Skype for Businessをグループポリシー(GPO)で一元管理する方法

Skype for Businessの設定をグループポリシー(GPO)で一元管理する方法を解説します。Skype for Businessは高機能が故に設定項目が沢山ありますので、GPOで制御しておくと非常に運用が楽になります。

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

Skype for BusinessをGPOで扱えるようにする

グループポリシーの中には、標準でSkype for Businessが含まれていません。そこで、Microsoft公式サイトから管理テンプレートをダウンロードして、ADに適用させる必要があります。

以下記事を参考に実施してみてください、覚えてしまえば簡単です。

グループポリシー(GPO)でOffice 2019, Office 2016, Office365 ProPlusを管理する方法|管理テンプレートの追加

※Skype for BusinessはMicrosoftのアプリです。

Skype for Businessの適用確認

適用の確認をしてみましょう。

グループポリシー管理エディターの直下に、Skype for Business2016が追加されていました。成功です。

以下内容の設定が可能です。

Microsoft Lync の実行を防止する
SIP セキュリティ モードを構成する
SIP の圧縮モードを構成する
SIP 接続の HTTP フォールバックを無効にする
アドレス帳サービス ファイルをダウンロードするため BITS の使用を有効にする
グローバル アドレス帳のダウンロード開始遅延
サーバーのバージョン チェックを無効にする
サーバーを指定する
サインイン失敗ログの自動アップロードを無効にする
サポートされているその他のサーバー バージョン
ユーザー パスワードの保存を許可する
ログオン資格情報を必要とする
信頼されたドメインの一覧

グループポリシー管理用テンプレート一覧

グループポリシー管理用テンプレートはWeb上のいたるところに散らばっています。その中にはビックリするようなアプリケーションも含まれています。以下の記事で一覧として纏めましたので良ければご参照ください。

グループポリシー管理用テンプレート一覧(admx,admxl,admファイル)|Officeだけじゃないよ

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。