BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

Windowsコマンドプロンプトでソフトウェアやパッチの自動更新をする方法

この記事では、Windowsのコマンドプロンプトを使用して、最新のソフトウェアやパッチを自動的にダウンロードしてインストールする方法について詳しく解説します。具体的なコードとその詳細な解説、応用例を含めて紹介します。

目次

コマンドプロンプトとは?

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムにおいて、ユーザーがコンピュータにテキストベースの「コマンド」を入力して直接操作するためのインターフェースです。このコマンドは、特定の操作を行うための指示や命令をコンピュータに伝えるもので、ファイルの操作、システム設定の変更、ネットワークの管理など、様々なタスクを実行することが可能です。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の前身として、初期のコンピュータシステムで主に使用されていましたが、今日でも多くの専門家や上級ユーザーが高度なタスクを効率的に実行するためにコマンドプロンプトを使用しています。

コマンドプロンプトでの自動アップデートの基本

Windows OSには、システムのアップデートやソフトウェアのインストールを自動化するためのコマンドが多数用意されています。特に`wmic`や`powershell`コマンドを使用することで、これらのタスクを効率的に行うことができます。

基本的なアップデートコマンド

最も基本的なWindows Updateの実行コマンドは以下の通りです。

UsoClient.exe startscan

このコマンドを実行すると、Windows Updateが手動でスキャンを開始し、利用可能な更新プログラムを検出します。

自動でのソフトウェア・パッチのダウンロードとインストール

自動的にソフトウェアやパッチをダウンロードしてインストールするには、PowerShellを活用します。

PowerShellを使用したアップデートの自動実行

powershell.exe -Command "Install-WindowsUpdate -AcceptAll -AutoReboot"

このコマンドは、利用可能なすべてのWindows Updateをインストールし、必要に応じて自動的に再起動します。

応用例

コマンドプロンプトやPowerShellを活用すれば、さまざまな応用が可能です。以下にその例をいくつか紹介します。

特定のアップデートのみをインストール

powershell.exe -Command "Install-WindowsUpdate -KBArticleID KBxxxxxx -AcceptAll -AutoReboot"

このコマンドで、指定したKBArticleID(KBxxxxxx部分)の更新プログラムのみをインストールすることができます。

自動アップデートをスケジュール設定

タスクスケジューラを使用して、特定の日時に自動アップデートを実行することも可能です。

schtasks /create /tn "AutoUpdate" /tr "UsoClient.exe startscan" /sc daily /st 03:00:00

このコマンドは、毎日午前3時にWindows Updateのスキャンを自動実行するタスクを作成します。

アップデートの履歴を表示

powershell.exe -Command "Get-HotFix"

このコマンドを使用すると、インストールされたアップデートのリストを表示できます。

特定のアップデートをアンインストール

wusa /uninstall /kb:KBxxxxxx

このコマンドで、指定したKBArticleIDの更新プログラムをアンインストールします。

まとめ

WindowsのコマンドプロンプトやPowerShellは、システムのアップデートやソフトウェアのインストールを自動化するための強力なツールです。これを機に、コマンドプロンプトを使ってより高度なシステム管理を行ってみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントする

目次