Windows10の右下に出るウザイ通知をGPOで全ユーザーの端末で無効にする方法

Windows10では、アプリやOSからのプッシュ型の通知が画面右下に表示されます。トースト通知という名前がついていますが、正直出なくてよい。ということで、本記事では全ユーザーの端末でトースト通知を無効にする方法を解説します。

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

「トースト通知をオフにする」を有効にする

以下のパスにある「トースト通知をオフにする」を開いてください

ユーザーの構成 > ポリシー > 管理テンプレート > システム > タスクバーと[スタートメニュー > 通知 > トースト通知をオフにする

「トースト通知をオフにする」を未構成から有効にしてください。

このポリシー設定は、アプリケーションのトースト通知をオフにします。

このポリシー設定を有効にした場合、アプリケーションはトースト通知を表示できません。

このポリシーは、タスク バーの通知バルーンには影響しません。

Windows システムの機能はこのポリシーの影響を受けません。 システムの機能がトースト通知を表示しないようにするには、システムの機能を個別に有効または無効にする必要があります。

このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合、トースト通知が有効になり、管理者またはユーザーが通知をオフにできます。

このポリシー設定を有効にするために、再起動したり、サービスを再開したりする必要はありません。

ポリシーの説明

トースト通知がオフになっていることの確認

ポリシーを適用すると、以下のように通知とアクションの「アプリやその他の送信者からの通知を取得する」が無効になっています。そして、変更することができません。

アプリ別の通知のオンオフも全てグレーアウトされます。

これでいかなるアプリからの通知も出なくなります。

あなたにオススメの関連記事

1件の返信

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。