ITフリーランス向け業務委託案件の紹介サービス「ココナラ」詳細はこちら

GPO(グループポリシー)でタスクスケジューラを一斉配布する方法|てかマジ簡単だから

本記事では、グループポリシーでタスクスケジューラを一斉配布する方法を解説します。

目次

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

GPOの設定

グループポリシー管理エディターより「タスク」を開きます。

・ユーザーの構成 OR コンピューターの構成
・・基本設定
・・・コントロールパネルの設定
・・・・タスク

右クリック→新規作成→タスク(Windows7以降)を選択 ※一番上のタスクは上手くいかなかった

検証では、ログオン時にIEを自動起動させるタスクスケジューラを配布したいと思います。

<全般タブ>
操作:更新を選択
名前:IE起動(なんでも良い)
その他はデフォルトでOK

<トリガータブ>
タスクの開始:ログオン時
その他はデフォルトでOK

<操作タブ>
操作:プログラムの開始
プログラム:\\SV1\storageA\bat\IE起動.bat  ※作成済のIE起動バッチのパスで、配布予定のクライアントPCから接続可能なこと

<条件タブ>以降については任意です。実施したいタスクスケジューラや環境に応じて設定してください。

クライアントPCでの確認

クライアントPCでGPOが割り当てられたのか確認をしてみます。

コンピュータの管理からタスクスケジューラを見てみると、タスクスケジューラ「IE起動」が追加されます。成功です。

ここ最近、筆者は仕事と子育てに追われています。その中で、学びをスケジュールに組み込むために、Amazonが提供する本を聴くことができるサービス「Audible」を使い始めました。旅行や家事や運動、お風呂の時間などに本を取り入れることで、知識欲を満たすことができています。2カ月間無料で利用できますので試してみてはいかがでしょうか。

筆者もやってます!副業してインフレ対策するならクラウドリンクスに登録

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次