グループポリシー(GPO)でWindows同期センターのオフラインファイルを無効にする方法

グループポリシー(GPO)でWindows同期センターのオフラインファイルを無効にする方法を解説します。



グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

GPOの設定

「オフライン ファイルの機能の使用を許可または禁止する」ポリシーを開きます。ユーザーの構成には、このポリシーがありません、従ってPC毎の設定になります。

<パス>

コンピューターの構成¥ポリシー¥管理テンプレート¥ネットワーク¥オフライン ファイル¥オフライン ファイルの機能の使用を許可または禁止する

「未構成」を「無効」に変更します。

パソコンを再起動して確認

パソコンを再起動してオフラインファイルが無効になっていることを確認しましょう。

このポリシーは2回再起動する必要があります。

確認する場所は以下です。

コントロールパネル>同期センター>オフライン ファイルの管理

「オフラインファイルは現在無効です。」と表示され有効にすることもできません。成功です。

あなたにオススメの関連記事

1件の返信

  1. 2020年7月10日

    […] 前の記事 グループポリシー(GPO)でWindows同期センターのオフラインファイルを無効にする方法 […]

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。