優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

タスクスケジューラを簡単に一斉配布!GPOでマスターしよう

「Windowsのタスクスケジューラを各端末に一斉配布したいけれど、どうすればいいの?」そんなお悩みを抱えている方に朗報です!この記事では、グループポリシー(GPO)を使ってタスクスケジューラを効率的に一斉配布する方法をわかりやすく解説します。初心者でも安心して取り組めるよう、具体的な手順や設定方法についても詳しく紹介しています。ぜひ一度ご覧になって、IT管理のスキルアップを図りましょう!

目次

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は以下の記事で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

GPOの設定

グループポリシー管理エディターより「タスク」を開きます。

・ユーザーの構成 OR コンピューターの構成
・・基本設定
・・・コントロールパネルの設定
・・・・タスク

右クリック→新規作成→タスク(Windows7以降)を選択 ※一番上のタスクは上手くいかなかった

検証では、ログオン時にIEを自動起動させるタスクスケジューラを配布したいと思います。

<全般タブ>
操作:更新を選択
名前:IE起動(なんでも良い)
その他はデフォルトでOK

<トリガータブ>
タスクの開始:ログオン時
その他はデフォルトでOK

<操作タブ>
操作:プログラムの開始
プログラム:\\SV1\storageA\bat\IE起動.bat  ※作成済のIE起動バッチのパスで、配布予定のクライアントPCから接続可能なこと

<条件タブ>以降については任意です。実施したいタスクスケジューラや環境に応じて設定してください。

クライアントPCでの確認

クライアントPCでGPOが割り当てられたのか確認をしてみます。

コンピュータの管理からタスクスケジューラを見てみると、タスクスケジューラ「IE起動」が追加されます。成功です。

まとめ

この記事では、グループポリシー(GPO)を活用してタスクスケジューラを効率的に一括管理する方法を解説しました。具体的な設定方法や手順についても詳しく紹介し、初心者でも実践できるように配慮しています。GPOとタスクスケジューラを上手く組み合わせることで、IT管理業務の効率化や時短を実現することが可能です。ぜひ今回学んだ知識を活用し、スムーズなIT管理を実現してください。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次