GPOでOneDriveのアップロード速度とダウンロート速度を固定速度にして帯域圧迫を防ぐ方法

2021年10月4日

OneDriveにローカルデータを同期させる場合に制限をしないと帯域を圧迫する恐れがあります。本記事では、グループポリシーで同期時のアップロード速度とダウウンロード速度を固定値にする方法を解説します。

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

OneDriveのポリシーをGPOに追加する

GPOのデフォルトには、OneDrive関連のポリシーがありません、以下の記事を参考にGPOでOneDrive関連のポリシーが利用できるように設定してください。

グループポリシー(GPO)でMicrosoft OneDriveを管理する方法|管理テンプレートの追加

OneDrive設定時のアニメーション効果を無効にするGPOの設定

アップロードとダウンロードを制御できるポリシーとして以下の二つの設定変更をします。

<パス>

ユーザーの構成¥ポリシー¥管理テンプレート¥OneDrive¥

<ポリシー>

1.同期アプリのダウンロード速度を固定速度に制限する

2.同期アプリのアップロード速度を固定速度に制限する

・それぞれのポリシーで未構成を有効にします。

・帯域幅に固定値を入れます。

ユーザー側での確認

GPOを適用して確認をしてみました。ちなみにgpupdate /force コマンドでは適用されなかったため、クライアントを再起動しました。

OneDriveの設定からネットワークタブを開くと、固定速度となって変更ができないようになっていました。成功です。

グループポリシー管理用テンプレート一覧

グループポリシー管理用テンプレートはMicrosoft OfficeやZoom等様々なアプリケーションで用意されています。以下の記事で一覧として纏めましたので良ければご参照ください。活用することでシステム管理が容易になります。

グループポリシー管理用テンプレート一覧(admx,admxl,admファイル)|Officeだけじゃないよ