保護モードをオフにする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
シェルのショートカットの解決に検索ベースのメソッドを使用しない\タスク バーと [スタート] メニュー
シェルのショートカットの解決に追跡ベースのメソッドを使用しない\タスク バーと [スタート] メニュー
システムのプロパティ\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
システム情報\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
システム通知領域に時刻を表示しない\タスク バーと [スタート] メニュー
シャットダウン、再起動、スリープ、休止コマンドを削除してアクセスできないようにする\タスク バーと [スタート] メニュー
ジャンプ リストでの項目の固定を許可しない\タスク バーと [スタート] メニュー
ジャンプ リストで遠隔地からの項目は表示および追跡しない\タスク バーと [スタート] メニュー
ショートカット バーに表示されている項目\Windows コンポーネント\エクスプローラー\共通オープン ファイル ダイアログ
ショートカット メニューを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
スキンの設定とロック\Windows コンポーネント\Windows Media Player\ユーザー インターフェイス
スクリーン セーバーのタイムアウト\コントロール パネル\個人用設定
スクリーン セーバーをパスワードで保護する\コントロール パネル\個人用設定
スクリーン セーバーを使う\Windows コンポーネント\Windows Media Player\再生
スクリーン セーバーを変更できないようにする\コントロール パネル\個人用設定
スクリーン セーバーを有効にする\コントロール パネル\個人用設定
スクリプト (スタートアップ/シャットダウン)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\グループ ポリシー スナップイン拡張
スクリプト (スタートアップ/シャットダウン)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\ポリシーの結果セット スナップイン拡張
スクリプト (ログオン/ログオフ)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\グループ ポリシー スナップイン拡張
スクリプト (ログオン/ログオフ)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\ポリシーの結果セット スナップイン拡張
スクリプト エラーを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\ブラウズ
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
スクリプトのデバッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\ブラウズ
スクリプトの実行を有効にする\Windows コンポーネント\Windows PowerShell
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
スケジュール グループの編集および作成を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\オフライン ページ
スケジュールされたタスクの追加ウィザードの [詳細プロパティ] チェック ボックスを非表示にする\Windows コンポーネント\タスク スケジューラ
スタート ページのロックを無効にする\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
スタート ページを構成する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
スタート メニューのショートカット メニューを無効にする\タスク バーと [スタート] メニュー
スタート画面のレイアウト\タスク バーと [スタート] メニュー
スタート画面を全画面表示サイズまたはメニュー サイズに強制する\タスク バーと [スタート] メニュー
ステータス バーを非表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
ストリーミング メディア プロトコル\Windows コンポーネント\Windows Media Player\ネットワーク
すべてのイントラネット サイトを Internet Explorer 11 に送る\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
すべてのスケジュール済オフライン ページの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\オフライン ページ
すべてのタスク バー設定をロックする\タスク バーと [スタート] メニュー
すべてのツール バーをロック\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
すべてのドメインにアプリケーション キャッシュの最大記憶域制限を設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
すべてのドメインにインデックス付きデータベースの最大記憶域制限を設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ActiveX のインストールの制限
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\MIME スニッフィングの安全機能
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\MK プロトコル セキュリティの制限
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\オブジェクト キャッシュ保護
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\スクリプト化されたウィンドウのセキュリティ制限
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ゾーン昇格からの保護
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ネットワーク プロトコルのロックダウン
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\バイナリ ビヘイビアーのセキュリティの制限
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ファイル ダウンロードの制限
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ローカル コンピューター ゾーンのロックダウン セキュリティ
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\整合性のある MIME 処理
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\通知バー
すべてのユーザー リモート アクセス接続のプロパティを変更する許可\ネットワーク\ネットワーク接続
すべてのユーザー リモート アクセス接続の名前を変更する許可\ネットワーク\ネットワーク接続
すべてのユーザー リモート アクセス接続を削除する許可\ネットワーク\ネットワーク接続
すべてのリムーバブル記憶域クラス: すべてのアクセスを拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
すべての項目を無効にする\デスクトップ\デスクトップ
スポーツ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
スムーズ スクロールを使用しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\ブラウズ
セカンダリ ホーム ページ設定の変更を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
セキュリティ テンプレート\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
セキュリティが強化された Windows ファイアウォール\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\グループ ポリシー スナップイン拡張
セキュリティが強化された Windows ファイアウォール\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
セキュリティの構成と分析\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
セキュリティの設定\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\グループ ポリシー スナップイン拡張
セキュリティの設定\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\ポリシーの結果セット スナップイン拡張
セキュリティ設定チェック機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
センサーを無効にする\Windows コンポーネント\場所とセンサー
ゾーン情報を削除する方法を非表示にする\Windows コンポーネント\添付ファイル マネージャー
ゾーン情報を添付ファイルに保存しない\Windows コンポーネント\添付ファイル マネージャー
その他のデータを送信しない\Windows コンポーネント\Windows エラー報告
その他のデータを調整しない\Windows コンポーネント\Windows エラー報告
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ソフトウェアのインストール (コンピューター)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\グループ ポリシー スナップイン拡張
ソフトウェアのインストール (コンピューター)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\ポリシーの結果セット スナップイン拡張
ソフトウェアのインストール (ユーザー)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\グループ ポリシー スナップイン拡張
ソフトウェアのインストール (ユーザー)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\ポリシーの結果セット スナップイン拡張
タイム ゾーン リダイレクトを許可する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\デバイスとリソースのリダイレクト
ダイヤルアップ接続のための自動検出を使用する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
タイル通知をオフにする\タスク バーと [スタート] メニュー\通知
ダウンロードされたプログラムの署名を確認する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
ダウンロードする画像のプレースホルダーを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\マルチメディア
ダウンロードの履歴の削除を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
タスク バーからの People バーを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
タスク バーから固定されたプログラムを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
タスク バーと [スタート] メニューの設定を変更できないようにする\タスク バーと [スタート] メニュー
タスク バーにカスタム ツール バーを表示しない\タスク バーと [スタート] メニュー
タスク バーにクイック起動を表示する\タスク バーと [スタート] メニュー
タスク バーのショートカット メニューへのアクセスを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
タスク バーのツール バーの追加、ドラッグ アンド ドロップおよび終了を禁止する\デスクトップ
タスク バーの縮小表示をオフにする\タスク バーと [スタート] メニュー
タスク バーへの Microsoft Store アプリの固定を許可しません\タスク バーと [スタート] メニュー
タスク バーへのプログラムの固定を許可しない\タスク バーと [スタート] メニュー
タスク バーへの通知アイコンの自動昇格を無効にする\タスク バーと [スタート] メニュー
タスク バーをロックする\タスク バーと [スタート] メニュー
タスク バー項目のグループ化を禁止する\タスク バーと [スタート] メニュー
タスク マネージャーを削除する\システム\Ctrl + Alt + Del オプション
タスクの削除を禁止する\Windows コンポーネント\タスク スケジューラ
タッチ パンをオフにする\Windows コンポーネント\タブレット PC\タッチ入力
タッチ入力する場合は、入力パネル アイコンを表示しない\Windows コンポーネント\タブレット PC\入力パネル
タブ グループを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
タブ ブラウズでのポップアップ ウィンドウの構成を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
タブ ブラウズを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
タブ プロセスの増加率を設定\Windows コンポーネント\Internet Explorer
タブレット ペンで入力する場合は、入力パネル アイコンを表示しない\Windows コンポーネント\タブレット PC\入力パネル
チャットを無効にする\Windows コンポーネント\NetMeeting
チャンネル ユーザー インターフェイスの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\オフライン ページ
チャンネルの削除を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\オフライン ページ
チャンネルの追加を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\オフライン ページ
ツール バー アップグレード ツールを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
ツール バーのボタンの構成\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
ディスク デフラグ ツール\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
ディスクの管理\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
ディスクの管理の拡張\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
ディレクトリ サービスを無効にする\Windows コンポーネント\NetMeeting
データ URI サポートを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能
テープ ドライブ: 書き込みアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
テープ ドライブ: 読み取りアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
テーマを変更できないようにする\コントロール パネル\個人用設定
テキストの色を指定できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\ディスプレイの設定\一般の色
デジタル ロッカーの実行を許可しない\Windows コンポーネント\デジタル ロッカー
デジタル署名されていないガジェットのアンパックおよびインストールを制限します。\Windows コンポーネント\デスクトップ ガジェット
デスクトップ アイコンを変更できないようにする\コントロール パネル\個人用設定
デスクトップ ガジェットを無効にする\Windows コンポーネント\デスクトップ ガジェット
デスクトップ クリーンアップ ウィザードを削除する\デスクトップ
デスクトップから [ごみ箱] アイコンを削除する\デスクトップ
デスクトップから [コンピューター] アイコンを削除する\デスクトップ
デスクトップの [マイ ドキュメント] を削除する\デスクトップ
デスクトップの Internet Explorer タイルを開く\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定
デスクトップの Internet Explorer でサイトの固定機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
デスクトップのツール バーの調整を禁止する\デスクトップ
デスクトップの背景を変更できないようにする\コントロール パネル\個人用設定
デスクトップの壁紙\デスクトップ\デスクトップ
デスクトップを共有できないようにする\Windows コンポーネント\NetMeeting\アプリケーションの共有
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
デスクトップ上の [Internet Explorer] アイコンを非表示にする\デスクトップ
デスクトップ上の [ネットワークの場所] アイコンを非表示にする\デスクトップ
デスクトップ上のすべてのアイコンを非表示にして無効にする\デスクトップ
デバイス ドライバーの署名を確認する\システム\ドライバーのインストール
デバイス マネージャー\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
デバイス マネージャー\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
テレフォニー\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
トースト通知をオフにする\タスク バーと [スタート] メニュー\通知
トースト通知を無効にしてバルーン通知を使用する。\タスク バーと [スタート] メニュー
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ドライバーの検索場所を構成する\システム\ドライバーのインストール
トラッキング拒否の構成\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
ドラッグ アンド ドロップを禁止する\Windows コンポーネント\タスク スケジューラ
トレラントなインクを消すジェスチャと Z 型のインクを消すジェスチャをオフにする\Windows コンポーネント\タブレット PC\入力パネル
ニュース\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
ネイティブ XMLHTTP サポートを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\AJAX
ネットワーク アイコンを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
ネットワーク インストールで資格情報を要求する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
ネットワーク フォルダーで縮小表示を無効にしてアイコンのみを表示する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
ネットワーク ポリシー サーバー (NPS)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
ネットワークのバッファー処理の設定\Windows コンポーネント\Windows Media Player\ネットワーク
ネットワークを参照してプリンターを検索する\コントロール パネル\プリンター
ハードウェア ボタンをオフにする\Windows コンポーネント\タブレット PC\ハードウェア ボタン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
パスワード マネージャーの構成\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
パスワードの削除を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
パスワードの保存を許可しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ接続のクライアント
パスワードを表示するボタンを非表示にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能
バックアップから以前のバージョンを復元できないようにする\Windows コンポーネント\エクスプローラー\以前のバージョン
バックアップ先のファイルの以前のバージョンを表示しない\Windows コンポーネント\エクスプローラー\以前のバージョン
バックグラウンドへの Web サイトおよびコンテンツの読み込みを無効にしてパフォーマンスを最適化する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
バッテリ メーターを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
バッテリ使用時にその他のデータを送信する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告
パフォーマンス ログと警告\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
バルーンの表示期間\ネットワーク\オフライン ファイル
バルーンをオフにする\ネットワーク\オフライン ファイル
バルーンを表示する間隔\ネットワーク\オフライン ファイル
バルーン通知をオフにする\タスク バーと [スタート] メニュー
ビットマップ形式の壁紙のみ有効にする\デスクトップ\デスクトップ
ビデオ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
ビデオを受信できないようにする\Windows コンポーネント\NetMeeting\オーディオとビデオ
ビデオを送信できないようにする\Windows コンポーネント\NetMeeting\オーディオとビデオ
ファイル サーバー リソース マネージャー\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
ファイル サーバー リソース マネージャーの拡張\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
ファイルおよびフォルダーの "Web に発行" タスクをオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
ファイルに関する Windows Defender SmartScreen プロンプトをバイパスしない\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
ファイルに関連付けられたデスクトップ アプリの起動をブロックします。\Windows コンポーネント\アプリ実行時
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ファイルの削除時に確認のダイアログを表示する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
ファイルを検索しない\タスク バーと [スタート] メニュー
ファイルを受信できないようにする\Windows コンポーネント\NetMeeting
ファイルを送信できないようにする\Windows コンポーネント\NetMeeting
フィードと Web スライスのバックグラウンド同期を無効にする\Windows コンポーネント\RSS フィード
フィードと Web スライスの自動検出を禁止する\Windows コンポーネント\RSS フィード
フィードまたは Web スライスの購読または削除を禁止する\Windows コンポーネント\RSS フィード
フィード一覧へのアクセスを禁止する\Windows コンポーネント\RSS フィード
フィッシング フィルターの管理を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
フェールオーバー クラスター マネージャー\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
フォーム データの削除を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
フォームのユーザー名とパスワードのオートコンプリート機能を有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
フォームへのオートコンプリートの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
フォルダー リダイレクトのサーバー パスを変更するとき、オフライン ファイル キャッシュにあるコンテンツの移動の最適化を有効にする\システム\フォルダー リダイレクト
フォルダーのリダイレクト\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\グループ ポリシー スナップイン拡張
フォルダーのリダイレクト\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\ポリシーの結果セット スナップイン拡張
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
フォントの設定の変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
プライベート リモート アクセス接続のプロパティの変更を禁止する\ネットワーク\ネットワーク接続
プライベート リモート アクセス接続名の変更を禁止する\ネットワーク\ネットワーク接続
プライマリ コンピューターでのみフォルダーをリダイレクトする\システム\フォルダー リダイレクト
ブラウザーのツール バーのボタンの変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
ブラウザーのツール バーの変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
ブラウザーの地理位置情報を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ブラウザーを閉じたとき、[Temporary Internet Files] フォルダーを空にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
フリックを禁止する\Windows コンポーネント\タブレット PC\ペン UX の動作
フリック学習モードを禁止する\Windows コンポーネント\タブレット PC\ペン フリックの学習
フリップ 3D の起動を許可しない\Windows コンポーネント\デスクトップ ウィンドウ マネージャー
プリンター ドライバーの HTTP 経由でのダウンロードをオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
プリンターの検索で使われる既定の Active Directory パス\コントロール パネル\プリンター
プリンターを削除できないようにする\コントロール パネル\プリンター
プリンターを追加できないようにする\コントロール パネル\プリンター
プレビュー ウィンドウを無効にする\Windows コンポーネント\エクスプローラー\エクスプローラー フレーム ウィンドウ
プロキシ スクリプトのダウンロード エラーのエラー メッセージを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
プロキシの設定を変更できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
プロキシ接続で HTTP 1.1 を使用する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
プログラムおよびコントロール パネルの項目を検索しない\タスク バーと [スタート] メニュー
プログラム互換性アシスタントを終了する\Windows コンポーネント\アプリケーションの互換性
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ActiveX のインストールの制限
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\MIME スニッフィングの安全機能
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\MK プロトコル セキュリティの制限
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\オブジェクト キャッシュ保護
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\スクリプト化されたウィンドウのセキュリティ制限
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ゾーン昇格からの保護
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ネットワーク プロトコルのロックダウン
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\バイナリ ビヘイビアーのセキュリティの制限
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ファイル ダウンロードの制限
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ローカル コンピューター ゾーンのロックダウン セキュリティ
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\整合性のある MIME 処理
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\通知バー
プロセス軽減策オプション\システム\軽減策オプション
プロセス単位システム DPI 設定の構成\システム\ディスプレイ
フロッピー ドライブ: 書き込みアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
フロッピー ドライブ: 読み取りアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
プロファイル アシスタントの設定の変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
プロファイル アシスタントを使用しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
プロファイル フォルダーの手動でのリダイレクトを禁止する\デスクトップ
プロファイルのサイズを制限する\システム\ユーザー プロファイル
ページのズーム機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ページの切り替え効果を使用しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\ブラウズ
ページ予測付きページ フリップ機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
ヘルプ エクスペリエンス向上プログラムを無効にする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
ヘルプ ヒントを無効にする\Windows コンポーネント\画面の端の UI
ヘルプからの起動を制限するプログラムを指定する\システム
ヘルプの評価機能を無効にする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
ペンのフィードバックをオフにする\Windows コンポーネント\タブレット PC\カーソル
ポイント アンド プリントの実装 - 許可されたサーバー\コントロール パネル\プリンター
ポイント アンド プリントの実装のみを使用する\コントロール パネル\プリンター
ポイント アンド プリントの制限\コントロール パネル\プリンター
ポイント時に色を変化させる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\ディスプレイの設定\リンクの色
ポイント時の色を指定できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\ディスプレイの設定\リンクの色
ホーム ディレクトリを共有のルート ディレクトリに接続する\システム\ユーザー プロファイル
ホーム ページの設定の変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ホストごとの最大接続数を変更する (HTTP 1.1)\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\AJAX
ポップアップ フィルター レベルの変更を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ポップアップ ブロックの構成\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ポップアップ管理を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ポップアップ例外一覧を管理できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ポリシーの結果セット スナップイン\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー
ボリューム コントロール アイコンを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
ボリューム以外のデバイスの自動再生を許可しない\Windows コンポーネント\自動再生のポリシー
ホワイトボードを無効にする\Windows コンポーネント\NetMeeting
マウス ポインターを変更できないようにする\コントロール パネル\個人用設定
マウスで画面の右上隅をポイントしているときに検索、共有、スタート、デバイス、および設定が表示されない\Windows コンポーネント\画面の端の UI
マウスで画面の左上隅をポイントしても最近使用したアプリを表示しない\Windows コンポーネント\画面の端の UI
まだクリックされていないリンクの色を指定できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\ディスプレイの設定\リンクの色
マップ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
メッセージの設定の変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
メディア エクスプローラー バーを構成する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
メニュー オプションを使用してサイトの問題を報告する機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
メニュー コントロール\Windows コンポーネント\Internet Explorer\管理者が許可したコントロール
メニュー バーをナビゲーション バーの上に配置する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
メモ帳\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
モジュール ログを有効にする\Windows コンポーネント\Windows PowerShell
ユーザー インターフェイスのカスタム設定\システム
ユーザー エージェント文字列をカスタマイズする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ユーザー オーバーライドによるロケール設定を禁止する\システム\ロケール サービス
ユーザー ログオン時にログオン サーバーに接続できなかった場合に報告する\Windows コンポーネント\Windows ログオンのオプション
ユーザー ロケールの選択とカスタマイズのオプションを非表示にする\コントロール パネル\地域と言語のオプション
ユーザー ロケールを制限する\システム\ロケール サービス
ユーザー/コンピューターのすべての既定のライブラリ定義ファイルがある場所。\Windows コンポーネント\エクスプローラー
ユーザーが Windows ロゴ キーを押したときに、ユーザーが使用しているディスプレイにスタート画面を表示する\タスク バーと [スタート] メニュー
ユーザーがアドレス バーに入力した文字に合わせて検索候補の拡張表示を提供することを Microsoft サービスに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ユーザーがインストールしたすべてのプロバイダーで候補を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ユーザーがインストールしたデスクトップ ガジェットを無効にする\Windows コンポーネント\デスクトップ ガジェット
ユーザーがスタート画面に移動したときにアプリ ビューを自動的に表示する\タスク バーと [スタート] メニュー
ユーザーがスタート画面をカスタマイズできないようにする\タスク バーと [スタート] メニュー
ユーザーがタスク バーをサイズ変更できないようにする\タスク バーと [スタート] メニュー
ユーザーがタスク バーを別の画面装着位置に移動できないようにする\タスク バーと [スタート] メニュー
ユーザーがツール バーを整理できないようにする\タスク バーと [スタート] メニュー
ユーザーがツール バーを追加または削除できないようにする\タスク バーと [スタート] メニュー
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ユーザーがプロファイル内のファイルを共有できないようにします。\Windows コンポーネント\ネットワーク共有
ユーザーがユーザー ファイル フォルダーのルートにファイルを追加できないようにする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
ユーザーが左下隅を右クリックするか Windows ロゴ キーを押しながら X キーを押したときに表示されるメニューでコマンド プロンプトを Windows PowerShell に置き換えられないようにする\Windows コンポーネント\画面の端の UI
ユーザーが作成者モードに入るのを制限する\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール
ユーザーが訪問した Web サイトの削除を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
ユーザーごと、もしくは承認済みのシェル拡張機能のみを許可する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
ユーザーごとに ActiveX コントロールをインストールできないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ユーザーに [スタート] からアプリケーションをアンインストールさせないようにする\タスク バーと [スタート] メニュー
ユーザーによるアドオンの有効化および無効化を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ユーザーのグループ ポリシーの更新間隔を設定する\システム\グループ ポリシー
ユーザーのコンピューターでの、CD のアクティブ コンテンツの実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
ユーザーのログオン、ログオフ時に Windows PowerShell スクリプトを最初に実行する\システム\スクリプト
ユーザーのログオン時にウェルカム センターを表示しない\Windows コンポーネント\エクスプローラー
ユーザーのログオン時に実行するプログラムを指定する\システム\ログオン
ユーザーの追跡をオフにする\タスク バーと [スタート] メニュー
ユーザー辞書をオフにする\Windows コンポーネント\IME
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ライブ ステッカーを有効にする\Windows コンポーネント\IME
ライブラリまたは検索コネクタを [再検索] リンクおよび [スタート] メニューに表示する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
ラジオ局のプリセットの取得を禁止する\Windows コンポーネント\Windows Media Player
リーダー\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
リダイレクトされたすべてのフォルダーを自動的にオフライン利用できるようにしない\システム\フォルダー リダイレクト
リダイレクトされた特定のフォルダーを自動的にオフライン利用できるようにしない\システム\フォルダー リダイレクト
リボンの [表示] タブの [オプション] ボタンから [フォルダー オプション] を開くことを許可しない\Windows コンポーネント\エクスプローラー
リボンを最小化してエクスプローラーを起動する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
リムーバブル ディスク : 読み取りアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
リムーバブル ディスク: 書き込みアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
リムーバブル記憶域\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
リムーバブル記憶域の管理\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
リモート アクセス\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
リモート アクセス接続コンポーネントのプロパティへのアクセスを禁止する\ネットワーク\ネットワーク接続
リモート アクセス接続の削除を禁止する\ネットワーク\ネットワーク接続
リモート アクセス接続の接続および切断を禁止する\ネットワーク\ネットワーク接続
リモート インストール サービス\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\グループ ポリシー スナップイン拡張
リモート デスクトップ\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
リモート デスクトップ Easy Print プリンター ドライバーを最初に使う\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\プリンターのリダイレクト
リモート デスクトップ サービス ユーザー セッションのリモート制御のルールを設定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\接続
リモート デスクトップ サービス構成\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
リモート デスクトップ壁紙を削除する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
リモート ファイルの以前のバージョンの一覧を表示しない\Windows コンポーネント\エクスプローラー\以前のバージョン
リモートの以前のバージョンを復元できないようにする\Windows コンポーネント\エクスプローラー\以前のバージョン
リンクの下線表示方法を構成できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\ブラウズ
リンクの色の設定の変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ルーティング\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
ルーティングとリモート アクセス\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
レガシの実行の一覧を処理しない\システム\ログオン
レジストリ編集ツールへアクセスできないようにする\システム
ローカル イントラネットで Internet Explorer 標準モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\互換表示
ローカル コンピューター ゾーンで制限するプロトコル\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ネットワーク プロトコルのロックダウン\セキュリティ ゾーンごとの制限されたプロトコル
ローカル コンピューター ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
ローカル コンピューター ゾーンのファイル サイズの制限\Windows コンポーネント\Internet Explorer\常設
ローカル ファイルの以前のバージョンの一覧を表示しない\Windows コンポーネント\エクスプローラー\以前のバージョン
ローカル ユーザーとグループ\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
ローカルの以前のバージョンを復元できないようにする\Windows コンポーネント\エクスプローラー\以前のバージョン
ローミング時でも従量課金接続で設定を同期する\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
ロールバックを禁止する\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
ログオフする前にすべてのオフライン ファイルの同期をとる\ネットワーク\オフライン ファイル
ログオフを削除する\システム\Ctrl + Alt + Del オプション
ログオン スクリプトを同期的に実行する\システム\スクリプト
ログオン/ログオフ時にのみ同期するネットワーク ディレクトリを指定する\システム\ユーザー プロファイル
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ログオン時に Windows Messenger を自動的に起動しない\Windows コンポーネント\Windows Messenger
ログオン時にすべてのオフライン ファイルの同期をとる\ネットワーク\オフライン ファイル
ログオン時にタイル通知を消去する\タスク バーと [スタート] メニュー
ログオン時にようこそ画面を表示しない\システム
ログオン時間の有効期間が切れたときに実行するアクションを設定する\Windows コンポーネント\Windows ログオンのオプション
ログオン時間の有効期間切れの警告を表示しない\Windows コンポーネント\Windows ログオンのオプション
ログを無効にする\Windows コンポーネント\Windows エラー報告
ロックダウンされたインターネット ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
ロックダウンされたイントラネット ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
ロックダウンされた制限付きサイト ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
ロック画面での Windows スポットライトの構成\Windows コンポーネント\クラウド コンテンツ
ロック画面のトースト通知をオフにする\タスク バーと [スタート] メニュー\通知
ワードパッド\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
ワイヤード (有線) ネットワーク (IEEE 802.3) ポリシー\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\グループ ポリシー スナップイン拡張
ワイヤレス ネットワーク (IEEE 802.11) ポリシー\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\グループ ポリシー スナップイン拡張
ワイヤレス モニター\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
暗号化サポートを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
暗号化されたページをディスクに保存しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
移動プロファイルを使用中はシェルのショートカットを追跡しない\Windows コンポーネント\エクスプローラー
一度だけ実行するコマンドの一覧を処理しない\システム\ログオン
音楽\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
音楽ファイルのメディア情報の取得を禁止する\Windows コンポーネント\Windows Media Player
画像のタスクの "プリントの注文" をオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
画像を滑らかにしない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\マルチメディア
画像を表示しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\マルチメディア
開発者ツールの許可\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
開発者ツールを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
拡張機能の許可\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
拡張表示 (Web 表示)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
拡張保護モードが有効になっている場合に保護モードでの ActiveX コントロールの実行を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
拡張保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
確認を表示せずにクリップボードにアクセスできるアプリケーションとプロセスを定義する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\アプリケーションの互換性\クリップボードのアクセス
管理者によって許可されたビヘイビアー\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\バイナリ ビヘイビアーのセキュリティの制限
管理的に割り当てられたオフライン ファイルを指定する\ネットワーク\オフライン ファイル
管理用テンプレート (コンピューター)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\グループ ポリシー スナップイン拡張
管理用テンプレート (コンピューター)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\ポリシーの結果セット スナップイン拡張
管理用テンプレート (ユーザー)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\グループ ポリシー スナップイン拡張
管理用テンプレート (ユーザー)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\グループ ポリシー\ポリシーの結果セット スナップイン拡張
簡体字中国語用のクラウド候補を有効にする\Windows コンポーネント\IME
企業データの失効を Windows ランタイム アプリに許可する\Windows コンポーネント\ファイル失効
危険度が中程度のファイルの種類の一覧\Windows コンポーネント\添付ファイル マネージャー
危険度の高いファイルの種類の一覧\Windows コンポーネント\添付ファイル マネージャー
危険度の低いファイルの種類の一覧\Windows コンポーネント\添付ファイル マネージャー
既にクリックされたリンクの色を指定できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\ディスプレイの設定\リンクの色
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
既知のフォルダーを無効にする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
既定アクセラレータを追加する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\アクセラレータ
既定でメニュー バーをオンにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
既定のインデックス作成対象パス\Windows コンポーネント\検索
既定のクライアント プリンターだけをリダイレクトする\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\プリンターのリダイレクト
既定のテキスト サイズを選択できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\ディスプレイの設定
既定の検索エンジンを設定する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
既定の検索プロバイダーの変更を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
既定の除外パス\Windows コンポーネント\検索
既定の色を指定する\Windows コンポーネント\デスクトップ ウィンドウ マネージャー\ウィンドウ フレームの色
既定の接続 URL を指定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\RemoteApp とデスクトップ接続
既定の同意を構成する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\同意
機能の広告バルーン通知を無効にする\タスク バーと [スタート] メニュー
休止状態やサスペンドが解除されたときにパスワードの入力を求める\システム\電源の管理
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
許可されたポップアップの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer
共通 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
共通 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
共通 Web サイトを参照してプリンターを検索する\コントロール パネル\プリンター
共通コントロールとウィンドウのアニメーションをオフにする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
共有できないようにする\Windows コンポーネント\NetMeeting\アプリケーションの共有
共有と記憶域の管理\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
共有と記憶域の管理の拡張\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
共有の [書籍] フォルダーを許可します\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
共有フォルダー\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
共有フォルダー Ext\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
共有フォルダーの公開を許可する\共有フォルダー
強制的に再起動するまでの時間 (秒) を設定する\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
金融\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
検索: ブラウザー内で F3 キーを使用したファイルの検索を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
検索: 検索のカスタマイズを許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
検索エンジンのカスタマイズを許可する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
検索プロバイダーを特定の一覧に制限する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
検索履歴の格納と表示をオフにする\Windows コンポーネント\検索
言語グループの選択オプションを非表示にする\コントロール パネル\地域と言語のオプション
言語の設定の変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
個々のドメインのアプリケーション キャッシュの記憶域制限を設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
個々のドメインのアプリケーション キャッシュの有効期限を設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
個々のドメインのインデックス付きデータベースの記憶域制限を設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
個人情報の管理: ユーザーによる個人情報の使用を規制する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
互換性のログ記録を有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
互換表示を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\互換表示
誤変換レポートの誤変換記録機能をオンにする\Windows コンポーネント\IME
候補リストに非出版標準グリフを含めない\Windows コンポーネント\IME
公開キーのポリシー\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
購読したコンテンツのダウンロードを許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\オフライン ページ
項目の削除を禁止する\デスクトップ\デスクトップ
項目の終了を禁止する\デスクトップ\デスクトップ
項目の追加を禁止する\デスクトップ\デスクトップ
項目の編集を禁止する\デスクトップ\デスクトップ
項目を追加または削除する\デスクトップ\デスクトップ
国際化ドメイン名を送信する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
最近使ったファイルの履歴を保存しない\タスク バーと [スタート] メニュー
最近使用したアプリの切り替えをオフにする\Windows コンポーネント\画面の端の UI
最近使用したファイルのドロップダウン リストを非表示にする\Windows コンポーネント\エクスプローラー\共通オープン ファイル ダイアログ
最後の閲覧セッションのタブから Internet Explorer を開始する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ
最終閲覧セッションを再度開くを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
最初のバルーンの表示期間\ネットワーク\オフライン ファイル
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
最新バージョンの Windows への更新プログラム提供をオフにする\Windows コンポーネント\ストア
削除されたファイルをごみ箱に移動させない\Windows コンポーネント\エクスプローラー
参照を禁止する\Windows コンポーネント\タスク スケジューラ
使用頻度の低い中国の文字や漢字を含める\Windows コンポーネント\タブレット PC\入力パネル
指定された Windows アプリケーションだけを実行する\システム
指定された Windows アプリケーションを実行しない\システム
指定されたコントロール パネルの項目のみを表示する\コントロール パネル
指定されたコントロール パネルの項目を非表示にする\コントロール パネル
指定されたファイルとフォルダーの [オフラインで使用する] を削除する\ネットワーク\オフライン ファイル
指定したドライブを [マイ コンピューター] 内で非表示にする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
視覚スタイルのフォント サイズを変更できないようにする\コントロール パネル\個人用設定
自動クラッシュ回復機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
自動サインアップを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\サインアップの設定
自動プロキシ スクリプトのキャッシュの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
自動学習機能をオフにする\コントロール パネル\地域と言語のオプション\手書き認識の個人用設定
自動構成の変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
自動構成を有効にする\Windows コンポーネント\NetMeeting
自動再生によってユーザーの選択内容が記憶されないようにします。\Windows コンポーネント\自動再生のポリシー
自動再生機能をオフにする\Windows コンポーネント\自動再生のポリシー
自動実行の既定の動作を設定する\Windows コンポーネント\自動再生のポリシー
自動調整データのファイルへの保存をオフにする\Windows コンポーネント\IME
辞書の更新をオンにする\Windows コンポーネント\IME
実行中のレガシ ログオン スクリプトを表示しない\システム\スクリプト
実行中のログオフ スクリプトの命令を表示する\システム\スクリプト
実行中のログオン スクリプトの命令を表示する\システム\スクリプト
手書き認識のエラー報告をオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
手書き認識個人用設定のデータ共有を無効にする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
終了時に最近使ったファイルの履歴を消去する\タスク バーと [スタート] メニュー
終了時に設定を保存しない\デスクトップ
終了時の閲覧データ クリアを許可する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
終了時の閲覧の履歴の削除を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
従来の [スタート] メニューを強制する\タスク バーと [スタート] メニュー
従量課金接続で設定を同期する\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
縮小表示の画像のキャッシュをオフにする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
縮小表示を無効にしてアイコンのみを表示する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
初回実行ウィザードを実行しないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
署名が無効であっても、ソフトウェアの実行またはインストールを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
書籍ライブラリの構成の更新を許可する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
除外するアプリケーションの一覧\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\詳細エラー報告の設定
承認マネージャー\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
証明機関\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
証明機関のポリシー設定\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
証明書\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
証明書アドレスの不一致についての警告を有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
証明書エラーを無視できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
証明書テンプレート\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
証明書の設定の変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
詳細ウィンドウをオンまたはオフにする\Windows コンポーネント\エクスプローラー\エクスプローラー フレーム ウィンドウ
場所のスクリプトを無効にする\Windows コンポーネント\場所とセンサー
場所を無効にする\Windows コンポーネント\場所とセンサー
常に Do Not Track ヘッダーを送信する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
常にシステム特権でインストールする\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
色とデザインを変更できないようにする\コントロール パネル\個人用設定
色の設定の変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
色の変更を許可しない\Windows コンポーネント\デスクトップ ウィンドウ マネージャー\ウィンドウ フレームの色
信頼されたサイト ゾーンのファイル サイズの制限\Windows コンポーネント\Internet Explorer\常設
信頼済みサイト ゾーンで制限するプロトコル\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ネットワーク プロトコルのロックダウン\セキュリティ ゾーンごとの制限されたプロトコル
信頼済みサイトのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
信頼済みの .rdp 発行元を表す証明書の SHA1 拇印を指定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ接続のクライアント
新しいグループ ポリシー オブジェクトの既定の名前を設定する\システム\グループ ポリシー
新しいタスクの作成を禁止する\Windows コンポーネント\タスク スケジューラ
新しいタブの作成を構成できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
新しいユーザーに対して最近使ったプログラムの一覧をクリアする\タスク バーと [スタート] メニュー
新しい接続ウィザードへのアクセスを禁止する\ネットワーク\ネットワーク接続
新しく作成したグループ ポリシー オブジェクト リンクを既定で無効にする\システム\グループ ポリシー
新たにインストールされたアドオンを自動的にアクティブ化する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
新規タブの既定動作を指定\Windows コンポーネント\Internet Explorer
制限されたサイト ゾーンのファイル サイズの制限\Windows コンポーネント\Internet Explorer\常設
制限されたプロトコル経由で取得されたアクティブ コンテンツがローカル コンピューターにアクセスすることを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
制限されたプロトコル経由で取得されたアクティブ コンテンツがローカル コンピューターにアクセスすることを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
制限されたプロトコル経由で取得されたアクティブ コンテンツがローカル コンピューターにアクセスすることを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
制限されたプロトコル経由で取得されたアクティブ コンテンツがローカル コンピューターにアクセスすることを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
制限されたプロトコル経由で取得されたアクティブ コンテンツがローカル コンピューターにアクセスすることを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
制限時間に達したらセッションを終了する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\セッションの時間制限
制限付きサイト ゾーンで制限するプロトコル\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ネットワーク プロトコルのロックダウン\セキュリティ ゾーンごとの制限されたプロトコル
制限付きサイト ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
制限付きネットワーク/コストのかかるネットワークへの接続時にデータを送信する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告
制御できないようにする\Windows コンポーネント\NetMeeting\アプリケーションの共有
正常性登録機関 (HRA)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
西暦の下 2 桁の解釈方法\システム
切断されたセッションの制限時間を設定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\セッションの時間制限
接続が限られているか利用不可能な場合の通知をオフにする\ネットワーク\ネットワーク接続
接続の設定の変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
接続共有 (NAT)\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン
接続時にプログラムを起動する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
接続時に常にデスクトップを表示する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
設定のインポート/エクスポート ウィザードを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
設定の保存パス\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
設定パッケージ サイズの警告しきい値\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
選択されたユーザーに対して Windows が使用する UI 言語を制限する\コントロール パネル\地域と言語のオプション
全画面表示モードを強制する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
全二重オーディオを無効にする\Windows コンポーネント\NetMeeting\オーディオとビデオ
送信ファイルのサイズを制限する\Windows コンポーネント\NetMeeting
対話型ユーザーがポリシーの結果セット データを生成できるかどうかを決定する\システム\グループ ポリシー
地域と言語のオプションの管理オプションを非表示にする\コントロール パネル\地域と言語のオプション
地域のオプションを非表示にする\コントロール パネル\地域と言語のオプション
地域の変更を禁止する\システム\ロケール サービス
中間層がない IPropertySetStorage への直接のバインドを無効にする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
長押しを禁止する\Windows コンポーネント\タブレット PC\ハードウェア ボタン
追加のカレンダーを表示する\タスク バーと [スタート] メニュー
追加の検索エンジンを構成する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
追跡防止のしきい値の設定\Windows コンポーネント\Internet Explorer\プライバシー
追跡防止を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\プライバシー
通信を検索しない\タスク バーと [スタート] メニュー
通知とアクション センターを削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
通知のミラーリングをオフにする\タスク バーと [スタート] メニュー\通知
通知領域のクリーンアップをオフにする\タスク バーと [スタート] メニュー
通知領域を隠す\タスク バーと [スタート] メニュー
通話セキュリティのオプションを設定する\Windows コンポーネント\NetMeeting
通話の自動受信の設定保持を許可する\Windows コンポーネント\NetMeeting
通話の自動受信を無効にする\Windows コンポーネント\NetMeeting
通話方法を変更できないようにする\Windows コンポーネント\NetMeeting
天気\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
添付ファイルのダウンロードを禁止する\Windows コンポーネント\RSS フィード
添付ファイルの既定の危険レベル\Windows コンポーネント\添付ファイル マネージャー
添付ファイルの信頼ロジック\Windows コンポーネント\添付ファイル マネージャー
添付ファイルを開くとき、ウイルス対策プログラムに通知する\Windows コンポーネント\添付ファイル マネージャー
電卓\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
電話番号の検出を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\ブラウズ
同意設定をカスタマイズする\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\同意
同期のタイムアウト\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
同期前に設定の保存場所に Ping を送信\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
同期方法の構成\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
特定のスクリーン セーバーを強制する\コントロール パネル\個人用設定
特定のディレクトリを移動プロファイルから除外する\システム\ユーザー プロファイル
特定のテーマを読み込む\コントロール パネル\個人用設定
特定のドメインで Internet Explorer の古い ActiveX コントロールのブロックを無効する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
特定のパスのインデックスを作成しない\Windows コンポーネント\検索
特定の検索プロバイダー一覧をユーザーの検索プロバイダー一覧に追加する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
特定の視覚スタイル ファイルを強制するか、または Windows クラシックを強制する\コントロール パネル\個人用設定
入力パネル タブを表示しない\Windows コンポーネント\タブレット PC\入力パネル
入力パネルでパスワード セキュリティをオフにする\Windows コンポーネント\タブレット PC\入力パネル
入力パネルとオートコンプリートの統合をオフにする\Windows コンポーネント\タブレット PC\入力パネル
任意のプロセスで実行中のスクリプトによるクリップボード アクセスの確認を省略する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\アプリケーションの互換性\クリップボードのアクセス
背景色とイメージの印刷を有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\印刷
背景色を指定できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\ディスプレイの設定\一般の色
配色を変更できないようにする\コントロール パネル\個人用設定
非既定アクセラレータを追加する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\アクセラレータ
非通知モードの開始時刻を設定する\タスク バーと [スタート] メニュー\通知
非通知モードの終了時刻を設定する\タスク バーと [スタート] メニュー\通知
非通知モードをオフにする\タスク バーと [スタート] メニュー\通知
非通知モード時は通話をオフにする\タスク バーと [スタート] メニュー\通知
非表示の thumbs.db ファイルで縮小表示のキャッシュを無効にする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
不明な発行元からの .rdp ファイルを許可する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ接続のクライアント
複数のディスプレイで複数のタスク バーを許可しない\タスク バーと [スタート] メニュー
分散ファイル システム\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン
別の行にタブを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
別の資格情報を要求しない\Windows コンポーネント\エクスプローラー
変換する文字コードの範囲を制限する\Windows コンポーネント\IME
変更を禁止する\デスクトップ\デスクトップ
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
明示的に許可されているスナップインだけに制限する\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール
有効な発行元からの .rdp ファイルと、ユーザーの既定の .rdp 設定を許可する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ接続のクライアント
予測入力を無効にする\Windows コンポーネント\タブレット PC\入力パネル
利用できない Windows インストーラー プログラムの [スタート] メニューのショートカットを灰色表示する\タスク バーと [スタート] メニュー
利用統計情報の許可\Windows コンポーネント\データの収集とプレビュー ビルド
履歴に基づく予測入力をオフにする\Windows コンポーネント\IME
旅行\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
論理およびマップされたドライブ\Windows コンポーネント\Microsoft 管理コンソール\制限および許可するスナップイン\拡張スナップイン

コンピューターの構成(1803)

設定パス
ActiveX コントロールの承認されたインストール サイト\Windows コンポーネント\ActiveX Installer Service
信頼済みゾーンのサイトに対する ActiveX のインストール ポリシーを確立する\Windows コンポーネント\ActiveX Installer Service
スタートアップ時にネットワーク ロック解除を許可する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
セキュア ブートによる整合性の検証を許可する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
スタートアップ時に追加の認証を要求する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
スタートアップ時に追加の認証を要求する (Windows Server 2008 および Windows Vista)\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
標準ユーザーによる PIN やパスワードの変更を禁止する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
InstantGo または HSTI 準拠のデバイスがプレブート暗証番号 (PIN) をオプトアウトすることを許可します。\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
スレートでプリブート キーボード入力が必要な BitLocker 認証を使用できるようにする\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
スタートアップの拡張 PIN を許可する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
スタートアップに対する PIN の長さの最小値を構成する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
オペレーティング システム ドライブに対するハードウェア ベースの暗号化の使用を構成する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
オペレーティング システム ドライブに特定の種類のドライブ暗号化を適用する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
オペレーティング システム ドライブのパスワードの使用を構成する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
BitLocker で保護されているオペレーティング システム ドライブの回復方法を選択する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
BIOS ベースのファームウェア構成の TPM プラットフォーム検証プロファイルを構成する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
TPM プラットフォーム検証プロファイルを構成する (Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、Windows Server 2008 R2)\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
ネイティブの UEFI ファームウェア構成の TPM プラットフォーム検証プロファイルを構成する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
プリブート回復メッセージと URL を構成する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
BitLocker 回復の実行後にプラットフォームの検証データをリセットする\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
拡張ブート構成データ検証プロファイルを使用する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\オペレーティング システムのドライブ
リムーバブル ドライブでの BitLocker の使用を制御する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\リムーバブル データ ドライブ
リムーバブル データ ドライブでのスマート カードの使用を構成する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\リムーバブル データ ドライブ
BitLocker で保護されていないリムーバブル ドライブへの書き込みアクセスを拒否する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\リムーバブル データ ドライブ
リムーバブル データ ドライブに対するハードウェア ベースの暗号化の使用を構成する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\リムーバブル データ ドライブ
リムーバブル データ ドライブに特定の種類のドライブ暗号化を適用する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\リムーバブル データ ドライブ
BitLocker で保護されているリムーバブル データ ドライブに対する以前のバージョンの Windows からのアクセスを許可する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\リムーバブル データ ドライブ
リムーバブル データ ドライブのパスワードの使用を構成する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\リムーバブル データ ドライブ
BitLocker で保護されているリムーバブル ドライブの回復方法を選択する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\リムーバブル データ ドライブ
固定データ ドライブでのスマート カードの使用を構成する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\固定データ ドライブ
BitLocker で保護されていない固定ドライブへの書き込みアクセスを拒否する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\固定データ ドライブ
固定データ ドライブに対するハードウェア ベースの暗号化の使用を構成する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\固定データ ドライブ
固定データ ドライブに特定の種類のドライブ暗号化を適用する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\固定データ ドライブ
BitLocker で保護されている固定データ ドライブに対する以前のバージョンの Windows からのアクセスを許可する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\固定データ ドライブ
固定データ ドライブのパスワードの使用を構成する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\固定データ ドライブ
BitLocker で保護されている固定ドライブの回復方法を選択する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化\固定データ ドライブ
Active Directory ドメイン サービスに BitLocker 回復情報を保存する (Windows Server 2008 および Windows Vista)\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化
回復パスワードの既定のフォルダーを選択する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化
BitLocker で保護されているドライブの回復方法を選択する (Windows Server 2008 および Windows Vista)\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化
このコンピューターがロックされているときに新しい DMA デバイスを無効にする\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化
ドライブの暗号化方法と暗号強度を選択する (Windows 8、Windows Server 2012、Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows 10 [Version 1507])\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化
ドライブの暗号化方法と暗号強度を選択してください (Windows 10 [Version 1511] 以降)\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化
ドライブの暗号化方法と暗号強度を選択する (Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、Windows Server 2008 R2)\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化
組織に一意の識別子を提供する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化
再起動時のメモリ上書きの回避\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化
スマート カード証明書の使用規則の準拠を検証する\Windows コンポーネント\BitLocker ドライブ暗号化
非既定アクセラレータを追加する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\アクセラレータ
既定アクセラレータを追加する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\アクセラレータ
アクセラレータを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\アクセラレータ
グループ ポリシー経由で展開されたアクセラレータに制限する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\アクセラレータ
任意のプロセスで実行中のスクリプトによるクリップボード アクセスの確認を省略する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\アプリケーションの互換性\クリップボードのアクセス
Internet Explorer プロセスで実行中のスクリプトによるクリップボード アクセスの確認を省略する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\アプリケーションの互換性\クリップボードのアクセス
確認を表示せずにクリップボードにアクセスできるアプリケーションとプロセスを定義する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\アプリケーションの互換性\クリップボードのアクセス
常に Do Not Track ヘッダーを送信する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
ユーザーのコンピューターでの、CD のアクティブ コンテンツの実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
サーバーの証明書失効を確認する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
ClearType をオフにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
拡張保護モードが有効になっている場合に保護モードでの ActiveX コントロールの実行を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
ページ予測付きページ フリップ機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
バックグラウンドへの Web サイトおよびコンテンツの読み込みを無効にしてパフォーマンスを最適化する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
Internet Explorer の設定のリセットを許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
ダウンロードされたプログラムの署名を確認する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
サード パーティ製のブラウザー拡張を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
カーソル ブラウズのサポートを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
拡張保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
64 ビット バージョンの Windows の拡張保護モードで実行しているときに 64 ビット タブ プロセスを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
Internet Explorer に HTTP2 ネットワーク プロトコルの使用を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
HTTP 1.1 を使用する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
Internet Explorer に SPDY/3 ネットワーク プロトコルの使用を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
オン デマンドのインストールを許可する (Internet Explorer を含む)\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
オン デマンドのインストールを許可する (Internet Explorer を除く)\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
Internet Explorer の更新プログラムを自動的にチェックする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
署名が無効であっても、ソフトウェアの実行またはインストールを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
Web ページでアニメーションを再生する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
Web ページでサウンドを再生する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
Web ページでビデオを再生する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
プロファイル アシスタントを使用しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
プロキシ接続で HTTP 1.1 を使用する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
暗号化されたページをディスクに保存しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
暗号化サポートを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
ブラウザーを閉じたとき、[Temporary Internet Files] フォルダーを空にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
URL に対して UTF-8 のクエリ文字列の送信を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[詳細設定] ページ
クライアント コンピューターにアプリケーション キャッシュを格納することを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
個々のドメインのアプリケーション キャッシュの有効期限を設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
アプリケーション キャッシュのリソース リストの最大サイズを設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
アプリケーション キャッシュの個々のリソースの最大サイズを設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
個々のドメインのアプリケーション キャッシュの記憶域制限を設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
すべてのドメインにアプリケーション キャッシュの最大記憶域制限を設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
Web サイトの既定の記憶域制限を設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
クライアント コンピューターにインデックス付きデータベースを格納することを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
個々のドメインのインデックス付きデータベースの記憶域制限を設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
すべてのドメインにインデックス付きデータベースの最大記憶域制限を設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ\閲覧の履歴
最後の閲覧セッションのタブから Internet Explorer を開始する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\[全般] ページ
[インターネット オプション] に [コンテンツ アドバイザー] を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\コンテンツ ページ
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
制限されたプロトコル経由で取得されたアクティブ コンテンツがローカル コンピューターにアクセスすることを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\インターネット ゾーン
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
制限されたプロトコル経由で取得されたアクティブ コンテンツがローカル コンピューターにアクセスすることを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\イントラネット ゾーン
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
制限されたプロトコル経由で取得されたアクティブ コンテンツがローカル コンピューターにアクセスすることを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ローカル マシン ゾーン
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたインターネット ゾーン
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたイントラネット ゾーン
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーン
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーン
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\ロックダウンされた制限付きサイト ゾーン
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
制限されたプロトコル経由で取得されたアクティブ コンテンツがローカル コンピューターにアクセスすることを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\信頼済みサイト
ドメイン間でのデータ ソースのアクセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
アクティブ スクリプトの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ページの自動読み込み\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
スクリプトによる切り取り、コピー、またはクリップボードからの貼り付け操作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
TDC ActiveX コントロールの使用を承認済みのドメインにのみ許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
Internet Explorer での VBScript 実行を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ActiveX コントロールに対してマルウェア対策プログラムを実行しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
バイナリ ビヘイビアーとスクリプト ビヘイビアーの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ポップアップ ブロックの使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
混在したコンテンツを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
署名済み ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
未署名の ActiveX コントロールのダウンロード\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ウィンドウ内の別のドメインからコンテンツのドラッグを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ファイルのドラッグ/ドロップ、またはコピー/貼り付けの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ファイルのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
フォントのダウンロードの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
デスクトップ項目のインストールの許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
Java のアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
IFRAME のアプリケーションとファイルの起動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ログオンのオプション\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
MIME スニッフィングを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
異なるドメイン間のウィンドウとフレームの移動\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
制限されたプロトコル経由で取得されたアクティブ コンテンツがローカル コンピューターにアクセスすることを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
既存のクライアント証明書が 1 つ、または存在しない場合、クライアントの証明書の選択を要求しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ActiveX コントロールに対して自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
許可されたドメインにのみ、警告なしで ActiveX を使用することを認める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
レガシ フィルターを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ActiveX コントロールとプラグインの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
Java アプレットのスクリプト\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ソフトウェア チャンネルのアクセス許可\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
暗号化されていないフォーム データの送信\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
Authenticode 署名済みではない .NET Framework コンポーネントを実行する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
UserData の常設\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
より権限の少ない Web コンテンツ ゾーンの Web サイトがこのゾーンに移動できる\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
Web サイトがステータス バーやアドレス バーのないウィンドウを開くのを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
古いバージョンのメディア プレーヤーを使用する Web ページでビデオおよびアニメーションを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
スクリプトレットを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
最初の実行時の確認メッセージを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
ユーザーがファイルをサーバーにアップロードするときにローカル パスを含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
SmartScreen フィルター スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
スクリプトを介したステータス バーの更新を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
保護モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
安全でない可能性があるファイルに対するセキュリティ警告を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
XAML ブラウザー アプリケーションの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
Internet Explorer WebBrowser コントロールのスクリプトを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
.NET Framework セットアップを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
XAML ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
XPS ファイルの読み込みを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリ結果のプレビューとカスタムの縮小表示を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
エクスプローラーで OpenSearch クエリを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ\制限付きサイト ゾーン
イントラネット サイト: 他のゾーンにないローカル (イントラネット) のサイトをすべて含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
ロックダウンされたインターネット ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
インターネット ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
ロックダウンされたイントラネット ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
イントラネット ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
ロックダウンされたローカル コンピューター ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
ローカル コンピューター ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
ロックダウンされた制限付きサイト ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
制限付きサイト ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
ロックダウンされた信頼済みサイト ゾーンのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
信頼済みサイトのテンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
証明書アドレスの不一致についての警告を有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
イントラネット サイト: プロキシ サーバーを使用しないサイトをすべて含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
イントラネット サイト: すべてのネットワーク パス (UNC) を含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
サイトとゾーンの割り当て一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
イントラネットを自動的に検出する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
イントラネット コンテンツの通知バー通知を表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル\セキュリティ ページ
[詳細設定] タブの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
[接続] ページの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
[コンテンツ] ページの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
[全般] タブの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
[プライバシー] ページの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
[プログラム] ページの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
[セキュリティ] ページの使用を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
国際化ドメイン名を送信する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
mailto リンクで UTF-8 を使う\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
証明書エラーを無視できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル
URL 候補をオフにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\オートコンプリート
Windows Search オートコンプリートを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\オートコンプリート
暗号強度の更新情報の URL を指定できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\コンポーネントの更新\[ヘルプ] メニュー > [バージョン情報]
更新ファイルをチェックする間隔 (日) を指定できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\コンポーネントの更新\Internet Explorer とインターネット ツールの更新ファイルを定期的にチェック
Internet Explorer およびインターネット ツールの更新プログラムをチェックするための URL を変更できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\コンポーネントの更新\Internet Explorer とインターネット ツールの更新ファイルを定期的にチェック
Microsoft Edge を開くボタン ([新しいタブ] ボタンの隣) を非表示にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\ブラウズ
電話番号の検出を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\ブラウズ
アドレス バーへの 1 単語の入力でイントラネット サイトに移動する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\ブラウズ
Internet Explorer で別のコーデックを使用するメディア ファイルの再生を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\マルチメディア
アドレス バーでの検索結果上位の表示を構成できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\検索
アドレス バーでの検索を構成できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定\詳細設定\検索
Internet Explorer でリンクを開く形式を設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定
デスクトップの Internet Explorer タイルを開く\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネットの設定
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ActiveX のインストールの制限
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ActiveX のインストールの制限
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ActiveX のインストールの制限
WebSocket オブジェクトをオフにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\AJAX
クロス ドキュメント メッセージングを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\AJAX
XDomainRequest オブジェクトを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\AJAX
ネイティブ XMLHTTP サポートを許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\AJAX
サーバーごとの最大接続数 (HTTP 1.0)\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\AJAX
ホストごとの最大接続数を変更する (HTTP 1.1)\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\AJAX
サーバーあたりの最大 WebSocket 接続数を設定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\AJAX
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\MIME スニッフィングの安全機能
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\MIME スニッフィングの安全機能
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\MIME スニッフィングの安全機能
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\MK プロトコル セキュリティの制限
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\MK プロトコル セキュリティの制限
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\MK プロトコル セキュリティの制限
アドオンの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
アドオンの一覧で許可されたものを除き、アドオンはすべて拒否する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
Internet Explorer で Adobe Flash をオフにし、アプリケーションが Internet Explorer テクノロジを使用して Flash オブジェクトをインスタンス化できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
Internet Explorer で ActiveX コントロールのログ記録を有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
Internet Explorer の古い ActiveX コントロールのブロックを無効する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
Internet Explorer で古い ActiveX コントロールの [今回は実行] ボタンを削除する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
特定のドメインで Internet Explorer の古い ActiveX コントロールのブロックを無効する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\アドオン管理
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\オブジェクト キャッシュ保護
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\オブジェクト キャッシュ保護
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\オブジェクト キャッシュ保護
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\スクリプト化されたウィンドウのセキュリティ制限
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\スクリプト化されたウィンドウのセキュリティ制限
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\スクリプト化されたウィンドウのセキュリティ制限
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ゾーン昇格からの保護
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ゾーン昇格からの保護
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ゾーン昇格からの保護
インターネット ゾーンで制限するプロトコル\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ネットワーク プロトコルのロックダウン\セキュリティ ゾーンごとの制限されたプロトコル
イントラネット ゾーンで制限するプロトコル\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ネットワーク プロトコルのロックダウン\セキュリティ ゾーンごとの制限されたプロトコル
ローカル コンピューター ゾーンで制限するプロトコル\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ネットワーク プロトコルのロックダウン\セキュリティ ゾーンごとの制限されたプロトコル
制限付きサイト ゾーンで制限するプロトコル\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ネットワーク プロトコルのロックダウン\セキュリティ ゾーンごとの制限されたプロトコル
信頼済みサイト ゾーンで制限するプロトコル\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ネットワーク プロトコルのロックダウン\セキュリティ ゾーンごとの制限されたプロトコル
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ネットワーク プロトコルのロックダウン
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ネットワーク プロトコルのロックダウン
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ネットワーク プロトコルのロックダウン
MD2 および MD4 署名テクノロジで署名されたバイナリをインストールする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\バイナリ ビヘイビアーのセキュリティの制限
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\バイナリ ビヘイビアーのセキュリティの制限
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\バイナリ ビヘイビアーのセキュリティの制限
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\バイナリ ビヘイビアーのセキュリティの制限
管理者によって許可されたビヘイビアー\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\バイナリ ビヘイビアーのセキュリティの制限
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ファイル ダウンロードの制限
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ファイル ダウンロードの制限
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ファイル ダウンロードの制限
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ローカル コンピューター ゾーンのロックダウン セキュリティ
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ローカル コンピューター ゾーンのロックダウン セキュリティ
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\ローカル コンピューター ゾーンのロックダウン セキュリティ
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\整合性のある MIME 処理
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\整合性のある MIME 処理
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\整合性のある MIME 処理
すべてのプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\通知バー
Internet Explorer のプロセス\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\通知バー
プロセスの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能\通知バー
SSL 3.0 へのフォールバックを許可する (Internet Explorer)\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能
データ実行防止を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能
データ URI サポートを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能
パスワードを表示するボタンを非表示にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\セキュリティの機能
開発者ツールを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
ツール バー アップグレード ツールを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
コマンド バーを非表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
ステータス バーを非表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
すべてのツール バーをロック\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
[中止] および [更新] ボタンの位置をロック\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
別の行にタブを表示\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
コマンド ラベルのカスタマイズ\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
コマンド ボタンに大きいアイコンを使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ツール バー
InPrivate フィルターを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\プライバシー
追跡防止を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\プライバシー
InPrivate ブラウズを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\プライバシー
InPrivate フィルター データの収集を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\プライバシー
InPrivate ブラウズを開始した場合にツール バーとブラウザー ヘルパー オブジェクトの読み込みを禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\プライバシー
InPrivate フィルターのしきい値の設定\Windows コンポーネント\Internet Explorer\プライバシー
追跡防止のしきい値の設定\Windows コンポーネント\Internet Explorer\プライバシー
[印刷] メニューを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
メニュー オプションを使用してサイトの問題を報告する機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\ブラウザーのメニュー
Cookie の削除を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
ダウンロードの履歴の削除を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
ユーザーが訪問した Web サイトの削除を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
InPrivate フィルター データの削除を禁止\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
ActiveX フィルター、追跡防止、および Do Not Track のデータの削除を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
終了時の閲覧の履歴の削除を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
インターネット一時ファイルの削除を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
お気に入りサイト データの削除を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
[閲覧の履歴の削除] にアクセスできないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
フォーム データの削除を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
パスワードの削除を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
[履歴の設定] を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
インターネット一時ファイルおよび Cookie を削除できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\閲覧履歴の削除
各コンピューターのコード ダウンロード パスを指定できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\企業用の設定\コード ダウンロード
Internet Explorer 7 標準モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\互換表示
互換表示を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\互換表示
ローカル イントラネットで Internet Explorer 標準モードを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\互換表示
[互換表示] ボタンを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer\互換表示
Microsoft からの更新された Web サイト一覧を含める\Windows コンポーネント\Internet Explorer\互換表示
Internet Explorer 7 サイトのポリシー一覧を使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\互換表示
Quirks モード サイトのポリシー一覧を使用\Windows コンポーネント\Internet Explorer\互換表示
特定の検索プロバイダー一覧をユーザーの検索プロバイダー一覧に追加する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
アドオンのパフォーマンスの通知を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
新たにインストールされたアドオンを自動的にアクティブ化する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
クラッシュの検出を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ユーザーによるアドオンの有効化および無効化を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ユーザーがアドレス バーに入力した文字に合わせて検索候補の拡張表示を提供することを Microsoft サービスに許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
既定でメニュー バーをオンにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ユーザー エージェント文字列をカスタマイズする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
自動クラッシュ回復機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ActiveX オプトイン プロンプトを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
お気に入りバーを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ユーザーごとに ActiveX コントロールをインストールできないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ポップアップ フィルター レベルの変更を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
最終閲覧セッションを再度開くを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
SmartScreen フィルター機能の警告をバイパスしない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
インターネットからダウンロードしたユーザー数が少ないファイルに対する SmartScreen フィルター機能の警告をバイパスしない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
設定修復 機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
フィッシング フィルターの管理を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
Internet Explorer 8 の SmartScreen フィルターの管理を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
SmartScreen フィルター機能の管理を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
セキュリティ設定チェック機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
最新バージョンの Internet Explorer を自動的にインストールする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
おすすめサイトを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
互換性のログ記録を有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
全画面表示モードを強制する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
[ツール] メニューからエンタープライズ モードを有効にして使用できるようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
エンタープライズ モード IE の Web サイト一覧を使用する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
Internet Explorer 8 のシャットダウン動作を許可する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
設定のインポート/エクスポート ウィザードを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ページのズーム機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ブラウザーの地理位置情報を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
新規タブの既定動作を指定\Windows コンポーネント\Internet Explorer
初回実行ウィザードを実行しないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
Internet Explorer ヘルプにアクセスできないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
Internet Explorer の検索ボックスを表示しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
Internet Explorer コンポーネントの自動インストールを許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
クイック タブ機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
既定の検索プロバイダーの変更を禁止する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
スプラッシュ画面を表示しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
タブ ブラウズでのポップアップ ウィンドウの構成を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
タブ ブラウズを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
Internet Explorer ソフトウェアの更新の周期的なチェックを許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ウィンドウを開く方法を構成できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ActiveX コントロールのインストールには ActiveX インストーラー サービスを使用するように指定する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
許可されたポップアップの一覧\Windows コンポーネント\Internet Explorer
自動構成の変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
接続の設定の変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
エンタープライズ モード サイト一覧に含まれていないすべてのサイトを Microsoft Edge に送信します。\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ポップアップ例外一覧を管理できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ポップアップ管理を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
プロキシの設定を変更できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
Web アドレスのオートコンプリート機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ユーザーがインストールしたすべてのプロバイダーで候補を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
クイック ピック メニューを無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
セカンダリ ホーム ページ設定の変更を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
セキュリティ ゾーン: コンピューターの設定のみ使用する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
セキュリティ ゾーン: ポリシーの変更を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
セキュリティ ゾーン: サイトの追加/削除を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
プログラムの起動におけるソフトウェア更新チャンネルの通知を許可しない\Windows コンポーネント\Internet Explorer
エンタープライズ モードを使用して Microsoft Edge でサイトを開くときにメッセージを表示する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
サイト探索の出力をドメインで制限する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
サイト探索 WMI 出力を有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
サイト探索 XML 出力を有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
サイト探索の出力をゾーンで制限する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
検索プロバイダーを特定の一覧に制限する\Windows コンポーネント\Internet Explorer
新しいタブの作成を構成できないようにする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
タブ プロセスの増加率を設定\Windows コンポーネント\Internet Explorer
デスクトップの Internet Explorer でサイトの固定機能を無効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
ActiveX フィルターを有効にする\Windows コンポーネント\Internet Explorer
コンピューター別にプロキシを設定する (ユーザー別ではなく)\Windows コンポーネント\Internet Explorer
既定の Azure AD 資格情報を使用して自動の MDM 登録を有効にします\Windows コンポーネント\MDM
MDM の登録を無効にする\Windows コンポーネント\MDM
アドレス バーのドロップダウン リスト候補を許可する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
オートフィルの構成\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Microsoft 互換性一覧を許可\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
終了時の閲覧データ クリアを許可する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
書籍ライブラリの構成の更新を許可する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
開発者ツールの許可\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
トラッキング拒否の構成\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
拡張機能の許可\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Adobe Flash を許可する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Adobe Flash Click-to-Run 設定を構成します\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
InPrivate ブラウズの許可\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
パスワード マネージャーの構成\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
ポップアップ ブロックの構成\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
検索エンジンのカスタマイズを許可する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
アドレス バーの検索候補の構成\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Windows Defender SmartScreen を構成します\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
[新しいタブ] ページでの Web コンテンツの許可\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Microsoft Edge に書籍ライブラリを常に表示する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
追加の検索エンジンを構成する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
お気に入りのプロビジョニング\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Cookie の構成\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
スタート ページのロックを無効にする\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
[書籍] タブの拡張利用統計情報を許可します\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
エンタープライズ モード サイト一覧を構成する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
お気に入りを構成する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
WebRTC での Localhost IP アドレス使用の回避\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
スタート ページを構成する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Microsoft Edge 上のお気に入りを変更できないようにする\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Microsoft Edge で about:flags ページへのアクセスを禁止する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Microsoft Edge で最初の実行時の Web ページを開かない\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
サイトをスタートにピン留めする際にライブ タイル情報の収集を Microsoft Edge に許可しない\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
サイトに関する Windows Defender SmartScreen プロンプトをバイパスしない\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
ファイルに関する Windows Defender SmartScreen プロンプトをバイパスしない\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Windows の起動時と Microsoft Edge を閉じるたびに、Microsoft Edge でスタート ページと新しいタブ ページが開始、読み込みされないようにします\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
すべてのイントラネット サイトを Internet Explorer 11 に送る\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
既定の検索エンジンを設定する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Internet Explorer でサイトを開くときのメッセージ表示\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
Internet Explorer と Microsoft Edge の間でお気に入りの同期状態を維持する\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
共有の [書籍] フォルダーを許可します\Windows コンポーネント\Microsoft Edge
FIDO デバイスを使用したサインオンを有効にします\Windows コンポーネント\Microsoft FIDO 認証
金融\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
ゲーム\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
マップ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
音楽\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
ニュース\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
リーダー\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
スポーツ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
旅行\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
ビデオ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
天気\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\Windows アプリ
電卓\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Internet Explorer 10\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Internet Explorer 11\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Internet Explorer 8\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Internet Explorer 9\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Internet Explorer の共通設定\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Access 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 2010 の共通設定\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Excel 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft InfoPath 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Lync 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft OneNote 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Outlook 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft PowerPoint 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Project 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Publisher 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft SharePoint Designer 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft SharePoint Workspace 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Visio 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Word 2010\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Access 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Access 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 2013 の共通設定\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
共通 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Excel 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Excel 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft InfoPath 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
InfoPath 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Lync 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Lync 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft OneDrive for Business 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft OneNote 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
OneNote 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Outlook 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Outlook 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft PowerPoint 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
PowerPoint 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Project 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Project 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Publisher 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Publisher 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft SharePoint Designer 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
SharePoint Designer 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 2013 アップロード センター\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Visio 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Visio 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Word 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Word 2013 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Access 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Access 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 2016 共通設定\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
共通 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Excel 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Excel 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Lync 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Lync 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft OneDrive for Business 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft OneNote 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
OneNote 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Outlook 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Outlook 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft PowerPoint 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
PowerPoint 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Project 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Project 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Publisher 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Publisher 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 2016 アップロード センター\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Visio 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Visio 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Word 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Word 2016 のバックアップのみ\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Access 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Access 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 共通 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Common 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Excel 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Excel 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 InfoPath 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Lync 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Lync 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 OneNote 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 OneNote 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Outlook 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Outlook 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 PowerPoint 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 PowerPoint 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Project 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Project 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Publisher 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Publisher 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 SharePoint Designer 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Visio 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Visio 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Word 2013\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
Microsoft Office 365 Word 2016\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
メモ帳\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
ワードパッド\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization\アプリケーション
同期方法の構成\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
VDI の構成\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
[IT に問い合わせる] のリンク テキスト\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
[IT に問い合わせる] の URL\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
Windows アプリを同期しない\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
Windows 設定の同期\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
UEV の有効化\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
初回使用の通知\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
設定パッケージ サイズの警告しきい値\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
同期のタイムアウト\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
設定の保存パス\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
設定テンプレート カタログのパス\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
User Experience Virtualization (UE-V) を使用する\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
従量課金接続で設定を同期する\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
ローミング時でも従量課金接続で設定を同期する\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
同期前に設定の保存場所に Ping を送信\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
一覧にない Windows アプリの同期\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
トレイ アイコン\Windows コンポーネント\Microsoft User Experience Virtualization
すべてのコンシューマー Microsoft アカウント ユーザーの認証をブロックする\Windows コンポーネント\Microsoft アカウント
セカンダリ認証用のコンパニオン デバイスを許可する\Windows コンポーネント\Microsoft セカンダリ認証要素
リモート デスクトップ共有を無効にする\Windows コンポーネント\NetMeeting
ドキュメントを既定で OneDrive に保存する\Windows コンポーネント\OneDrive
OneDrive にサインインするまで OneDrive のネットワーク トラフィックが生成されないようにします\Windows コンポーネント\OneDrive
従量制課金接続で OneDrive ファイルが同期されないようにする\Windows コンポーネント\OneDrive
OneDrive をファイル記憶域として使用できないようにする\Windows コンポーネント\OneDrive
Windows 8.1 で OneDrive をファイル記憶域として使用できないようにする\Windows コンポーネント\OneDrive
アプリを同期しない\Windows コンポーネント\PC 設定の同期
アプリの設定を同期しない\Windows コンポーネント\PC 設定の同期
パスワードを同期しない\Windows コンポーネント\PC 設定の同期
デスクトップの個人用設定を同期しない\Windows コンポーネント\PC 設定の同期
個人用設定を同期しない\Windows コンポーネント\PC 設定の同期
同期しない\Windows コンポーネント\PC 設定の同期
スタート設定を同期しない\Windows コンポーネント\PC 設定の同期
従量制課金接続で同期しない\Windows コンポーネント\PC 設定の同期
ブラウザーの設定を同期しない\Windows コンポーネント\PC 設定の同期
その他の Windows 設定を同期しない\Windows コンポーネント\PC 設定の同期
HTTP による基本フィード認証を有効にする\Windows コンポーネント\RSS フィード
フィードと Web スライスのバックグラウンド同期を無効にする\Windows コンポーネント\RSS フィード
添付ファイルのダウンロードを禁止する\Windows コンポーネント\RSS フィード
フィードまたは Web スライスの購読または削除を禁止する\Windows コンポーネント\RSS フィード
フィードと Web スライスの自動検出を禁止する\Windows コンポーネント\RSS フィード
フィード一覧へのアクセスを禁止する\Windows コンポーネント\RSS フィード
このウィザードが実行されないようにしてください。\Windows コンポーネント\Windows 10 への機能の追加
Windows Defender Application Guard をエンタープライズ モードでオンにします\Windows コンポーネント\Windows Defender Application Guard
Windows Defender Application Guard のデータ永続化を許可する\Windows コンポーネント\Windows Defender Application Guard
Windows Defender Application Guard のハードウェア アクセラレータによるレンダリングを許可する\Windows コンポーネント\Windows Defender Application Guard
Windows Defender Application Guard の監査イベントを許可する\Windows コンポーネント\Windows Defender Application Guard
Microsoft Edge および Internet Explorer でエンタープライズ Web サイトが非エンタープライズ コンテンツを読み込まないようにする\Windows コンポーネント\Windows Defender Application Guard
Windows Defender Application Guard のクリップボード設定を構成します\Windows コンポーネント\Windows Defender Application Guard
Windows Defender Application Guard の印刷設定を構成します\Windows コンポーネント\Windows Defender Application Guard
Windows Defender Application Guard からのファイルのダウンロードとホスト オペレーティング システムへの保存を許可する\Windows コンポーネント\Windows Defender Application Guard
Exploit Protection の設定の共通設定を使用する\Windows コンポーネント\Windows Defender Exploit Guard\Exploit Protection
Windows Defender SmartScreen を構成します\Windows コンポーネント\Windows Defender SmartScreen\Microsoft Edge
サイトに関する Windows Defender SmartScreen プロンプトをバイパスしない\Windows コンポーネント\Windows Defender SmartScreen\Microsoft Edge
アプリ インストール コントロールを構成します\Windows コンポーネント\Windows Defender SmartScreen\エクスプローラー
Windows Defender SmartScreen を構成します\Windows コンポーネント\Windows Defender SmartScreen\エクスプローラー
'事前ブロック' 機能を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\MAPS
Microsoft MAPS に参加する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\MAPS
Microsoft MAPS へのレポートに対してローカル設定の優先を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\MAPS
詳細な分析が必要な場合はファイルのサンプルを送信する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\MAPS
拡張クラウド チェックを構成します\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\MpEngine
クラウドの保護レベルを選択します\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\MpEngine
Attack Surface Reduction 規則からファイルとパスを除外します。\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\Windows Defender Exploit Guard\Attack Surface Reduction
Attack Surface Reduction 規則の構成\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\Windows Defender Exploit Guard\Attack Surface Reduction
ユーザーとアプリが危険な Web サイトにアクセスするのを防ぎます\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\Windows Defender Exploit Guard\ネットワーク保護
許可されているアプリケーションを構成します\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\Windows Defender Exploit Guard\フォルダー アクセスの制御
フォルダー アクセスの制御を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\Windows Defender Exploit Guard\フォルダー アクセスの制御
保護するフォルダーを構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\Windows Defender Exploit Guard\フォルダー アクセスの制御
操作を実行する必要があるときにクライアントに追加のテキストを表示する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\クライアント インターフェイス
すべての通知を非表示にする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\クライアント インターフェイス
再起動の通知を表示しない\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\クライアント インターフェイス
ヘッドレス UI モードを有効にする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\クライアント インターフェイス
スケジュールされたスキャンの実行前に最新のウイルスおよびスパイウェア定義をチェックする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
スキャンの一時停止をユーザーに許可する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
スキャンするアーカイブ ファイルの最大階層数を指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
スキャンするアーカイブ ファイルの最大サイズを指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
スキャン中の最大 CPU 使用率を指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
アーカイブ ファイルをスキャンする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
キャッチアップ フル スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
キャッチアップ クイック スキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
電子メールのスキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
ヒューリスティックを有効にする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
圧縮された実行可能ファイルをスキャンする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
リムーバブル ドライブをスキャンする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
再解析ポイントのスキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
システムの復元ポイントを作成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
マップされたネットワーク ドライブでフル スキャンを実行する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
ネットワーク ファイルをスキャンする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
最大 CPU 使用率に対してローカル設定の優先を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
スケジュールされたスキャンに使用するスキャンの種類に対してローカル設定の優先を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
スケジュールされたスキャンの実行日に対してローカル設定の優先を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
スケジュールされたクイック スキャンの実行時刻に対してローカル設定の優先を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
スケジュールされたスキャンの実行時刻に対してローカル設定の優先を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
キャッチアップ スキャンが強制となるまでの日数を定義する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
スキャンの履歴フォルダーからの項目の削除を有効にする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
1 日にクイック スキャンを実行する間隔を指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
コンピューターが起動しているが使用中でないときにのみスケジュールされたスキャンを開始する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
スケジュールされたスキャンに使用するスキャンの種類を指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
スケジュールされたスキャンを実行する曜日を指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
毎日のクイック スキャンの時刻を指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
スケジュールされたスキャンを実行する時刻を指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\スキャン
定義の廃棄を有効にする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\ネットワーク検査システム
ネットワーク トラフィック検査の追加の定義セットを指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\ネットワーク検査システム
プロトコル認識を有効にする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\ネットワーク検査システム
リアルタイム保護を無効にする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\リアルタイム保護
動作の監視を有効にする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\リアルタイム保護
すべてのダウンロード ファイルと添付ファイルをスキャンする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\リアルタイム保護
コンピューターのファイルおよびプログラムの動作を監視する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\リアルタイム保護
未加工ボリューム書き込み通知を有効にする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\リアルタイム保護
リアルタイム保護が有効な場合は常にプロセスのスキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\リアルタイム保護
スキャンするダウンロード ファイルと添付ファイルの最大サイズを定義する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\リアルタイム保護
動作監視を有効にする場合のローカル設定の優先を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\リアルタイム保護
すべてのダウンロード ファイルと添付ファイルをスキャンする場合のローカル設定の優先を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\リアルタイム保護
コンピューターでファイルとプログラムの動作を監視する場合のローカル設定の優先を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\リアルタイム保護
リアルタイム保護を有効にする場合のローカル設定の優先を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\リアルタイム保護
受信ファイルと送信ファイルの動作を監視する場合のローカル設定の優先を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\リアルタイム保護
受信ファイル、送信ファイルおよびプログラムの動作の監視を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\リアルタイム保護
追加操作が必要な状態を検出する場合のタイムアウトを構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\レポート
重大なエラー状態を検出する場合のタイムアウトを構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\レポート
拡張通知をオフにする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\レポート
ワトソン博士イベントを構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\レポート
重大でないエラー状態を検出する場合のタイムアウトを構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\レポート
最近の修復済み状態を検出する場合のタイムアウトを構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\レポート
Windows ソフトウェア トレース プリプロセッサ コンポーネントを構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\レポート
WPP トレース レベルを構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\レポート
検出時に既定の動作を実行しない脅威を指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\脅威
検出時に既定の動作を実行しない脅威警告レベルを指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\脅威
[検疫] フォルダーから項目を削除する場合のローカル設定の優先を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\検疫
[検疫] フォルダーからの項目の削除を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\検疫
修復を完了するためのスケジュールされたフル スキャンの実行時刻に対してローカル設定の優先を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\修復
修復を完了するためのスケジュールされたフル スキャンを実行する曜日を指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\修復
修復を完了するためのスケジュールされたフル スキャンを実行する時刻を指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\修復
スパイウェア定義が有効期限切れと見なされるまでの経過日数を定義する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\署名の更新
ウイルス定義が有効期限切れと見なされるまでの経過日数を定義する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\署名の更新
定義の更新をダウンロードするためのファイル共有を定義する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\署名の更新
署名の更新後のスキャンを有効にする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\署名の更新
バッテリでの動作時に定義の更新を許可する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\署名の更新
起動時に定義の更新を開始する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\署名の更新
定義の更新をダウンロードするための更新元の順序を定義する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\署名の更新
Microsoft Update からの定義の更新を許可する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\署名の更新
Microsoft MAPS へのレポートに基づくリアルタイムの定義の更新を許可する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\署名の更新
定義の更新をチェックする曜日を指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\署名の更新
定義の更新をチェックする時刻を指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\署名の更新
Microsoft MAPS へのレポートに基づく定義の無効化通知を許可する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\署名の更新
キャッチアップ定義の更新が必要になるまでの日数を定義する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\署名の更新
定義の更新をチェックする間隔を指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\署名の更新
スタートアップ時に最新のウイルスおよびスパイウェア定義をチェックする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\署名の更新
自動除外を無効にする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\除外
拡張子の除外\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\除外
パスの除外\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\除外
プロセスの除外\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策\除外
マルウェア対策サービスが通常の優先順位でスタートアップすることを許可する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策
Windows Defender ウイルス対策を無効にします\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策
一覧に関するローカル管理者の統合動作を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策
定期的な修復を無効にする\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策
プロキシ サーバーをバイパスするアドレスを定義する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策
ネットワークに接続するためのプロキシ自動構成 (.pac) を定義する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策
ネットワークへ接続するためのプロキシ サーバーを定義する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策
スケジュールされたタスクの時間をランダム化する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策
マルウェア対策サービスの常時実行を許可する\Windows コンポーネント\Windows Defender ウイルス対策
[アカウントの保護] 領域を非表示にします\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\アカウントの保護
ユーザーが設定を変更できないようにする\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\アプリとブラウザーの保護
[アプリとブラウザーの保護] 領域を非表示にする\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\アプリとブラウザーの保護
Ransomware データ回復領域を隠す\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\ウイルスと脅威の防止
[ウイルスと脅威の防止] 領域を非表示にする\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\ウイルスと脅威の防止
連絡先の会社名を指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\エンタープライズ カスタイマイズ
連絡先のメール アドレスまたはメール ID を指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\エンタープライズ カスタイマイズ
カスタム通知を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\エンタープライズ カスタイマイズ
カスタム連絡先情報を構成する\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\エンタープライズ カスタイマイズ
電話番号または Skype ID を指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\エンタープライズ カスタイマイズ
連絡先の Web サイトを指定する\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\エンタープライズ カスタイマイズ
セキュア ブート領域を非表示にする\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\デバイス セキュリティ
セキュリティ プロセッサ (TPM) のトラブルシューティング ツールのページを非表示にする\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\デバイス セキュリティ
デバイス セキュリティ領域を非表示にする\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\デバイス セキュリティ
[デバイスのパフォーマンスと正常性] 領域を非表示にする\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\デバイスのパフォーマンスと正常性
[ファイアウォールとネットワーク保護] 領域を非表示にする\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\ファイアウォールとネットワーク保護
[ファミリー オプション] 領域を非表示にする\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\ファミリー オプション
重大でない通知を非表示にする\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\通知
すべての通知を非表示にする\Windows コンポーネント\Windows Defender セキュリティ センター\通知
スマートフォン サインインの使用\Windows コンポーネント\Windows Hello for Business\スマートフォン サインイン
エミュレートされたスマート カードのエミュレーションをすべてのユーザーに許可する\Windows コンポーネント\Windows Hello for Business
スマート カード エミュレーションをオフにする\Windows コンポーネント\Windows Hello for Business
PIN 回復を使用する\Windows コンポーネント\Windows Hello for Business
ハードウェアのセキュリティ デバイスを使用する\Windows コンポーネント\Windows Hello for Business
生体認証を使用する\Windows コンポーネント\Windows Hello for Business
デバイスのロック解除要素を構成する\Windows コンポーネント\Windows Hello for Business
動的ロック要素を構成する\Windows コンポーネント\Windows Hello for Business
Windows Hello for Business の使用\Windows コンポーネント\Windows Hello for Business
オンプレミスの認証に証明書を使用する\Windows コンポーネント\Windows Hello for Business
Windows Ink ワークスペースでおすすめのアプリを許可する\Windows コンポーネント\Windows Ink ワークスペース
Windows Ink ワークスペースを許可します\Windows コンポーネント\Windows Ink ワークスペース
自動更新を禁止する\Windows コンポーネント\Windows Media Player
初期設定ダイアログ ボックスを表示しない\Windows コンポーネント\Windows Media Player
ビデオ スムージングを禁止する\Windows コンポーネント\Windows Media Player
メディアを共有できないようにする\Windows コンポーネント\Windows Media Player
[クイック起動] ツール バーへのショートカットの作成を禁止する\Windows コンポーネント\Windows Media Player
デスクトップへのショートカットの作成を禁止する\Windows コンポーネント\Windows Media Player
Windows Media DRM がインターネットにアクセスしないようにする\Windows コンポーネント\Windows Media デジタル著作権管理
ログオン時に Windows Messenger を自動的に起動しない\Windows コンポーネント\Windows Messenger
Windows Messenger の実行を許可しない\Windows コンポーネント\Windows Messenger
モジュール ログを有効にする\Windows コンポーネント\Windows PowerShell
PowerShell スクリプト ブロックのログ記録を有効にする\Windows コンポーネント\Windows PowerShell
スクリプトの実行を有効にする\Windows コンポーネント\Windows PowerShell
PowerShell トランスクリプションを有効にする\Windows コンポーネント\Windows PowerShell
Update-Help の既定のソース パスを設定する\Windows コンポーネント\Windows PowerShell
プレビュー ビルドや機能更新プログラムをいつ受信するかを選択してください\Windows コンポーネント\Windows Update\Windows Update for Business
品質更新プログラムをいつ受信するかを選択してください\Windows コンポーネント\Windows Update\Windows Update for Business
プレビュー ビルドを管理にする\Windows コンポーネント\Windows Update\Windows Update for Business
[Windows シャットダウン] ダイアログ ボックスで [更新をインストールしてシャットダウン] オプションを表示しない\Windows コンポーネント\Windows Update
[Windows シャットダウン] ダイアログ ボックスの既定のオプションを [更新をインストールしてシャットダウン] に調整しない\Windows コンポーネント\Windows Update
Windows Update の電源管理を有効にして、システムのスリープ状態が自動的に解除され、スケジュールされた更新がインストールされるようにする\Windows コンポーネント\Windows Update
アクティブ時間内の更新プログラムの自動再起動をオフにします\Windows コンポーネント\Windows Update
自動再起動のアクティブ時間範囲を指定する\Windows コンポーネント\Windows Update
更新プログラムが従量制課金接続で自動的にダウンロードされるのを許可する\Windows コンポーネント\Windows Update
スケジュールされた時刻に常に自動的に再起動する\Windows コンポーネント\Windows Update
更新プログラムをインストールするための自動再起動の期限を指定する\Windows コンポーネント\Windows Update
更新のための自動再起動リマインダー通知を構成する\Windows コンポーネント\Windows Update
更新プログラムをインストールするための自動再起動通知をオフにする\Windows コンポーネント\Windows Update
更新のための自動再起動必須通知を構成する\Windows コンポーネント\Windows Update
自動更新を構成する\Windows コンポーネント\Windows Update
イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所を指定する\Windows コンポーネント\Windows Update
自動更新の検出頻度\Windows コンポーネント\Windows Update
Windows Update に対するスキャンを発生させる更新遅延ポリシーを許可しない\Windows コンポーネント\Windows Update
Windows Update のすべての機能へのアクセスを削除する\Windows コンポーネント\Windows Update
インターネット上の Windows Update に接続しない\Windows コンポーネント\Windows Update
非管理者による更新の通知の受信を許可する\Windows コンポーネント\Windows Update
更新プログラムのための再起動猶予期間を移行および通知するスケジュールを指定します\Windows コンポーネント\Windows Update
Windows Update からドライバーを除外する\Windows コンポーネント\Windows Update
ソフトウェアの通知を有効にする\Windows コンポーネント\Windows Update
自動更新を直ちにインストールすることを許可する\Windows コンポーネント\Windows Update
推奨される更新の自動更新を有効にする\Windows コンポーネント\Windows Update
スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない\Windows コンポーネント\Windows Update
スケジュールされたインストール時の再起動を再確認する\Windows コンポーネント\Windows Update
スケジュールされたインストールの再起動を遅らせる\Windows コンポーネント\Windows Update
自動更新のインストールの予定を変更する\Windows コンポーネント\Windows Update
更新のための自動再起動警告通知のスケジュールを構成する\Windows コンポーネント\Windows Update
カート再起動の電源ポリシーを更新します\Windows コンポーネント\Windows Update
クライアント側のターゲットを有効にする\Windows コンポーネント\Windows Update
イントラネットの Microsoft 更新サービスの保存場所にある署名済み更新を許可する\Windows コンポーネント\Windows Update
ソースがシステム特権でインストールされているときユーザーが参照できるようにする\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
メディア ソースがシステム特権を使ってインストールされているときユーザーが使用できるようにする\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
システム特権でインストールされている製品にユーザーが修正プログラムを適用できるようにする\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
常にシステム特権でインストールする\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
再起動マネージャーの使用を禁止する\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
新しいソースの参照ダイアログ ボックスを削除する\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
Flyweight Patching を禁止する\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
パッケージ設定を使用したログのオフを無効にする\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
Windows インストーラーをオフにする\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
ユーザーが Windows インストーラーを使用して更新プログラムおよびアップグレードをインストールできないようにします。\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
ロールバックを禁止する\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
共有コンポーネントを無効にする\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
ユーザーによるインストール制御を有効にする\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
Windows インストーラーがトランザクション ログに記録するイベントの種類を指定する\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
アプリケーションの製造元によって署名された更新プログラムの、非管理者による適用を禁止する\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
更新プログラムの削除を禁止する\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
システムの復元のチェックポイントの作成をオフにする\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
ユーザー単位のインストールを禁止する\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
コンポーネントのアップグレードの規則を強制する\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
ベースライン ファイル キャッシュの最大サイズを制御する\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
埋め込み UI を禁止する\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
Windows インストーラー スクリプト用の Internet Explorer セキュリティの確認を無効にする\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
変換ファイルのコピーをワークステーション上の安全な場所に保存する\Windows コンポーネント\Windows インストーラー
計画外のシャットダウン イベントを報告する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\詳細エラー報告の設定
既定のアプリケーションのエラー報告\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\詳細エラー報告の設定
エラーを報告しないアプリケーションの一覧\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\詳細エラー報告の設定
常にエラーを報告するアプリケーションの一覧\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\詳細エラー報告の設定
オペレーティング システムのエラーを報告する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\詳細エラー報告の設定
エラー報告のアーカイブを構成する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\詳細エラー報告の設定
企業の Windows エラー報告を構成する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\詳細エラー報告の設定
除外するアプリケーションの一覧\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\詳細エラー報告の設定
エラー報告のキューを構成する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\詳細エラー報告の設定
同意設定をカスタマイズする\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\同意
カスタム同意設定を無視する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\同意
既定の同意を構成する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告\同意
エラー報告の構成\Windows コンポーネント\Windows エラー報告
エラーの通知を表示する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告
OS が生成するエラー報告のためにメモリ ダンプを自動送信する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告
その他のデータを調整しない\Windows コンポーネント\Windows エラー報告
制限付きネットワーク/コストのかかるネットワークへの接続時にデータを送信する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告
バッテリ使用時にその他のデータを送信する\Windows コンポーネント\Windows エラー報告
Windows エラー報告を無効にする\Windows コンポーネント\Windows エラー報告
重大なエラーが発生したユーザー インターフェイスを表示しないようにする\Windows コンポーネント\Windows エラー報告
ログを無効にする\Windows コンポーネント\Windows エラー報告
その他のデータを送信しない\Windows コンポーネント\Windows エラー報告
企業によるカスタマー エクスペリエンス向上プログラムのアップロードのリダイレクトを許可する\Windows コンポーネント\Windows カスタマー エクスペリエンス向上プログラム
Windows カスタマー エクスペリエンス向上データに調査識別子でタグを付ける\Windows コンポーネント\Windows カスタマー エクスペリエンス向上プログラム
カラー プロファイルのインストールまたはアンインストールを禁止する\Windows コンポーネント\Windows カラー システム
Windows カレンダーを無効にする\Windows コンポーネント\Windows カレンダー
Windows のゲーム録画とブロードキャストを有効または無効にする\Windows コンポーネント\Windows のゲーム録画とブロードキャスト
Windows モビリティ センターをオフにする\Windows コンポーネント\Windows モビリティ センター
リモート シェル アクセスを許可する\Windows コンポーネント\Windows リモート シェル
アイドル タイムアウトを指定する\Windows コンポーネント\Windows リモート シェル
MaxConcurrentUsers\Windows コンポーネント\Windows リモート シェル
シェルあたりの最大メモリ容量を MB で指定する\Windows コンポーネント\Windows リモート シェル
シェルあたりの最大プロセス数を指定する\Windows コンポーネント\Windows リモート シェル
ユーザーあたりの最大リモート シェル数を指定する\Windows コンポーネント\Windows リモート シェル
シェルのタイムアウトを指定する\Windows コンポーネント\Windows リモート シェル
基本認証を許可する\Windows コンポーネント\Windows リモート管理 (WinRM)\WinRM クライアント
CredSSP 認証を許可する\Windows コンポーネント\Windows リモート管理 (WinRM)\WinRM クライアント
暗号化されていないトラフィックを許可する\Windows コンポーネント\Windows リモート管理 (WinRM)\WinRM クライアント
ダイジェスト認証を許可しない\Windows コンポーネント\Windows リモート管理 (WinRM)\WinRM クライアント
Kerberos 認証を許可しない\Windows コンポーネント\Windows リモート管理 (WinRM)\WinRM クライアント
ネゴシエート認証を許可しない\Windows コンポーネント\Windows リモート管理 (WinRM)\WinRM クライアント
信頼されたホスト\Windows コンポーネント\Windows リモート管理 (WinRM)\WinRM クライアント
WinRM によるリモート サーバー管理を許可する\Windows コンポーネント\Windows リモート管理 (WinRM)\WinRM サービス
基本認証を許可する\Windows コンポーネント\Windows リモート管理 (WinRM)\WinRM サービス
CredSSP 認証を許可する\Windows コンポーネント\Windows リモート管理 (WinRM)\WinRM サービス
暗号化されていないトラフィックを許可する\Windows コンポーネント\Windows リモート管理 (WinRM)\WinRM サービス
チャネル バインディング トークン強化機能レベルを指定する\Windows コンポーネント\Windows リモート管理 (WinRM)\WinRM サービス
WinRM で RunAs 資格情報の保存を許可しない\Windows コンポーネント\Windows リモート管理 (WinRM)\WinRM サービス
Kerberos 認証を許可しない\Windows コンポーネント\Windows リモート管理 (WinRM)\WinRM サービス
ネゴシエート認証を許可しない\Windows コンポーネント\Windows リモート管理 (WinRM)\WinRM サービス
互換性の HTTP リスナーを有効にする\Windows コンポーネント\Windows リモート管理 (WinRM)\WinRM サービス
互換性の HTTPS リスナーを有効にする\Windows コンポーネント\Windows リモート管理 (WinRM)\WinRM サービス
システムによる再起動後に自動的に前回の対話ユーザーでサインインする\Windows コンポーネント\Windows ログオンのオプション
ユーザー ログオン時に以前のログオンに関する情報を表示する\Windows コンポーネント\Windows ログオンのオプション
ユーザー ログオン時にログオン サーバーに接続できなかった場合に報告する\Windows コンポーネント\Windows ログオンのオプション
ソフトウェアの Secure Attention Sequence を無効または有効にする\Windows コンポーネント\Windows ログオンのオプション
信頼性の WMI プロバイダーを構成する\Windows コンポーネント\Windows 信頼性分析
すべてのユーザーに自動セットアップを強制する\Windows コンポーネント\Work Folders
特殊なプロファイルでの展開操作を許可する\Windows コンポーネント\アプリ パッケージの展開
Windows ストア アプリの開発と統合開発環境 (IDE) からのインストールを許可する\Windows コンポーネント\アプリ パッケージの展開
アプリケーション データのユーザー間の共有を Windows アプリに許可する\Windows コンポーネント\アプリ パッケージの展開
信頼できるすべてのアプリのインストールを許可する\Windows コンポーネント\アプリ パッケージの展開
システム ボリューム以外への Windows アプリのインストールを無効にする\Windows コンポーネント\アプリ パッケージの展開
ユーザーのアプリ データがシステム ボリューム以外に保存されないようにする\Windows コンポーネント\アプリ パッケージの展開
16 ビット アプリケーションにアクセスできないようにする\Windows コンポーネント\アプリケーションの互換性
プログラムの互換性プロパティ ページを削除する\Windows コンポーネント\アプリケーションの互換性
アプリケーション遠隔測定をオフにする\Windows コンポーネント\アプリケーションの互換性
アプリケーションの互換性エンジンをオフにする\Windows コンポーネント\アプリケーションの互換性
プログラム互換性アシスタントを終了する\Windows コンポーネント\アプリケーションの互換性
インベントリ コレクターをオフにする\Windows コンポーネント\アプリケーションの互換性
スイッチバック互換性エンジンをオフにする\Windows コンポーネント\アプリケーションの互換性
ステップ記録ツールをオフにする\Windows コンポーネント\アプリケーションの互換性
Windows アプリでアカウント情報にアクセスする\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリでカレンダーにアクセスする\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリで通話履歴にアクセスする\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリでカメラにアクセスする\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリで連絡先にアクセスする\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリでメールにアクセスする\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリにアイ トラッカー デバイスへのアクセスを許可する\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリで位置情報にアクセスする\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリでメッセージングにアクセスする\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリでマイクにアクセスする\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリでモーションにアクセスする\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリで通知にアクセスする\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリが電話をかけることを許可する\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリで無線を制御する\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリでタスクにアクセスする\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリで信頼済みデバイスにアクセスする\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリから他のアプリに関する診断情報にアクセスできるようにする\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリのバックグラウンド実行を許可する\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows アプリがペアリングされていないデバイスと通信できるようにする\Windows コンポーネント\アプリのプライバシー
Windows ストア アプリの動的コンテンツ URI 規則を有効にする\Windows コンポーネント\アプリ実行時
ファイルに関連付けられたデスクトップ アプリの起動をブロックします。\Windows コンポーネント\アプリ実行時
ホストされているコンテンツから Windows ランタイム API でアクセスする Windows ストア アプリを起動できないようにする。\Windows コンポーネント\アプリ実行時
URI スキームに関連付けられたデスクトップ アプリの起動をブロックする\Windows コンポーネント\アプリ実行時
Microsoft アカウントの省略可能を許可する\Windows コンポーネント\アプリ実行時
Events.asp プログラム\Windows コンポーネント\イベント ビューアー
Events.asp プログラム コマンド ライン パラメーター\Windows コンポーネント\イベント ビューアー
Events.asp URL\Windows コンポーネント\イベント ビューアー
保護されたイベント ログを有効にする\Windows コンポーネント\イベント ログ
ログ ファイルの場所を制御する\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\アプリケーション
ログ ファイルの最大サイズ (KB) を指定する\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\アプリケーション
ログがいっぱいになった場合に自動的にバックアップする\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\アプリケーション
ログ アクセスを構成する\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\アプリケーション
ログ アクセスを構成する (レガシ)\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\アプリケーション
ログ ファイルが最大サイズに達したときのイベント ログの動作を制御する\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\アプリケーション
ログ ファイルの場所を制御する\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\システム
ログ ファイルの最大サイズ (KB) を指定する\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\システム
ログがいっぱいになった場合に自動的にバックアップする\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\システム
ログ アクセスを構成する\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\システム
ログ アクセスを構成する (レガシ)\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\システム
ログ ファイルが最大サイズに達したときのイベント ログの動作を制御する\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\システム
ログ ファイルの場所を制御する\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\セキュリティ
ログ ファイルの最大サイズ (KB) を指定する\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\セキュリティ
ログがいっぱいになった場合に自動的にバックアップする\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\セキュリティ
ログ アクセスを構成する\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\セキュリティ
ログ アクセスを構成する (レガシ)\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\セキュリティ
ログ ファイルが最大サイズに達したときのイベント ログの動作を制御する\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\セキュリティ
ログをオンにする\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\セットアップ
ログ ファイルの場所を制御する\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\セットアップ
ログ ファイルの最大サイズ (KB) を指定する\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\セットアップ
ログがいっぱいになった場合に自動的にバックアップする\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\セットアップ
ログ アクセスを構成する\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\セットアップ
ログ アクセスを構成する (レガシ)\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\セットアップ
ログ ファイルが最大サイズに達したときのイベント ログの動作を制御する\Windows コンポーネント\イベント ログ サービス\セットアップ
フォワーダーのリソース使用率を構成する\Windows コンポーネント\イベント転送
ターゲット サブスクリプション マネージャーを構成する\Windows コンポーネント\イベント転送
IIS をインストールできないようにする\Windows コンポーネント\インターネット インフォメーション サービス
バックアップから以前のバージョンを復元できないようにする\Windows コンポーネント\エクスプローラー\以前のバージョン
ローカル ファイルの以前のバージョンの一覧を表示しない\Windows コンポーネント\エクスプローラー\以前のバージョン
ローカルの以前のバージョンを復元できないようにする\Windows コンポーネント\エクスプローラー\以前のバージョン
リモート ファイルの以前のバージョンの一覧を表示しない\Windows コンポーネント\エクスプローラー\以前のバージョン
リモートの以前のバージョンを復元できないようにする\Windows コンポーネント\エクスプローラー\以前のバージョン
バックアップ先のファイルの以前のバージョンを表示しない\Windows コンポーネント\エクスプローラー\以前のバージョン
フォルダー リダイレクトの前に古いターゲットと新しいターゲットが同じ共有を指すことを確認する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
既定の関連付け構成ファイルの設定\Windows コンポーネント\エクスプローラー
ユーザー/コンピューターのすべての既定のライブラリ定義ファイルがある場所。\Windows コンポーネント\エクスプローラー
中間層がない IPropertySetStorage への直接のバインドを無効にする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
ファイル ショートカット アイコンでリモート パスの使用を許可する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
Windows Defender SmartScreen を構成します\Windows コンポーネント\エクスプローラー
リボンを最小化してエクスプローラーを起動する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
'新しいアプリケーションがインストールされました' の通知を表示しない\Windows コンポーネント\エクスプローラー
エクスプローラーで数値による並べ替えを無効にする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
シェル プロトコルの保護モードをオフにする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
電源オプション メニューに休止状態を表示する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
ユーザー タイル メニューにロックを表示する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
電源オプション メニューにスリープを表示する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
サポート Web ページのリンクを設定する\Windows コンポーネント\エクスプローラー
コンピューターで初めて読み込まれるときに、既存の移動されたユーザー プロファイルを再初期化しない\Windows コンポーネント\エクスプローラー
エクスプローラーのデータ実行防止をオフにする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
破損後のヒープ終了をオフにする\Windows コンポーネント\エクスプローラー
アクティブ ヘルプを無効にする\Windows コンポーネント\オンライン ヘルプ
カメラの使用を許可します\Windows コンポーネント\カメラ
Windows のヒントを表示しない\Windows コンポーネント\クラウド コンテンツ
Microsoft コンシューマー エクスペリエンスを無効にする\Windows コンポーネント\クラウド コンテンツ
ゲーム情報のダウンロードを無効にする\Windows コンポーネント\ゲーム エクスプローラー
ゲームの更新プログラムをオフにする\Windows コンポーネント\ゲーム エクスプローラー
ゲーム フォルダー内のゲームを最後にプレイした日時を追跡しない\Windows コンポーネント\ゲーム エクスプローラー
サウンド レコーダーの実行を許可しない\Windows コンポーネント\サウンド レコーダー
レガシ リモート シャットダウン インターフェイスをオフにする\Windows コンポーネント\シャットダウン オプション
シャットダウン時の、ハングしたログオン セッションのタイムアウト\Windows コンポーネント\シャットダウン オプション
Windows 8 コンピューターでの更新プログラムの自動ダウンロードをオフにする\Windows コンポーネント\ストア
更新プログラムの自動ダウンロードおよび自動インストールをオフにする\Windows コンポーネント\ストア
最新バージョンの Windows への更新プログラム提供をオフにする\Windows コンポーネント\ストア
Microsoft Store のすべてのアプリを無効にする\Windows コンポーネント\ストア
Microsoft Store アプリケーションをオフにする\Windows コンポーネント\ストア
Microsoft Store 内のプライベート ストアのみを表示する\Windows コンポーネント\ストア
拡張キー使用法の証明書属性がない証明書を許可する\Windows コンポーネント\スマート カード
ログオン時に統合ブロック解除画面を表示する\Windows コンポーネント\スマート カード
ログオンに使用できる署名キーを許可する\Windows コンポーネント\スマート カード
時間設定が無効な証明書を許可する\Windows コンポーネント\スマート カード
スマート カードからの証明書の伝達をオンにする\Windows コンポーネント\スマート カード
ルート証明書のクリーンアップを構成する\Windows コンポーネント\スマート カード
スマート カードからのルート証明書の伝達をオンにする\Windows コンポーネント\スマート カード
資格情報マネージャーからプレーンテキストの PIN が返されないようにする\Windows コンポーネント\スマート カード
ログオンと認証に ECC 証明書を使用できるようにする\Windows コンポーネント\スマート カード
ログオン証明書の複製をフィルターする\Windows コンポーネント\スマート カード
スマート カードからのすべての証明書を強制的に読み取る\Windows コンポーネント\スマート カード
スマート カードがブロックされたときに文字列を表示する\Windows コンポーネント\スマート カード
証明書に格納されているサブジェクト名を逆に表示する\Windows コンポーネント\スマート カード
スマート カードのプラグ アンド プレイ サービスを有効にする\Windows コンポーネント\スマート カード
スマート カード ドライバーのインストールが成功した場合にユーザーに通知する\Windows コンポーネント\スマート カード
ユーザー名のヒントを許可する\Windows コンポーネント\スマート カード
セキュリティ センターをオンにする (ドメイン上のコンピューターのみ)\Windows コンポーネント\セキュリティ センター
製品版デバイスでのデバイス再アクティブ化の制御\Windows コンポーネント\ソフトウェア保護プラットフォーム
KMS クライアント オンライン AVS 検証を無効にする\Windows コンポーネント\ソフトウェア保護プラットフォーム
参照を禁止する\Windows コンポーネント\タスク スケジューラ
スケジュールされたタスクの追加ウィザードの [詳細プロパティ] チェック ボックスを非表示にする\Windows コンポーネント\タスク スケジューラ
ドラッグ アンド ドロップを禁止する\Windows コンポーネント\タスク スケジューラ
[タスクの実行] および [タスクの終了] を使用できないようにする\Windows コンポーネント\タスク スケジューラ
[プロパティ] を非表示にする\Windows コンポーネント\タスク スケジューラ
新しいタスクの作成を禁止する\Windows コンポーネント\タスク スケジューラ
タスクの削除を禁止する\Windows コンポーネント\タスク スケジューラ
Tablet PC ペンのトレーニングをオフにする\Windows コンポーネント\タブレット PC\Tablet PC ペンのトレーニング
インクボールの実行を許可しない\Windows コンポーネント\タブレット PC\アクセサリ
Windows Journal の実行を許可しない\Windows コンポーネント\タブレット PC\アクセサリ
Journal ノート ライターへの印刷を許可しない\Windows コンポーネント\タブレット PC\アクセサリ
Snipping Tool の実行を許可しない\Windows コンポーネント\タブレット PC\アクセサリ
ペンのフィードバックをオフにする\Windows コンポーネント\タブレット PC\カーソル
タッチ パンをオフにする\Windows コンポーネント\タブレット PC\タッチ入力
Tablet PC のタッチ入力を無効にする\Windows コンポーネント\タブレット PC\タッチ入力
ESC キーを [戻る] に割り当てない\Windows コンポーネント\タブレット PC\ハードウェア ボタン
アプリケーションの起動を禁止する\Windows コンポーネント\タブレット PC\ハードウェア ボタン
長押しを禁止する\Windows コンポーネント\タブレット PC\ハードウェア ボタン
ハードウェア ボタンをオフにする\Windows コンポーネント\タブレット PC\ハードウェア ボタン
フリックを禁止する\Windows コンポーネント\タブレット PC\ペン UX の動作
フリック学習モードを禁止する\Windows コンポーネント\タブレット PC\ペン フリックの学習
入力パネルとオートコンプリートの統合をオフにする\Windows コンポーネント\タブレット PC\入力パネル
入力パネル タブを表示しない\Windows コンポーネント\タブレット PC\入力パネル
タブレット ペンで入力する場合は、入力パネル アイコンを表示しない\Windows コンポーネント\タブレット PC\入力パネル
タッチ入力する場合は、入力パネル アイコンを表示しない\Windows コンポーネント\タブレット PC\入力パネル
入力パネルでパスワード セキュリティをオフにする\Windows コンポーネント\タブレット PC\入力パネル
予測入力を無効にする\Windows コンポーネント\タブレット PC\入力パネル
使用頻度の低い中国の文字や漢字を含める\Windows コンポーネント\タブレット PC\入力パネル
トレラントなインクを消すジェスチャと Z 型のインクを消すジェスチャをオフにする\Windows コンポーネント\タブレット PC\入力パネル
Insider ビルドに関するユーザー コントロールの切り替え\Windows コンポーネント\データの収集とプレビュー ビルド
Windows 診断データでデバイス名の送信を許可します\Windows コンポーネント\データの収集とプレビュー ビルド
利用統計情報の許可\Windows コンポーネント\データの収集とプレビュー ビルド
業務用 ID を構成します\Windows コンポーネント\データの収集とプレビュー ビルド
製品利用統計情報のオプトイン変更通知を構成します。\Windows コンポーネント\データの収集とプレビュー ビルド
製品利用統計情報のオプトイン設定のユーザー インターフェイスを構成します。\Windows コンポーネント\データの収集とプレビュー ビルド
接続ユーザー エクスペリエンスとテレメトリ サービスでの認証済みプロキシの使用を構成する\Windows コンポーネント\データの収集とプレビュー ビルド
拡張レベルの診断データを Windows Analytics の最小要件に制限する\Windows コンポーネント\データの収集とプレビュー ビルド
接続ユーザーのエクスペリエンスと利用統計情報を構成する\Windows コンポーネント\データの収集とプレビュー ビルド
フィードバックの通知を表示しない\Windows コンポーネント\データの収集とプレビュー ビルド
言語機能のアンインストールを許可します。\Windows コンポーネント\テキストの入力
手描き入力とタイプ入力の認識精度を改善する\Windows コンポーネント\テキストの入力
デジタル ロッカーの実行を許可しない\Windows コンポーネント\デジタル ロッカー
既定の色を指定する\Windows コンポーネント\デスクトップ ウィンドウ マネージャー\ウィンドウ フレームの色
色の変更を許可しない\Windows コンポーネント\デスクトップ ウィンドウ マネージャー\ウィンドウ フレームの色
スタート画面の背景に単色を使用する\Windows コンポーネント\デスクトップ ウィンドウ マネージャー
ウィンドウのアニメーションを許可しない\Windows コンポーネント\デスクトップ ウィンドウ マネージャー
フリップ 3D の起動を許可しない\Windows コンポーネント\デスクトップ ウィンドウ マネージャー
デスクトップ ガジェットを無効にする\Windows コンポーネント\デスクトップ ガジェット
デジタル署名されていないガジェットのアンパックおよびインストールを制限します。\Windows コンポーネント\デスクトップ ガジェット
ユーザーがインストールしたデスクトップ ガジェットを無効にする\Windows コンポーネント\デスクトップ ガジェット
デバイスの互換性設定\Windows コンポーネント\デバイスとドライバーの互換性
ドライバーの互換性設定\Windows コンポーネント\デバイスとドライバーの互換性
デバイスの検索をオン/オフにする\Windows コンポーネント\デバイスの検索
ドメインに参加しているコンピューターをデバイスとして登録する\Windows コンポーネント\デバイスの登録
ファイル履歴を無効にする\Windows コンポーネント\ファイル履歴
プッシュしてインストールのサービスをオフにする\Windows コンポーネント\プッシュしてインストール
Windows プレゼンテーションの設定をオフにする\Windows コンポーネント\プレゼンテーションの設定
Windows To Go ワークスペースから起動したときに休止状態 (S4) を許可する\Windows コンポーネント\ポータブル オペレーティング システム
Windows To Go の既定のスタートアップ オプション\Windows コンポーネント\ポータブル オペレーティング システム
Windows To Go ワークスペースから起動したときにスタンバイ状態 (S1-S3) を禁止する\Windows コンポーネント\ポータブル オペレーティング システム
コンピューターがホームグループに参加できないようにする\Windows コンポーネント\ホームグループ
[オフライン マップ] 設定ページで要請していないネットワーク トラフィックを無効にする\Windows コンポーネント\マップ
地図データの自動ダウンロードおよび自動インストールをオフにする\Windows コンポーネント\マップ
メッセージ サービス クラウド同期を許可する\Windows コンポーネント\メッセージング
自動メンテナンス アクティブ化境界\Windows コンポーネント\メンテナンス スケジューラ
自動メンテナンス ランダム遅延\Windows コンポーネント\メンテナンス スケジューラ
自動メンテナンス スリープ解除ポリシー\Windows コンポーネント\メンテナンス スケジューラ
ライセンス サーバー セキュリティ グループ\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\RD ライセンス
ライセンスのアップグレードを禁止する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\RD ライセンス
RD 接続ブローカーへの参加\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\RD 接続ブローカー
RD 接続ブローカー ファーム名を構成する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\RD 接続ブローカー
IP アドレス リダイレクトを使用する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\RD 接続ブローカー
RD 接続ブローカー サーバー名を構成する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\RD 接続ブローカー
RD 接続ブローカーの負荷分散を使用する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\RD 接続ブローカー
Windows Installer RDS Compatibility をオフにする\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\アプリケーションの互換性
リモート デスクトップの IP 仮想化を有効にする\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\アプリケーションの互換性
リモート デスクトップの IP 仮想化に使用するネットワーク アダプターを選択する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\アプリケーションの互換性
仮想 IP アドレスを利用できない場合にリモート デスクトップ セッション ホスト サーバーの IP アドレスを使用しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\アプリケーションの互換性
サーバー認証証明書テンプレート\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\セキュリティ
クライアント接続の暗号化レベルを設定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\セキュリティ
接続するたびにパスワードを要求する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\セキュリティ
セキュリティで保護された RPC 通信を要求する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\セキュリティ
リモート (RDP) 接続に特定のセキュリティ レイヤーの使用を必要とする\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\セキュリティ
ローカルの管理者によるアクセス許可のカスタマイズを許可しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\セキュリティ
リモート接続にネットワーク レベル認証を使用したユーザー認証を必要とする\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\セキュリティ
切断されたセッションの制限時間を設定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\セッションの時間制限
アクティブでアイドル状態になっているリモート デスクトップ サービス セッションの制限時間を設定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\セッションの時間制限
アクティブなリモート デスクトップ サービス セッションの制限時間を設定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\セッションの時間制限
制限時間に達したらセッションを終了する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\セッションの時間制限
RemoteApp セッションのログオフの制限時間を設定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\セッションの時間制限
ビデオ キャプチャのリダイレクトを許可しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\デバイスとリソースのリダイレクト
オーディオおよびビデオ再生リダイレクトを許可する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\デバイスとリソースのリダイレクト
オーディオ録音リダイレクトを許可する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\デバイスとリソースのリダイレクト
オーディオ再生の品質を制限する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\デバイスとリソースのリダイレクト
クリップボードのリダイレクトを許可しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\デバイスとリソースのリダイレクト
COM ポートのリダイレクトを許可しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\デバイスとリソースのリダイレクト
ドライブのリダイレクトを許可しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\デバイスとリソースのリダイレクト
LPT ポートのリダイレクトを許可しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\デバイスとリソースのリダイレクト
サポートされているプラグ アンド プレイ デバイスのリダイレクトを許可しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\デバイスとリソースのリダイレクト
スマート カード デバイスのリダイレクトを許可しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\デバイスとリソースのリダイレクト
タイム ゾーン リダイレクトを許可する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\デバイスとリソースのリダイレクト
クライアントの通常使うプリンターをセッションで通常使うプリンターに設定しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\プリンターのリダイレクト
クライアント プリンターのリダイレクトを許可しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\プリンターのリダイレクト
リモート デスクトップ Easy Print プリンター ドライバーを最初に使う\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\プリンターのリダイレクト
RD セッション ホスト サーバーのフォールバック プリンター ドライバーの動作を指定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\プリンターのリダイレクト
既定のクライアント プリンターだけをリダイレクトする\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\プリンターのリダイレクト
移動ユーザー プロファイル キャッシュ全体のサイズ制限\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\プロファイル
リモート デスクトップ サービス ユーザーのホーム ディレクトリを設定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\プロファイル
RD セッション ホスト サーバー上の固定プロファイルを使用する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\プロファイル
リモート デスクトップ サービス移動ユーザー プロファイルのパスを指定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\プロファイル
指定のリモート デスクトップ ライセンス サーバーを使用する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\ライセンス
RD セッション ホスト サーバーに影響を及ぼす RD ライセンスの問題に関する通知を非表示にする\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\ライセンス
リモート デスクトップ ライセンス モードの設定\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\ライセンス
RemoteFX の構成\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境\Windows Server 2008 R2 の RemoteFX
RemoteFX 使用時の視覚エクスペリエンスを最適化\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境\Windows Server 2008 R2 の RemoteFX
リモート デスクトップ サービス セッションの視覚エクスペリエンスを最適化\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境\Windows Server 2008 R2 の RemoteFX
色の解像度を制限する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
リモート デスクトップ壁紙を強制的に削除する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
すべてのリモート デスクトップ サービス セッションにハードウェア グラフィックス アダプターを使用します\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
最高解像度を制限する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
モニターの数を制限する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
[シャットダウン] ダイアログから [切断] オプションを削除する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
[スタート] メニューから Windows セキュリティ項目を削除する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
RemoteApp に高度な RemoteFX グラフィックスを使用する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
リモート デスクトップ接続で H.264/AVC 444 グラフィック モードを優先する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
リモート デスクトップ接続用に H.264/AVC ハードウェア エンコードを構成する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
RemoteFX データの圧縮を構成する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
RemoteFX アダプティブ グラフィックスの画質を構成する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
Windows Server 2008 R2 SP1 向けに設計された RemoteFX クライアント用の RemoteFX エンコーディングを有効にする\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
RemoteFX アダプティブ グラフィックスを構成する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
接続時にプログラムを起動する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
接続時に常にデスクトップを表示する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
リモート デスクトップ セッションのデスクトップ コンポジションを許可する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
フォント スムージングを許可しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
終了時に一時フォルダーを削除しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\一時フォルダー
セッションごとの一時フォルダーを使用しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\一時フォルダー
自動再接続\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\接続
ユーザーがリモート デスクトップ サービスを使ってリモート接続することを許可する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\接続
コンソール セッションにログインしている管理者のログオフを拒否する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\接続
キープアライブ接続間隔を構成する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\接続
接続数を制限する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\接続
アプリの登録が完了するまでユーザーのサインインを中断する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\接続
リモート デスクトップ サービス ユーザー セッションのリモート制御のルールを設定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\接続
サーバーのネットワーク検出を選択する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\接続
RDP トランスポート プロトコルの選択\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\接続
リモート デスクトップ サービス ユーザーに対してリモート デスクトップ サービス セッションを 1 つに制限する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\接続
一覧にないプログラムをリモートから起動できるようにする\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\接続
フェアシェア CPU スケジューリングを有効にする\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\接続
サポートされている他の RemoteFX USB デバイスの、このコンピューターからの RDP リダイレクトを許可する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ接続のクライアント\RemoteFX USB デバイス リダイレクト
有効な発行元からの .rdp ファイルと、ユーザーの既定の .rdp 設定を許可する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ接続のクライアント
不明な発行元からの .rdp ファイルを許可する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ接続のクライアント
ハードウェア アクセラレータによるデコードを許可しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ接続のクライアント
パスワードの保存を許可しない\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ接続のクライアント
信頼済みの .rdp 発行元を表す証明書の SHA1 拇印を指定する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ接続のクライアント
クライアントの UDP を無効にする\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ接続のクライアント
クライアント コンピューターで資格情報を要求する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ接続のクライアント
クライアントのサーバー認証を構成する\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ接続のクライアント
音声認識データの自動更新を許可する\Windows コンポーネント\音声認識
エッジ スワイプを許可する\Windows コンポーネント\画面の端の UI
ヘルプ ヒントを無効にする\Windows コンポーネント\画面の端の UI
TIFF IFilter が TIFF ドキュメントのすべてのページを OCR 処理するように強制する\Windows コンポーネント\検索\OCR
OCR 言語を選択する\Windows コンポーネント\検索\OCR
コード ページから OCR 言語を選んでください\Windows コンポーネント\検索\OCR
最優先されるイントラネットの検索場所を追加する\Windows コンポーネント\検索
2 番目以降に優先されるイントラネットの検索場所を追加する\Windows コンポーネント\検索
クラウド検索を許可する\Windows コンポーネント\検索
Cortana を許可する\Windows コンポーネント\検索
ロック画面で Cortana を許可する\Windows コンポーネント\検索
AAD アカウントでの OOBE に Cortana ページを許可する\Windows コンポーネント\検索
暗号化されたファイルのインデックス作成を許可する\Windows コンポーネント\検索
検索と Cortana による位置情報の使用を許可する\Windows コンポーネント\検索
分音記号の使用を許可する\Windows コンポーネント\検索
コンテンツとプロパティのインデックスを作成するときに常に自動言語検出を使用する\Windows コンポーネント\検索
Windows Search インデックスに共有フォルダーを自動的に追加できないようにする\Windows コンポーネント\検索
インデクサー データの場所\Windows コンポーネント\検索
既定の除外パス\Windows コンポーネント\検索
既定のインデックス作成対象パス\Windows コンポーネント\検索
インデックス作成ツールのバックオフを無効にする\Windows コンポーネント\検索
リムーバブル ドライブ上の場所のライブラリへの追加を許可しない\Windows コンポーネント\検索
Web 検索を許可しない\Windows コンポーネント\検索
Web を検索したり [検索] に Web の検索結果を表示したりしない\Windows コンポーネント\検索
従量制課金接続を使用して Web を検索したり [検索] に Web の検索結果を表示したりしない\Windows コンポーネント\検索
代理人のオンライン メールボックスのインデックス作成を有効にする\Windows コンポーネント\検索
オンライン メールのインデックス作成の調整を有効にする\Windows コンポーネント\検索
特定のファイル形式のインデックスを作成しない\Windows コンポーネント\検索
すべての場所のメニューに、ユーザーが指定する場所を追加できないようにする\Windows コンポーネント\検索
コントロール パネルからインデックスに UNC の場所を追加することを禁止する\Windows コンポーネント\検索
電力を節約するため、バッテリ使用時にはインデックスを作成しない\Windows コンポーネント\検索
特定のパスのインデックスを作成しない\Windows コンポーネント\検索
電子メールの添付ファイルのインデックス作成を禁止する\Windows コンポーネント\検索
オフライン ファイル キャッシュのファイルのインデックス作成を禁止する\Windows コンポーネント\検索
Microsoft Office Outlook のインデックス作成を禁止する\Windows コンポーネント\検索
パブリック フォルダーのインデックス作成を禁止する\Windows コンポーネント\検索
キャッシュ モードで実行されていない Exchange フォルダーのインデックス作成を有効にする\Windows コンポーネント\検索
コントロール パネルで、インデックスを作成された場所をカスタマイズすることを禁止する\Windows コンポーネント\検索
クライアントがインデックスをリモートから照会することを禁止する\Windows コンポーネント\検索
不要な iFilter およびプロトコル ハンドラーをブロックする\Windows コンポーネント\検索
コントロール パネルに Windows Search のインデックス作成の詳細オプションを表示しない\Windows コンポーネント\検索
プレビュー ウィンドウの場所\Windows コンポーネント\検索
添付ファイルの詳細なプレビューを制限する\Windows コンポーネント\検索
検索用にセーフサーチの設定を行う\Windows コンポーネント\検索
[検索] で共有する情報を設定する\Windows コンポーネント\検索
Windows Search の検索結果で使用するアイコンのサイズを設定する\Windows コンポーネント\検索
ハード ディスクの容量が少ない場合にインデックスを作成しない\Windows コンポーネント\検索
[パスワードの表示] ボタンを非表示にする\Windows コンポーネント\資格情報のユーザー インターフェイス
資格情報の入力に信頼済みパスを要求する\Windows コンポーネント\資格情報のユーザー インターフェイス
昇格時に管理者アカウントを列挙する\Windows コンポーネント\資格情報のユーザー インターフェイス
自動再生機能をオフにする\Windows コンポーネント\自動再生のポリシー
自動再生によってユーザーの選択内容が記憶されないようにします。\Windows コンポーネント\自動再生のポリシー
ボリューム以外のデバイスの自動再生を許可しない\Windows コンポーネント\自動再生のポリシー
自動実行の既定の動作を設定する\Windows コンポーネント\自動再生のポリシー
手書きパネルの既定モードをドッキングにする\Windows コンポーネント\手書き
Windows 位置情報取得機能をオフにする\Windows コンポーネント\場所とセンサー\Windows 位置情報取得機能
場所のスクリプトを無効にする\Windows コンポーネント\場所とセンサー
場所を無効にする\Windows コンポーネント\場所とセンサー
センサーを無効にする\Windows コンポーネント\場所とセンサー
拡張スプーフィング対策を構成する\Windows コンポーネント\生体認証\顔特徴
生体認証の使用を許可する\Windows コンポーネント\生体認証
ユーザーによる生体認証を使用したログオンを許可する\Windows コンポーネント\生体認証
ドメイン ユーザーによる生体認証を使用したログオンを許可する\Windows コンポーネント\生体認証
ユーザーの簡易切り替えイベントのタイムアウトを指定する\Windows コンポーネント\生体認証
この PC にプロジェクションを許可しない\Windows コンポーネント\接続
ペアリングに暗証番号 (PIN) を要求する\Windows コンポーネント\接続
絶対最大キャッシュ サイズ (GB)\Windows コンポーネント\配信の最適化
デバイスが VPN で接続しているときはピア キャッシュを有効にする\Windows コンポーネント\配信の最適化
http からのバックグラウンド ダウンロードを延期 (秒)\Windows コンポーネント\配信の最適化
http からのフォアグラウンド ダウンロードを延期 (秒)\Windows コンポーネント\配信の最適化
ダウンロード モード\Windows コンポーネント\配信の最適化
グループ ID\Windows コンポーネント\配信の最適化
グループ ID のソースを選択します\Windows コンポーネント\配信の最適化
最大キャッシュ時間 (秒)\Windows コンポーネント\配信の最適化
最大キャッシュ サイズ (パーセント)\Windows コンポーネント\配信の最適化
最大ダウンロード帯域幅 (KB/秒)\Windows コンポーネント\配信の最適化
最大アップロード帯域幅 (KB/秒)\Windows コンポーネント\配信の最適化
最小バックグラウンド QoS (KB/秒)\Windows コンポーネント\配信の最適化
設定したバッテリ レベル (パーセント) を下回っている場合はデバイスにバッテリ使用時のアップロードを許可します\Windows コンポーネント\配信の最適化
ピア キャッシュを使用できる最小ディスク サイズ (GB)\Windows コンポーネント\配信の最適化
最小ピア キャッシュ コンテンツ ファイル サイズ (MB)\Windows コンポーネント\配信の最適化
ピア キャッシュの使用に必要な最小 RAM 容量 (GB)\Windows コンポーネント\配信の最適化
キャッシュ ドライブの変更\Windows コンポーネント\配信の最適化
月単位のデータ アップロード上限 (GB)\Windows コンポーネント\配信の最適化
最大バックグラウンド ダウンロード帯域幅 (パーセント)\Windows コンポーネント\配信の最適化
最大ダウンロード帯域幅 (パーセント)\Windows コンポーネント\配信の最適化
最大フォアグラウンド ダウンロード帯域幅 (パーセント)\Windows コンポーネント\配信の最適化
ピアの選択を制限する方法を選択します\Windows コンポーネント\配信の最適化
バックグラウンド ダウンロード帯域幅を制限する営業時間を設定します\Windows コンポーネント\配信の最適化
フォアグラウンド ダウンロード帯域幅を制限する営業時間を設定します\Windows コンポーネント\配信の最適化
既定のアカウントの画像をすべてのユーザーに適用する\コントロール パネル\ユーザー アカウント
特定の既定のロック画面とログオン イメージを強制する\コントロール パネル\個人用設定
ロック画面とログオン イメージを変更できないようにする\コントロール パネル\個人用設定
[スタート] メニューの背景を変更できないようにする\コントロール パネル\個人用設定
ロック画面を表示しない\コントロール パネル\個人用設定
ロック画面カメラを有効にできないようにする\コントロール パネル\個人用設定
ロック画面スライド ショーを有効にできないようにする\コントロール パネル\個人用設定
特定の背景とアクセント カラーを強制する\コントロール パネル\個人用設定
特定のスタート画面の背景を強制する\コントロール パネル\個人用設定
自動学習機能をオフにする\コントロール パネル\地域と言語のオプション\手書き認識の個人用設定
入力の個人用設定を許可する\コントロール パネル\地域と言語のオプション
使用されていない言語パックのクリーンアップをブロックする\コントロール パネル\地域と言語のオプション
すべてのログオン ユーザーに対して Windows が使用する UI 言語を制限する\コントロール パネル\地域と言語のオプション
選択したシステムの UI 言語でユーザーの UI 言語を上書きする\コントロール パネル\地域と言語のオプション
オンライン ヒントを許可\コントロール パネル
設定ページの表示\コントロール パネル
システムのバックアップのみを許可する\サーバー
ローカルに接続された記憶域へのバックアップを許可しない\サーバー
ネットワークへのバックアップを許可しない\サーバー
光学メディアへのバックアップを許可しない\サーバー
1 回実行バックアップを許可しない\サーバー
Microsoft カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP)\システム\App-V\CEIP
使われていない appv パッケージの自動クリーンアップを有効にする\システム\App-V\PackageManagement
バッテリー使用時におけるサーバーへのバックグラウンド同期を有効にする\システム\App-V\PowerManagement
移行モードを有効にする\システム\App-V\クライアントの共存
パッケージ スクリプトを有効にする\システム\App-V\スクリプト
バックグラウンドで読み込む内容を指定します (AutoLoad)\システム\App-V\ストリーミング
高コストの Windows 8 の従量課金接続を使用している場合、初回のアプリケーション起動を許可する\システム\App-V\ストリーミング
クライアント SSL 用証明書フィルター\システム\App-V\ストリーミング
位置情報取得機能\システム\App-V\ストリーミング
パッケージ インストール ルート\システム\App-V\ストリーミング
パッケージ ソース ルート\システム\App-V\ストリーミング
再確立の間隔\システム\App-V\ストリーミング
再確立の再試行\システム\App-V\ストリーミング
管理者として公開することを必須にする\システム\App-V\ストリーミング
Shared Content Store (SCS) モード\システム\App-V\ストリーミング
BranchCache のサポートを有効にする\システム\App-V\ストリーミング
証明書失効リストの確認\システム\App-V\ストリーミング
レポート サーバー\システム\App-V\レポート
仮想コンポーネントのプロセス許可リスト\システム\App-V\仮想化
Dynamic Virtualization の有効化\システム\App-V\仮想化
公開の更新の UX の有効化\システム\App-V\公開
公開サーバー 1 の設定\システム\App-V\公開
公開サーバー 2 の設定\システム\App-V\公開
公開サーバー 3 の設定\システム\App-V\公開
公開サーバー 4 の設定\システム\App-V\公開
公開サーバー 5 の設定\システム\App-V\公開
ローミング ファイルの除外\システム\App-V\統合
ローミング レジストリの除外\システム\App-V\統合
統合ルート グローバル\システム\App-V\統合
統合ルート ユーザー\システム\App-V\統合
App-V Client を有効にします\システム\App-V
Windows Defender アプリケーション制御を展開する\システム\Device Guard
仮想化ベースのセキュリティを有効にする\システム\Device Guard
ターゲット ポータルの手動構成を許可しない\システム\iSCSI\iSCSI ターゲットの検出
検出されたターゲットの手動構成を許可しない\システム\iSCSI\iSCSI ターゲットの検出
iSNS サーバーの手動構成を許可しない\システム\iSCSI\iSCSI ターゲットの検出
手動構成での新しいターゲットの追加を許可しない\システム\iSCSI\iSCSI ターゲットの検出
イニシエーターの CHAP シークレットへの変更を許可しない\システム\iSCSI\iSCSI のセキュリティ
IPSec を使用しない接続を許可しない\システム\iSCSI\iSCSI のセキュリティ
相互 CHAP を使用しないセッションを許可しない\システム\iSCSI\iSCSI のセキュリティ
一方向の CHAP を使用しないセッションを許可しない\システム\iSCSI\iSCSI のセキュリティ
イニシエーターの IQN 名の変更を許可しない\システム\iSCSI\一般的な iSCSI
追加のセッション ログインを許可しない\システム\iSCSI\一般的な iSCSI
KDC で信頼性情報、複合認証、および Kerberos 防御をサポートする\システム\KDC
フォレストの検索順序を使用する\システム\KDC
PKInit 鮮度拡張機能の KDC サポート\システム\KDC
複合認証を要求する\システム\KDC
サイズの大きな Kerberos チケットの場合は警告する\システム\KDC
以前のログオンに関する情報をクライアント コンピューターに提供する\システム\KDC
常に複合認証を先に送信する\システム\Kerberos
Kerberos 防御が使用できないときは認証要求を失敗とする\システム\Kerberos
証明書を使用したデバイス認証をサポートする\システム\Kerberos
Kerberos クライアントで信頼性情報、複合認証、および Kerberos 防御をサポートする\システム\Kerberos
フォレストの検索順序を使用する\システム\Kerberos
ホスト名から Kerberos 領域へのマッピングを定義する\システム\Kerberos
KDC プロキシ サーバーの SSL 証明書の失効確認を無効にする\システム\Kerberos
Kerberos クライアントの KDC プロキシ サーバーを指定する\システム\Kerberos
Kerberos SSPI コンテキスト トークンのバッファー サイズの最大値を設定する\システム\Kerberos
相互運用可能な Kerberos V5 領域設定を定義する\システム\Kerberos
複合認証をサポートする\システム\Kerberos
リモート プロシージャ コールでターゲット SPN の厳密な一致を必須にする\システム\Kerberos
KDC の厳密な検証を必須にする\システム\Kerberos
DC ロケーター ping のアドレス検索の動作を指定する\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
ドメイン コントローラー アドレスの種類を返す\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
AllowSingleLabelDnsDomain 設定が有効でない場合、単一ラベル名ドメイン名が使用されているときは、別の登録済み DNS サフィックスを付加して DNS 名前解決を使用します。\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
NetBIOS 名前解決の代わりに単一ラベル ドメイン名の DNS 名前解決を使用して DC を検出する\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
DC ロケーター DNS SRV レコードによる自動サイト カバレージを使用する\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
DNS ベースの検出が失敗したときに、ドメイン コントローラーの検出に NetBIOS ベースの検出を使用しない\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
DC によって登録されない DC ロケーター DNS レコードを指定する\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
DC ロケーター DNS レコードの更新間隔を指定する\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
DC ロケーター DNS レコードの TTL を設定する\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
強制的再検出の間隔\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
GC ロケーター DNS SRV レコードでカバーされるサイトを指定する\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
NetBIOS ドメイン名に基づくドメイン コントローラーの検出に使用される受信メールスロット メッセージを処理しない\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
DC ロケーター DNS SRV レコードの優先順位を設定する\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
DC ロケーター DNS SRV レコードの重さを設定する\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
アプリケーション ディレクトリ パーティション DC ロケーター DNS SRV レコードでカバーされるサイトを指定する\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
DC ロケーター DNS SRV レコードでカバーされるサイトを指定する\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
次に最も近いサイトを試す\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
DC ロケーター DNS レコードの動的登録を指定する\システム\Net Logon\DC ロケーター DNS レコード
Windows NT 4.0 と互換性のある暗号化アルゴリズムを許可する\システム\Net Logon
ログオン エラーが発生したら PDC に連絡する\システム\Net Logon
バックグラウンド呼び出しの、DC 発見の試行開始を使用する\システム\Net Logon
バックグラウンド呼び出しの、DC 発見の再試行間隔の最大値設定を使用する\システム\Net Logon
バックグラウンド呼び出しの、DC 発見の試行時間設定を使用する\システム\Net Logon
バックグラウンド呼び出しの、ポジティブ定期 DC キャッシュ更新を使用する\システム\Net Logon
ログ ファイルのデバッグ出力レベルを指定する\システム\Net Logon
ログオン時に予期されているダイヤルアップの遅延を指定する\システム\Net Logon
ログ ファイルの最大サイズを指定する\システム\Net Logon
ネガティブ DC 発見キャッシュ設定を指定する\システム\Net Logon
Netlogon 共有の互換性を設定する\システム\Net Logon
非バックグラウンド呼び出しの、ポジティブ定期 DC キャッシュ更新を指定する\システム\Net Logon
ドメイン コントローラーに ping するときに緊急モードを使用する\システム\Net Logon
清掃の間隔を設定する\システム\Net Logon
サイト名を指定する\システム\Net Logon
SYSVOL 共有の互換性を設定する\システム\Net Logon
アクティビティ フィードを有効にする\システム\OS ポリシー
ユーザー アクティビティの公開を許可する\システム\OS ポリシー
ユーザー アクティビティのアップロードを許可する\システム\OS ポリシー
数字を要求する\システム\PIN の複雑さ
小文字を要求する\システム\PIN の複雑さ
PIN の最大文字数\システム\PIN の複雑さ
PIN の最小文字数\システム\PIN の複雑さ
有効期限\システム\PIN の複雑さ
履歴\システム\PIN の複雑さ
特殊文字を要求する\システム\PIN の複雑さ
大文字を要求する\システム\PIN の複雑さ
Windows NTP クライアントを構成する\システム\Windows タイム サービス\タイム プロバイダー
Windows NTP クライアントを有効にする\システム\Windows タイム サービス\タイム プロバイダー
Windows NTP サーバーを有効にする\システム\Windows タイム サービス\タイム プロバイダー
グローバル構成設定\システム\Windows タイム サービス
Windows ファイル保護のキャッシュ場所を指定する\システム\Windows ファイル保護
Windows ファイル保護のキャッシュ サイズを制限する\システム\Windows ファイル保護
Windows ファイル保護のスキャンを設定する\システム\Windows ファイル保護
ファイルのスキャン進行ウィンドウを非表示にする\システム\Windows ファイル保護
アクセス拒否エラーのメッセージをカスタマイズする\システム\アクセス拒否アシスタンス
クライアントですべてのファイルの種類についてアクセス拒否アシスタンスを有効にする\システム\アクセス拒否アシスタンス
手書き認識のエラー報告をオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
Windows カスタマー エクスペリエンス向上プログラムをオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
ルート証明書の自動更新をオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
HTTP 経由の印刷をオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
プリンター ドライバーの HTTP 経由でのダウンロードをオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
Windows Update でのデバイス ドライバーの検索をオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
イベント ビューアーの "Events.asp" リンクをオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
ヘルプとサポート センターの「役に立つ情報」の内容表示をしない\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
ヘルプとサポート センター Microsoft サポート技術情報 (KB) の検索をオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
URL 接続が Microsoft.com を参照している場合、インターネット接続ウィザードをオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
URL 接続が Microsoft.com を参照している場合、登録をオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
Windows ネットワーク接続状態インジケーターのアクティブなテストを無効にする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
Windows エラー報告をオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
Windows Update のすべての機能へのアクセスをオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
検索コンパニオンの内容ファイルの更新をオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
インターネット ファイルの関連付けサービスをオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
Microsoft Store へのアクセスをオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
Web 発行およびオンライン注文ウィザードのインターネット ダウンロードをオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
画像のタスクの "プリントの注文" をオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
ファイルおよびフォルダーの "Web に発行" タスクをオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
Windows Messenger カスタマー エクスペリエンス向上プログラムをオフにする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
手書き認識個人用設定のデータ共有を無効にする\システム\インターネット通信の管理\インターネット通信の設定
インターネット通信を制限する\システム\インターネット通信の管理
[アプリケーション] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[データ ソース] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[デバイス] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[ドライブ マップ] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[環境] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[ファイル] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[フォルダー オプション] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[フォルダー] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[ini ファイル] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[インターネット設定] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[ローカル ユーザーとグループ] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[ネットワーク共有] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[ネットワーク オプション] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[電源オプション] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[レジストリ] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[プリンター] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[地域のオプション] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[タスク] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[サービス] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[ショートカット] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
[[スタート] メニュー] 基本設定のログおよびトレースの構成\システム\グループ ポリシー\ログおよびトレース
フォレスト間ユーザー ポリシーおよび移動ユーザー プロファイルを許可する\システム\グループ ポリシー
ソフトウェアのインストール ポリシーの処理を構成する\システム\グループ ポリシー
ディスク クォータ ポリシーの処理を構成する\システム\グループ ポリシー
EFS 回復ポリシーの処理を構成する\システム\グループ ポリシー
フォルダー リダイレクト ポリシーの処理を構成する\システム\グループ ポリシー
Internet Explorer のメンテナンス ポリシーの処理を構成する\システム\グループ ポリシー
IP セキュリティ ポリシーの処理を構成する\システム\グループ ポリシー
レジストリ ポリシーの処理を構成する\システム\グループ ポリシー
スクリプト ポリシーの処理を構成する\システム\グループ ポリシー
セキュリティ ポリシーの処理を構成する\システム\グループ ポリシー
ワイヤード (有線) ポリシーの処理を構成する\システム\グループ ポリシー
ワイヤレス ポリシーの処理を構成する\システム\グループ ポリシー
ポリシー処理時の職場への接続の待機時間を指定する\システム\グループ ポリシー
対話型ユーザーがポリシーの結果セット データを生成できるかどうかを決定する\システム\グループ ポリシー
グループ ポリシー クライアント サービスの AOAC 最適化を無効にする\システム\グループ ポリシー
バックグラウンドでのグループ ポリシーの更新をオフにする\システム\グループ ポリシー
ローカル グループ ポリシー オブジェクトの処理を無効にする\システム\グループ ポリシー
ユーザーがコンピューターのポリシーを最新の状態に更新できないようにする\システム\グループ ポリシー
アプリ URI ハンドラーを使用した Web とアプリのリンクを構成します\システム\グループ ポリシー
このデバイスでのエクスペリエンスを続行する\システム\グループ ポリシー
グループ ポリシーのキャッシュを構成する\システム\グループ ポリシー
サーバーのグループ ポリシーのキャッシュを有効にする\システム\グループ ポリシー
このデバイス上の電話と PC のリンク\システム\グループ ポリシー
グループ ポリシーの低速リンクの検出を構成する\システム\グループ ポリシー
コンピューターのグループ ポリシーの更新間隔を設定する\システム\グループ ポリシー
ドメイン コントローラーのグループ ポリシーの更新間隔を設定する\システム\グループ ポリシー
ログオン スクリプトの遅延を構成する\システム\グループ ポリシー
グループ ポリシー オブジェクト エディターに対してローカル ADM ファイルを常に使用する\システム\グループ ポリシー
ポリシーの結果セットのログをオフにする\システム\グループ ポリシー
ポリシーの更新中の AD/DFS ドメイン コントローラーの同期を有効にする\システム\グループ ポリシー
DirectAccess 接続を高速ネットワーク接続として構成する\システム\グループ ポリシー
低速回線接続が検出されたときに、グループ ポリシーの処理が非同期で実行されるように変更します。\システム\グループ ポリシー
スタートアップ ポリシー処理時の待機時間を指定する\システム\グループ ポリシー
ユーザー グループ ポリシー ループバックの処理モードを構成する\システム\グループ ポリシー
リモート デスクトップ サービス経由でのログオン時に、ユーザーのグループ ポリシーを非同期に処理できるようにする
\システム\グループ ポリシー
[アプリケーション] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[データ ソース] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[デバイス] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[ドライブ マップ] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[環境] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[ファイル] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[フォルダー オプション] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[フォルダー] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[ini ファイル] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[インターネット設定] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[ローカル ユーザーとグループ] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[ネットワーク共有] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[ネットワーク オプション] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[電源オプション] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[レジストリ] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[プリンター] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[地域のオプション] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[タスク] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[サービス] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[ショートカット] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
[[スタート] メニュー] 基本設定拡張ポリシーの処理の構成\システム\グループ ポリシー
ログオン時に [初期構成タスク] ウィンドウを自動的に表示しない\システム\サーバー マネージャー
ログオン時にサーバー マネージャーを自動的に表示しない\システム\サーバー マネージャー
サーバー マネージャーの更新間隔を構成する\システム\サーバー マネージャー
構成をオフにする\システム\システムの復元
システムの復元をオフにする\システム\システムの復元
高速スタートアップの使用を要求する\システム\シャットダウン
シャットダウンをブロックするか取り消すアプリケーションの自動終了をオフにする\システム\シャットダウン オプション
NetBIOS または WINS が無効の場合にログオン スクリプトを許可する\システム\スクリプト
グループ ポリシー スクリプトの最大待機時間を指定する\システム\スクリプト
コンピューターのスタートアップ、シャットダウン時に Windows PowerShell スクリプトを最初に実行する\システム\スクリプト
ログオン スクリプトを同期的に実行する\システム\スクリプト
実行中のシャットダウン スクリプトの命令を表示する\システム\スクリプト
スタートアップ スクリプトを非同期に実行する\システム\スクリプト
実行中のスタートアップ スクリプトの命令を表示する\システム\スクリプト
ユーザーのログオン、ログオフ時に Windows PowerShell スクリプトを最初に実行する\システム\スクリプト
ブートと再開の最適化をオフにする\システム\ディスク NV キャッシュ
キャッシュの電源モードをオフにする\システム\ディスク NV キャッシュ
非揮発性キャッシュ機能をオフにする\システム\ディスク NV キャッシュ
ソリッド ステート モードをオフにする\システム\ディスク NV キャッシュ
ディスク クォータを有効にする\システム\ディスク クォータ
ディスク クォータ制限を強制する\システム\ディスク クォータ
既定のクォータ制限および警告レベルを指定する\システム\ディスク クォータ
クォータ制限を超過したときにイベント ログを記録する\システム\ディスク クォータ
警告レベルを超えたらイベントのログを記録する\システム\ディスク クォータ
ポリシーをリムーバブル メディアに適用する\システム\ディスク クォータ
プロセス単位システム DPI 設定の構成\システム\ディスプレイ
アプリケーションの GdiDPIScaling を無効にします\システム\ディスプレイ
アプリケーションの GdiDPIScaling を有効にします\システム\ディスプレイ
管理者によるデバイスのインストールの制限ポリシーの上書きを許可する\システム\デバイスのインストール\デバイスのインストールの制限
これらのデバイス セットアップ クラスと一致するドライバーを使用したデバイスのインストールを許可する\システム\デバイスのインストール\デバイスのインストールの制限
これらのデバイス セットアップ クラスと一致するドライバーを使用したデバイスのインストールを禁止する\システム\デバイスのインストール\デバイスのインストールの制限
インストールがポリシー設定によって禁止されている場合にカスタム メッセージを表示する\システム\デバイスのインストール\デバイスのインストールの制限
デバイスのインストールがポリシー設定によって禁止されている場合にカスタム メッセージ タイトルを表示する\システム\デバイスのインストール\デバイスのインストールの制限
これらのデバイス ID と一致するデバイスのインストールを許可する\システム\デバイスのインストール\デバイスのインストールの制限
これらのデバイス ID と一致するデバイスのインストールを禁止する\システム\デバイスのインストール\デバイスのインストールの制限
ポリシーの変更を有効にするために必要な場合に強制的に再起動するまでの時間 (秒)\システム\デバイスのインストール\デバイスのインストールの制限
リムーバブル デバイスのインストールを禁止する\システム\デバイスのインストール\デバイスのインストールの制限
他のポリシー設定で記述されていないデバイスのインストールを禁止する\システム\デバイスのインストール\デバイスのインストールの制限
デジタル署名されたすべてのドライバーの優先順位をドライバー ランキングおよび選択プロセスで同じにする\システム\デバイスのインストール
デバイス インストールのタイムアウトを構成する\システム\デバイスのインストール
通常は復元ポイントの作成が要求されるデバイス操作の際にシステムの復元ポイントが作成されないようにする\システム\デバイスのインストール
プラグ アンド プレイ インターフェイスへのリモート アクセスを許可する\システム\デバイスのインストール
デバイスのインストール中の "新しいハードウェアが見つかりました" バルーンをオフにする\システム\デバイスのインストール
デバイスに汎用ドライバーがインストールされている場合、Windows エラー報告を送信しない\システム\デバイスのインストール
デバイス ドライバーのインストール時に追加のソフトウェアが要求されてもエラー報告が送信されないようにする\システム\デバイスのインストール
デバイス メタデータをインターネットから取得しない\システム\デバイスのインストール
デバイス ドライバーを検索する場所の順序を指定する\システム\デバイスのインストール
デバイス ドライバーの更新プログラムを検索するサーバーを指定する\システム\デバイスのインストール
デバイス正常性構成証明の監視とレポートの有効化\システム\デバイス正常性構成証明サービス
非管理者によるこれらのデバイス セットアップ クラスのドライバーのインストールを許可する\システム\ドライバーのインストール
Windows Update でのデバイス ドライバー検索のプロンプトをオフにする\システム\ドライバーのインストール
ブロックされる TPM コマンドの一覧を構成する\システム\トラステッド プラットフォーム モジュール サービス
準備完了状態でない場合には、TPM をクリアするようにシステムを構成します。\システム\トラステッド プラットフォーム モジュール サービス
ブロックされる TPM コマンドの既定の一覧を無視する\システム\トラステッド プラットフォーム モジュール サービス
ブロックされる TPM コマンドのローカルの一覧を無視する\システム\トラステッド プラットフォーム モジュール サービス
オペレーティング システムで使用できる TPM 所有者認証情報のレベルを構成する\システム\トラステッド プラットフォーム モジュール サービス
標準ユーザーのロックアウト期間\システム\トラステッド プラットフォーム モジュール サービス
標準ユーザーごとのロックアウトしきい値\システム\トラステッド プラットフォーム モジュール サービス
標準ユーザー全体のロックアウトしきい値\システム\トラステッド プラットフォーム モジュール サービス
TPM 2.0 にレガシの辞書攻撃防止パラメーター設定を使用するよう、システムを構成します。\システム\トラステッド プラットフォーム モジュール サービス
Microsoft サポート診断ツール: MSDT とサポート プロバイダーとの対話型通信を有効にする\システム\トラブルシューティングと診断\Microsoft サポート診断ツール
Microsoft サポート診断ツール: ツールのダウンロードを制限する\システム\トラブルシューティングと診断\Microsoft サポート診断ツール
Microsoft サポート診断ツール: 実行レベルを構成する\システム\トラブルシューティングと診断\Microsoft サポート診断ツール
シナリオ実行レベルを構成する\システム\トラブルシューティングと診断\Windows システム応答パフォーマンス診断
シナリオ実行レベルを構成する\システム\トラブルシューティングと診断\Windows シャットダウン パフォーマンス診断
シナリオ実行レベルを構成する\システム\トラブルシューティングと診断\Windows スタンバイ/再開パフォーマンス診断
PerfTrack の有効化/無効化\システム\トラブルシューティングと診断\Windows パフォーマンス PerfTrack
シナリオ実行レベルを構成する\システム\トラブルシューティングと診断\Windows メモリ リーク診断
シナリオ実行レベルを構成する\システム\トラブルシューティングと診断\Windows リソース消費検出と解決
シナリオ実行レベルを構成する\システム\トラブルシューティングと診断\Windows 起動パフォーマンス診断
ブロックされたドライバーを通知する\システム\トラブルシューティングと診断\アプリケーションの互換性の診断
使用されていない COM オブジェクトによって発生したアプリケーション エラーを検出する\システム\トラブルシューティングと診断\アプリケーションの互換性の診断
使用されていない Windows DLL によって発生したアプリケーション エラーを検出する\システム\トラブルシューティングと診断\アプリケーションの互換性の診断
アプリケーション インストールの失敗を検出する\システム\トラブルシューティングと診断\アプリケーションの互換性の診断
管理者として実行する必要があるアプリケーション インストーラーを検出する\システム\トラブルシューティングと診断\アプリケーションの互換性の診断
UAC で管理されたインストーラーを起動できないアプリケーションを検出する\システム\トラブルシューティングと診断\アプリケーションの互換性の診断
アプリケーションとドライバーの互換性の問題を検出する\システム\トラブルシューティングと診断\アプリケーションの互換性の診断
トラブルシューティング: トラブルシューティング コントロール パネルから、Microsoft サーバー上のオンラインのトラブルシューティング コンテンツにアクセスすることをユーザーに許可する (Windows オンライン トラブルシューティング サービス (WOTS) 経由)\システム\トラブルシューティングと診断\スクリプト化された診断
トラブルシューティング: トラブルシューティング ウィザードにアクセスして実行することをユーザーに許可する\システム\トラブルシューティングと診断\スクリプト化された診断
スクリプト化された診断のセキュリティ ポリシーを構成する\システム\トラブルシューティングと診断\スクリプト化された診断
スケジュールされたメンテナンス動作の構成\システム\トラブルシューティングと診断\スケジュールされたメンテナンス
ディスク診断: カスタムの警告テキストを構成する\システム\トラブルシューティングと診断\ディスク診断
ディスク診断: 実行レベルを構成する\システム\トラブルシューティングと診断\ディスク診断
シナリオ実行レベルを構成する\システム\トラブルシューティングと診断\フォールト トレラント ヒープ
破損した MSI ファイルの回復動作を構成する\システム\トラブルシューティングと診断\破損した MSI ファイルの回復
破損したファイルの回復動作を構成する\システム\トラブルシューティングと診断\破損したファイルの回復
診断: シナリオの保存限度を構成する\システム\トラブルシューティングと診断
診断: シナリオ実行レベルを構成する\システム\トラブルシューティングと診断
すべての NTFS ボリュームで圧縮を許可しない\システム\ファイル システム\NTFS
すべての NTFS ボリュームで暗号化を許可しない\システム\ファイル システム\NTFS
NTFS ページ ファイルの暗号化を有効にする\システム\ファイル システム\NTFS
短い名前の作成オプション\システム\ファイル システム\NTFS
TXF の推奨されなくなった機能を有効または無効にする\システム\ファイル システム\NTFS
すべてのボリュームで削除通知を無効にする\システム\ファイル システム
Win32 の長いパスを有効にする\システム\ファイル システム
選択的にシンボリック リンクの評価を許可する\システム\ファイル システム
アプリケーション サーバーで実行しているファイル共有シャドウ コピー プロバイダーと、ファイル サーバーで実行しているファイル共有シャドウ コピー エージェントの間の RPC プロトコル メッセージを保護するために、暗号化の使用を許可または禁止します。\システム\ファイル共有シャドウ コピー プロバイダー
ファイル分類インフラストラクチャ: 分類プロパティの一覧を指定する\システム\ファイル分類インフラストラクチャ
ファイル分類インフラストラクチャ: エクスプローラーで [分類] タブを表示する\システム\ファイル分類インフラストラクチャ
[スタート] および [マイ ドキュメント] をリダイレクトするときに、各国化されたサブフォルダー名を使用する\システム\フォルダー リダイレクト
プライマリ コンピューターでのみフォルダーをリダイレクトする\システム\フォルダー リダイレクト
プロセス作成イベントにコマンド ラインを含める\システム\プロセス作成の監査
Administrators セキュリティ グループを移動ユーザー プロファイルに追加する\システム\ユーザー プロファイル
システム再起動時に指定した日数を経過しているユーザー プロファイルを削除する\システム\ユーザー プロファイル
移動プロファイル フォルダーのユーザー所有権を確認しない\システム\ユーザー プロファイル
一時記憶された移動プロファイルのコピーを削除する\システム\ユーザー プロファイル
広告 ID を無効にする\システム\ユーザー プロファイル
ユーザーのログオフ時に強制的にユーザー レジストリをアンロードしない\システム\ユーザー プロファイル
低速回線接続の検出を無効にする\システム\ユーザー プロファイル
低速回線接続が検出された場合ユーザーに通知する\システム\ユーザー プロファイル
Windows Installer およびグループ ポリシー ソフトウェアのインストール データを削除しない\システム\ユーザー プロファイル
ローカル ユーザー プロファイルのみを許可する\システム\ユーザー プロファイル
このコンピューターにログオンしているすべてユーザーの移動プロファイル パスを設定する\システム\ユーザー プロファイル
プライマリ コンピューターにのみ移動プロファイルをダウンロードする\システム\ユーザー プロファイル
ダイアログ ボックスのタイムアウトの値を設定する\システム\ユーザー プロファイル
一時プロファイルでログオンできないようにする\システム\ユーザー プロファイル
ユーザー プロファイルのアンロードと更新の試行回数の上限\システム\ユーザー プロファイル
移動プロファイルへの変更をサーバーに伝達しない\システム\ユーザー プロファイル
リモート ユーザー プロファイルの読み込みを待つ\システム\ユーザー プロファイル
ユーザー プロファイル用の低速回線接続のタイムアウトを制御する\システム\ユーザー プロファイル
ユーザー ホーム フォルダーを設定する\システム\ユーザー プロファイル
ユーザーがログオンしているときに移動ユーザー プロファイルのレジストリ ファイルをバックグラウンドでアップロードするスケジュールを設定する\システム\ユーザー プロファイル
アプリ (デスクトップ アプリを除く) でのユーザー名、アカウントの画像、およびドメイン情報の共有に関するユーザー管理\システム\ユーザー プロファイル
ユーザーに移動ユーザー プロファイルまたはリモート ホーム ディレクトリがある場合にネットワークの最大待機時間を設定する\システム\ユーザー プロファイル
強制的に再起動するまでの時間 (秒) を設定する\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
CD および DVD: 実行アクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
CD および DVD : 読み取りアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
CD および DVD: 書き込みアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
カスタム クラス: 読み取りアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
カスタム クラス: 書き込みアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
フロッピー ドライブ: 実行アクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
フロッピー ドライブ: 読み取りアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
フロッピー ドライブ: 書き込みアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
リムーバブル ディスク: 実行アクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
リムーバブル ディスク : 読み取りアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
リムーバブル ディスク: 書き込みアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
すべてのリムーバブル記憶域クラス: すべてのアクセスを拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
すべてのリムーバブル記憶域: リモート セッションでの直接アクセスを許可する\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
テープ ドライブ: 実行アクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
テープ ドライブ: 読み取りアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
テープ ドライブ: 書き込みアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
WPD デバイス: 読み取りアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
WPD デバイス: 書き込みアクセス権の拒否\システム\リムーバブル記憶域へのアクセス
Windows Vista 以降での接続のみを許可する\システム\リモート アシスタンス
セッション ログをオンにする\システム\リモート アシスタンス
帯域幅の最適化をオンにする\システム\リモート アシスタンス
警告メッセージをカスタマイズする\システム\リモート アシスタンス
要請されたリモート アシスタンスを構成する\システム\リモート アシスタンス
リモート アシスタンスを提供する機能を構成する\システム\リモート アシスタンス
RPC エンドポイント マッパー クライアント認証を有効にする\システム\リモート プロシージャ コール
エラーの詳細情報を伝達する\システム\リモート プロシージャ コール
委任エラーを無視する\システム\リモート プロシージャ コール
RPC/HTTP 接続のアイドル状態の接続のタイムアウトの最小値を設定する\システム\リモート プロシージャ コール
認証されていない RPC クライアントを制限する\システム\リモート プロシージャ コール
RPC トラブルシューティング状態情報を保持する\システム\リモート プロシージャ コール
コネクト スタンバイから再開するときにパスワードが必要になる時間をユーザーが選択できるようにする\システム\ログオン
便利な PIN を使用したサインインをオンにする\システム\ログオン
ピクチャ パスワードを使用したサインインをオフにする\システム\ログオン
既定の資格情報プロバイダーを割り当てる\システム\ログオン
ログオンの既定のドメインを割り当てる\システム\ログオン
資格情報プロバイダーを除外する\システム\ログオン
ユーザーがサインイン時にアカウントの詳細を表示できないようにブロックする\システム\ログオン
レガシの実行の一覧を処理しない\システム\ログオン
一度だけ実行するコマンドの一覧を処理しない\システム\ログオン
ロック画面のアプリ通知をオフにする\システム\ログオン
Windows スタートアップ サウンドをオフにする\システム\ログオン
ネットワークの選択の UI を表示しない\システム\ログオン
ドメインに参加しているコンピューターに接続しているユーザーを列挙しない\システム\ログオン
初回サインインのアニメーションを表示する\システム\ログオン
ドメインに参加しているコンピューターのローカル ユーザーを列挙する\システム\ログオン
ユーザーの簡易切り替えのエントリ ポイントを非表示にする\システム\ログオン
常に従来のログオンを使う\システム\ログオン
ログオン時にようこそ画面を表示しない\システム\ログオン
ユーザーのログオン時に実行するプログラムを指定する\システム\ログオン
コンピューターの起動およびログオンで常にネットワークを待つ\システム\ログオン
常にカスタムのログオン背景を使用する\システム\ログオン
サインイン用のシステム アカウントへのユーザー入力方式のコピーを禁止する\システム\ロケール サービス
カスタム ロケールの選択を禁止する\システム\ロケール サービス
システム ロケールを制限する\システム\ロケール サービス
ユーザー ロケールを制限する\システム\ロケール サービス
地域の変更を禁止する\システム\ロケール サービス
ユーザー オーバーライドによるロケール設定を禁止する\システム\ロケール サービス
システムの既定の状態への復元を許可する\システム\回復
コンピューターで使用可能な拡張記憶装置のリストを構成する\システム\拡張記憶域へのアクセス
コンピューターで使用可能な IEEE 1667 サイロのリストを構成する\システム\拡張記憶域へのアクセス
拡張記憶装置のパスワード認証を許可しない\システム\拡張記憶域へのアクセス
拡張記憶域ではないリムーバブル デバイスを許可しない\システム\拡張記憶域へのアクセス
コンピューターがロックされたら拡張記憶域をロックする\システム\拡張記憶域へのアクセス
USB ルート ハブに接続された拡張記憶装置のみを許可する\システム\拡張記憶域へのアクセス
Windows による拡張記憶装置のアクティブ化を許可しない\システム\拡張記憶域へのアクセス
ディスク エラー予測モデルに対する更新プログラムのダウンロードを許可する\システム\記憶域の正常性
ブート開始ドライバーの初期化ポリシー\システム\起動時マルウェア対策
信頼されていないフォントのブロック\システム\軽減策オプション
プロセス軽減策オプション\システム\軽減策オプション
NTLM のみのサーバー認証で既定の資格情報の委任を許可する\システム\資格情報の委任
既定の資格情報の委任を許可する\システム\資格情報の委任
Encryption Oracle Remediation\システム\資格情報の委任
新しい資格情報の委任を許可する\システム\資格情報の委任
NTLM のみのサーバー認証で新しい資格情報の委任を許可する\システム\資格情報の委任
リモート ホストでエクスポート不可の資格情報の委任を許可する\システム\資格情報の委任
保存された資格情報の委任を許可する\システム\資格情報の委任
NTLM のみのサーバー認証で保存された資格情報の委任を許可する\システム\資格情報の委任
既定の資格情報の委任を拒否する\システム\資格情報の委任
新しい資格情報の委任を拒否する\システム\資格情報の委任
保存された資格情報の委任を拒否する\システム\資格情報の委任
リモート サーバーへの資格情報の委任を制限する\システム\資格情報の委任
コネクト スタンバイ中にネットワーク接続を許可する (電源接続時)\システム\電源の管理\スリープの設定
スリープに移行できないようにするアプリケーションの機能を有効にする (電源接続時)\システム\電源の管理\スリープの設定
システム休止タイムアウトを指定する (電源接続時)\システム\電源の管理\スリープの設定
コンピューターのスリープ状態の解除時にパスワードを要求する (電源接続時)\システム\電源の管理\スリープの設定
システム スリープ タイムアウトを指定する (電源接続時)\システム\電源の管理\スリープの設定
ハイブリッド スリープをオフにする (電源接続時)\システム\電源の管理\スリープの設定
スリープ時にスタンバイ状態 (S1-S3) を許可する (電源接続時)\システム\電源の管理\スリープの設定
スリープ時にスタンバイ状態 (S1-S3) を許可する (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\スリープの設定
自動スリープをアプリケーションで禁止できるようにする (電源接続時)\システム\電源の管理\スリープの設定
自動スリープをアプリケーションで禁止できるようにする (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\スリープの設定
ネットワーク ファイルを開いた状態での自動スリープを許可する (電源接続時)\システム\電源の管理\スリープの設定
ネットワーク ファイルを開いた状態での自動スリープを許可する (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\スリープの設定
コネクト スタンバイ中にネットワーク接続を許可する (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\スリープの設定
スリープに移行できないようにするアプリケーションの機能を有効にする (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\スリープの設定
システム休止タイムアウトを指定する (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\スリープの設定
コンピューターのスリープ状態の解除時にパスワードを要求する (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\スリープの設定
システム スリープ タイムアウトを指定する (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\スリープの設定
ハイブリッド スリープをオフにする (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\スリープの設定
無人スリープ タイムアウトを指定する (電源接続時)\システム\電源の管理\スリープの設定
無人スリープ タイムアウトを指定する (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\スリープの設定
ハード ディスクをオフにする (電源接続時)\システム\電源の管理\ハード ディスクの設定
ハード ディスクをオフにする (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\ハード ディスクの設定
ディスプレイ暗転時の明るさを指定する (電源接続時)\システム\電源の管理\ビデオとディスプレイの設定
ディスプレイ暗転時の明るさを指定する (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\ビデオとディスプレイの設定
ディスプレイの明るさを下げる (電源接続時)\システム\電源の管理\ビデオとディスプレイの設定
ディスプレイの明るさを下げる (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\ビデオとディスプレイの設定
デスクトップの背景のスライドショーを有効にする (電源接続時)\システム\電源の管理\ビデオとディスプレイの設定
デスクトップの背景のスライドショーを有効にする (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\ビデオとディスプレイの設定
状況に応じたディスプレイのタイムアウトをオフにする (電源接続時)\システム\電源の管理\ビデオとディスプレイの設定
状況に応じたディスプレイのタイムアウトをオフにする (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\ビデオとディスプレイの設定
ディスプレイをオフにする (電源接続時)\システム\電源の管理\ビデオとディスプレイの設定
ディスプレイをオフにする (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\ビデオとディスプレイの設定
電源ボタンの操作を選択する (電源接続時)\システム\電源の管理\ボタンの設定
スリープ ボタンの操作を選択する (電源接続時)\システム\電源の管理\ボタンの設定
[スタート] メニューの電源ボタンの操作を選択する (電源接続時)\システム\電源の管理\ボタンの設定
LID スイッチの操作を選択する (電源接続時)\システム\電源の管理\ボタンの設定
電源ボタンの操作を選択する (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\ボタンの設定
スリープ ボタンの操作を選択する (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\ボタンの設定
[スタート] メニューの電源ボタンの操作を選択する (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\ボタンの設定
LID スイッチの操作を選択する (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\ボタンの設定
省電力バッテリしきい値 (電源接続時)\システム\電源の管理\省電力設定
省電力バッテリしきい値 (バッテリ使用時)\システム\電源の管理\省電力設定
バッテリ切れの通知動作\システム\電源の管理\通知設定
バッテリ低下の通知動作\システム\電源の管理\通知設定
バッテリ切れの通知レベル\システム\電源の管理\通知設定
バッテリ低下のユーザー通知をオフにする\システム\電源の管理\通知設定
バッテリ低下の通知レベル\システム\電源の管理\通知設定
省電源バッテリ通知レベル\システム\電源の管理\通知設定
電源調整をオフにする\システム\電源の管理\電源調整設定
現在使用されているカスタム電源プランを指定する\システム\電源の管理
現在使用されている電源プランを選択する\システム\電源の管理
ローカルのアクティベーション セキュリティ チェックの例外を許可する\システム\分散 COM\アプリケーションの互換性の設定
アクティベーション セキュリティ チェックの例外を定義する\システム\分散 COM\アプリケーションの互換性の設定
COM コンポーネントが存在しない場合ダウンロードする\システム
分散リンク トラッキング クライアントにドメイン リソースの使用を許可する\システム
暗号化フォルダーに移動されたファイルを自動的に暗号化しない\システム
Windows システムのシャットダウンのときに電源を切らない\システム
固定タイムスタンプを有効にする\システム
シャットダウン イベントの追跡ツールのシステム状態データ機能をアクティブにする\システム
シャットダウン イベントの追跡ツールを表示する\システム
ログオン時に [サーバーの役割管理] ページを表示しない\システム
オプション コンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を指定する\システム
HTML ヘルプの実行可能ファイルのデータ実行防止をオフにする\システム
安全ではない可能性のある HTML ヘルプ機能を指定のフォルダーに制限する\システム
ヘルプからの起動を制限するプログラムを指定する\システム
起動/シャットダウン/ログオン/ログオフの状態メッセージを削除する\システム
詳細な状態メッセージを表示する\システム
Windows Service Pack のインストール ファイルの場所を指定する\システム
Windows のインストール ファイルの場所を指定する\システム
ネットワークを使用した通知をオフにする\タスク バーと [スタート] メニュー\通知
スタート メニューのショートカット メニューを無効にする\タスク バーと [スタート] メニュー
シャットダウン、再起動、スリープ、休止コマンドを削除してアクセスできないようにする\タスク バーと [スタート] メニュー
スタート メニューから [最近追加されたもの] の一覧を削除する\タスク バーと [スタート] メニュー
スタート画面のレイアウト\タスク バーと [スタート] メニュー
インストール時にアプリをスタートにピン留めする\タスク バーと [スタート] メニュー
BranchCache を有効にする\ネットワーク\BranchCache
BranchCache を分散キャッシュ モードに設定する\ネットワーク\BranchCache
BranchCache をホスト型キャッシュ モードに設定する\ネットワーク\BranchCache
サービス接続ポイントによるホスト型キャッシュの自動検出を有効にする\ネットワーク\BranchCache
ホスト型キャッシュ サーバーを構成する\ネットワーク\BranchCache
ネットワーク ファイルの BranchCache を構成する\ネットワーク\BranchCache
クライアント コンピューターのキャッシュに使用するディスク領域の割合を設定する\ネットワーク\BranchCache
データ キャッシュ内のセグメントの有効期間を設定する\ネットワーク\BranchCache
クライアントの BranchCache バージョンのサポートを構成する\ネットワーク\BranchCache
企業リソース\ネットワーク\DirectAccess クライアント エクスペリエンスの設定
カスタム コマンド\ネットワーク\DirectAccess クライアント エクスペリエンスの設定
IPsec トンネル エンドポイント\ネットワーク\DirectAccess クライアント エクスペリエンスの設定
フレンドリ名\ネットワーク\DirectAccess クライアント エクスペリエンスの設定
ローカル名の優先を許可\ネットワーク\DirectAccess クライアント エクスペリエンスの設定
DirectAccess パッシブ モード\ネットワーク\DirectAccess クライアント エクスペリエンスの設定
ユーザー インターフェイス\ネットワーク\DirectAccess クライアント エクスペリエンスの設定
サポート電子メール アドレス\ネットワーク\DirectAccess クライアント エクスペリエンスの設定
完全修飾ドメイン名の NetBT クエリを許可する\ネットワーク\DNS クライアント
非修飾複数ラベル名のクエリへの DNS サフィックスの追加を許可する\ネットワーク\DNS クライアント
接続固有の DNS サフィックス\ネットワーク\DNS クライアント
プライマリ DNS サフィックスのデボルブ レベル\ネットワーク\DNS クライアント
IDN エンコードをオフにする\ネットワーク\DNS クライアント
IDN マッピング\ネットワーク\DNS クライアント
DNS サーバー\ネットワーク\DNS クライアント
リンク ローカル応答をより優先順位の高いネットワーク経由で受信した場合に、DNS 応答よりリンク ローカル応答を優先する\ネットワーク\DNS クライアント
プライマリ DNS サフィックス\ネットワーク\DNS クライアント
DNS レコードを接続固有の DNS サフィックスに登録する\ネットワーク\DNS クライアント
PTR レコードを登録する\ネットワーク\DNS クライアント
動的更新\ネットワーク\DNS クライアント
競合するアドレスを置き換える\ネットワーク\DNS クライアント
登録の更新間隔\ネットワーク\DNS クライアント
A レコードと PTR レコードの TTL 値\ネットワーク\DNS クライアント
DNS サフィックス検索一覧\ネットワーク\DNS クライアント
スマート マルチホーム名前解決をオフにする\ネットワーク\DNS クライアント
スマート プロトコルの順序変更をオフにする\ネットワーク\DNS クライアント
セキュリティ レベルを更新する\ネットワーク\DNS クライアント
トップ レベルのドメイン ゾーンを更新する\ネットワーク\DNS クライアント
プライマリ DNS サフィックスのデボルブ\ネットワーク\DNS クライアント
マルチキャスト名前解決をオフにする\ネットワーク\DNS クライアント
暗号の順位\ネットワーク\LAN Manager サーバー
BranchCache のハッシュの発行\ネットワーク\LAN Manager サーバー
BranchCache のハッシュ バージョン サポート\ネットワーク\LAN Manager サーバー
暗号の順位を遵守する\ネットワーク\LAN Manager サーバー
暗号の順位\ネットワーク\Lanman ワークステーション
継続的可用性共有でのキャッシュを処理します\ネットワーク\Lanman ワークステーション
安全でないゲスト ログオンを有効にする\ネットワーク\Lanman ワークステーション
継続的可用性共有上のオフライン ファイルの可用性\ネットワーク\Lanman ワークステーション
マッパーの I/O (LLTDIO) ドライバーを有効にする\ネットワーク\Link-Layer Topology Discovery
レスポンダー (RSPNDR) ドライバーを有効にする\ネットワーク\Link-Layer Topology Discovery
マルチキャスト ブートストラップをオフにする\ネットワーク\Microsoft ピア ツー ピア ネットワーク サービス\Peer Name Resolution Protocol\グローバル クラウド
PNRP クラウド作成をオフにする\ネットワーク\Microsoft ピア ツー ピア ネットワーク サービス\Peer Name Resolution Protocol\グローバル クラウド
PNRP クラウドを解決のみに設定する\ネットワーク\Microsoft ピア ツー ピア ネットワーク サービス\Peer Name Resolution Protocol\グローバル クラウド
シード サーバーの設定\ネットワーク\Microsoft ピア ツー ピア ネットワーク サービス\Peer Name Resolution Protocol\グローバル クラウド
マルチキャスト ブートストラップをオフにする\ネットワーク\Microsoft ピア ツー ピア ネットワーク サービス\Peer Name Resolution Protocol\サイト ローカル クラウド
PNRP クラウド作成をオフにする\ネットワーク\Microsoft ピア ツー ピア ネットワーク サービス\Peer Name Resolution Protocol\サイト ローカル クラウド
PNRP クラウドを解決のみに設定する\ネットワーク\Microsoft ピア ツー ピア ネットワーク サービス\Peer Name Resolution Protocol\サイト ローカル クラウド
シード サーバーの設定\ネットワーク\Microsoft ピア ツー ピア ネットワーク サービス\Peer Name Resolution Protocol\サイト ローカル クラウド
マルチキャスト ブートストラップをオフにする\ネットワーク\Microsoft ピア ツー ピア ネットワーク サービス\Peer Name Resolution Protocol\リンク ローカル クラウド
PNRP クラウド作成をオフにする\ネットワーク\Microsoft ピア ツー ピア ネットワーク サービス\Peer Name Resolution Protocol\リンク ローカル クラウド
PNRP クラウドを解決のみに設定する\ネットワーク\Microsoft ピア ツー ピア ネットワーク サービス\Peer Name Resolution Protocol\リンク ローカル クラウド
シード サーバーの設定\ネットワーク\Microsoft ピア ツー ピア ネットワーク サービス\Peer Name Resolution Protocol\リンク ローカル クラウド
ピアのグループ化用パスワードの安全性検証を無効にする\ネットワーク\Microsoft ピア ツー ピア ネットワーク サービス
Microsoft ピア ツー ピア ネットワーク サービスをオフにする\ネットワーク\Microsoft ピア ツー ピア ネットワーク サービス
サービスの種類 : Best effort\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ\レイヤー 2 の優先値
サービスの種類 : Controlled Load\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ\レイヤー 2 の優先値
サービスの種類 : Guaranteed\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ\レイヤー 2 の優先値
サービスの種類 : Network control\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ\レイヤー 2 の優先値
一致しないパケット\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ\レイヤー 2 の優先値
サービスの種類 : Qualitative\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ\レイヤー 2 の優先値
サービスの種類 : Best effort\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ\一致しないパケットの DSCP 値
サービスの種類 : Controlled Load\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ\一致しないパケットの DSCP 値
サービスの種類 : Guaranteed\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ\一致しないパケットの DSCP 値
サービスの種類 : Network control\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ\一致しないパケットの DSCP 値
サービスの種類 : Qualitative\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ\一致しないパケットの DSCP 値
サービスの種類 : Best effort\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ\一致するパケットの DSCP 値
サービスの種類 : Controlled Load\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ\一致するパケットの DSCP 値
サービスの種類 : Guaranteed\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ\一致するパケットの DSCP 値
サービスの種類 : Network control\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ\一致するパケットの DSCP 値
サービスの種類 : Qualitative\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ\一致するパケットの DSCP 値
未処理のパケットを制限する\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ
予約可能な帯域幅を制限する\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ
タイマーの解決を設定する\ネットワーク\QoS パケット スケジューラ
コミュニティを指定する\ネットワーク\SNMP
許可されたマネージャーを指定する\ネットワーク\SNMP
パブリック コミュニティのトラップを指定する\ネットワーク\SNMP
SSL 暗号の順位\ネットワーク\SSL 構成設定
ECC 曲線の順位\ネットワーク\SSL 構成設定
6to4 リレー名を設定する\ネットワーク\TCPIP 設定\IPv6 移行テクノロジ
6to4 リレー名の解決の間隔を設定する\ネットワーク\TCPIP 設定\IPv6 移行テクノロジ
6to4 状態を設定する\ネットワーク\TCPIP 設定\IPv6 移行テクノロジ
IP-HTTPS 状態を設定する\ネットワーク\TCPIP 設定\IPv6 移行テクノロジ
ISATAP ルーター名を設定する\ネットワーク\TCPIP 設定\IPv6 移行テクノロジ
ISATAP 状態を設定する\ネットワーク\TCPIP 設定\IPv6 移行テクノロジ
Teredo クライアント ポートを設定する\ネットワーク\TCPIP 設定\IPv6 移行テクノロジ
Teredo 既定で有効化を設定する\ネットワーク\TCPIP 設定\IPv6 移行テクノロジ
Teredo 更新間隔を設定する\ネットワーク\TCPIP 設定\IPv6 移行テクノロジ
Teredo サーバー名を設定する\ネットワーク\TCPIP 設定\IPv6 移行テクノロジ
Teredo 状態を設定する\ネットワーク\TCPIP 設定\IPv6 移行テクノロジ
IP ステートレス自動構成の制限の状態を設定する\ネットワーク\TCPIP 設定\パラメーター
ウィンドウ スケーリング ヒューリスティックの状態を設定する\ネットワーク\TCPIP 設定\パラメーター
Wi