GPOでアクセス許可の変更を禁止する方法(セキュリティタブを削除する)

2021年10月4日

本記事では、GPOでアクセス許可の追加・変更・削除を禁止する方法を解説します。プロパティのセキュリティタブを非表示にすることでアクセス許可の追加・変更・削除をできないように制御をします。

   

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

GPOの設定

グループポリシー管理エディターから「セキュリティタブを削除する」を開いてください。

・ユーザーの構成
・・ポリシー
・・・管理用テンプレート
・・・・Windowsコンポーネント
・・・・・エクスプローラー

未構成を有効にするだけです。

<詳細説明>

エクスプローラーから [セキュリティ] タブを削除します。

この設定を有効にした場合、フォルダー、ファイル、ショートカット、ドライブなどすべてのファイル システム オブジェクトのプロパティを開いても、[セキュリティ] タブにはアクセスできなくなります。この結果、ユーザーはセキュリティ設定を変更することも、問題のリソースにアクセス許可があるユーザーの一覧を参照することもできなります。

この設定を無効にした場合、または構成しなかった場合は、ユーザーは [セキュリティ] タブへアクセスできます。

検証

GPOを適用して、ファイルのプロパティを開いてみましょう。適用前にあるセキュリティタブが削除されています。

1時間で1万円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法

現在、ITトレンドで普段お使いのWeb会議やチャットツール等の業務システムのレビューをするだけで1レビューにつき1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者も10個のレビューを書き1時間以内に1万円分のAmazonギフト券をゲットしました。

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ