Windows10の今すぐ会議アイコンをGPOで全ユーザーの端末から完全削除する方法

Windows10のタスクバーの今すぐ会議アイコンをGPOで完全削除して設定できないようにする方法を解説します。今すぐ会議アイコンはSkypeのショートカットという殆どの方にとっては不要な機能です。

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

今すぐ会議アイコンとは

今すぐ会議アイコンとSkypeをいきなり始められるWindows10の標準機能です。

「[今すぐ会議]アイコンを削除する」を有効にする

以下のパスにある「 [今すぐ会議]アイコンを削除する」を開いてください

ユーザーの構成 > ポリシー > 管理テンプレート > システム > タスクバーと[スタートメニュー > [今すぐ会議]アイコンを削除する

「 [今すぐ会議]アイコンを削除する」を未構成から有効にしてください。

このポリシー設定では、システムコントロール領域から [今すぐ会議] アイコンを削除できます。

このポリシー設定を有効にした場合、[今すぐ会議] アイコンがシステム通知領域に表示されません。

このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、[今すぐ会議] アイコンがシステム通知領域に表示されます。

ポリシーの説明

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。