優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Windowsコマンドプロンプトでリモートコンピュータの再起動を自動化する方法

この記事では、Windowsのコマンドプロンプトを使って、リモートコンピュータの再起動を自動的に行うバッチファイルの作成方法について解説します。具体的なコード例とその詳細な解説、応用例を含めて紹介します。

目次

コマンドプロンプトとは?

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムにおいて、ユーザーがコンピュータにテキストベースの「コマンド」を入力して直接操作するためのインターフェースです。このコマンドは、特定の操作を行うための指示や命令をコンピュータに伝えるもので、ファイルの操作、システム設定の変更、ネットワークの管理など、様々なタスクを実行することが可能です。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の前身として、初期のコンピュータシステムで主に使用されていましたが、今日でも多くの専門家や上級ユーザーが高度なタスクを効率的に実行するためにコマンドプロンプトを使用しています。

基本的なバッチファイルの作成

まず、リモートコンピュータの再起動を自動実行する基本的なバッチファイルの作成方法を紹介します。

@echo off
shutdown -m \\リモートコンピュータ名 -r -t 0

コードの解説

上記のコードは、指定したリモートコンピュータを再起動するためのものです。

– `@echo off` : このコマンドは、コマンドプロンプトの画面にコマンドの実行結果を表示しないようにするものです。
– `shutdown` : シャットダウンや再起動を実行するコマンド。
– `-m \\リモートコンピュータ名` : 操作対象のリモートコンピュータを指定します。
– `-r` : 再起動を意味するオプション。
– `-t 0` : 再起動までの時間を0秒に設定しています。

応用例

応用例1: 特定の時間に再起動する

特定の時間にリモートコンピュータを再起動するためのスクリプト例を紹介します。

@echo off
at 22:00 shutdown -m \\リモートコンピュータ名 -r -t 0

解説

– `at 22:00` : 22時に指定のコマンドを実行するためのスケジューラコマンド。

応用例2: 再起動前に警告メッセージを表示する

@echo off
msg * /server:リモートコンピュータ名 "5分後に再起動します"
timeout /t 300
shutdown -m \\リモートコンピュータ名 -r -t 0

解説

– `msg * /server:リモートコンピュータ名` : リモートコンピュータにメッセージを送るコマンド。
– `timeout /t 300` : 300秒(5分)待機します。

応用例3: 特定の条件で再起動を中止する

@echo off
if exist "\\リモートコンピュータ名\C$\path\to\file.txt" exit
shutdown -m \\リモートコンピュータ名 -r -t 0

解説

– `if exist “\\リモートコンピュータ名\C$\path\to\file.txt” exit` : 指定のファイルが存在する場合、スクリプトを終了します。

応用例4: 一括で複数のリモートコンピュータを再起動する

@echo off
for %%i in (PC1 PC2 PC3) do (
    shutdown -m \\%%i -r -t 0
)

解説

– `for %%i in (PC1 PC2 PC3) do` : 複数のコンピュータ名を一括で指定して、それぞれに対してコマンドを実行します。

まとめ

コマンドプロンプトを利用することで、リモートコンピュータの再起動を簡単に自動化できることがわかりました。これを機に、コマンドプロンプトを活用して様々な作業を効率化してみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントする

目次