GPOで「ファイル名拡張子」にチェックを入れる方法|拡張子を表示させる

グループポリシー(GPO)でファイル名の拡張子を表示させる方法を解説します。セキュリティを考えると拡張子を表示させた方が安全ですがWindowsのデフォルト設定(下図)では、拡張子が非表示となっているのでGPOで変更するのが望ましいです。



グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

GPOの設定

フォルダーオプションの設定を変更します。

<パス>

ユーザーの構成¥基本設定¥フォルダーオプション

フォルダーオプションを右クリック → 新規作成 → フォルダーオプション

「登録されていない拡張子は表示しない」のチェックを外します。

拡張子が表示されたか確認する。

パソコンを再起動するか、コマンドで[gpupdate /force]を打ち込んでポリシーを反映させます。

フォルダーの表示タブを開くと、「ファイル名拡張子」にチェックが入っていることが分かります。これで拡張子が表示されるようになりました。

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。