Amazon Prime 感謝祭 10/14,15詳細はコチラ

Windowsコマンドプロンプトで複数のファイル名を一括リネームする方法

Windowsのコマンドプロンプトは、数多くのタスクを簡単に効率的に行うための強力なツールです。その中でも、ファイルの一括リネームは日常の業務や作業を大いに助ける機能と言えるでしょう。この記事では、Windowsのコマンドプロンプトを用いて、複数のファイル名を一括でリネームする方法を詳しく説明します。応用例を交えながら、具体的なコードとその解説を行います。

目次

コマンドプロンプトとは?

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムにおいて、ユーザーがコンピュータにテキストベースの「コマンド」を入力して直接操作するためのインターフェースです。このコマンドは、特定の操作を行うための指示や命令をコンピュータに伝えるもので、ファイルの操作、システム設定の変更、ネットワークの管理など、様々なタスクを実行することが可能です。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の前身として、初期のコンピュータシステムで主に使用されていましたが、今日でも多くの専門家や上級ユーザーが高度なタスクを効率的に実行するためにコマンドプロンプトを使用しています。

基本的な一括リネームの方法

コマンドプロンプトを使ってファイル名を一括で変更するための基本的なコマンドは以下の通りです。

このコマンドは、カレントディレクトリ内のすべての.jpgファイルの拡張子を.pngに変更します。

コマンドの詳細解説

rename はファイル名を変更するためのコマンドです。
*.jpg は、現在のディレクトリに存在するすべての.jpgファイルを指定しています。
*.png は、変更後の拡張子を示しています。

応用例1:特定の文字列を含むファイル名を変更

以下のコマンドは、ファイル名に “old” という文字列が含まれるすべての.txtファイルを、”new” という文字列に置き換えます。

応用例2:日付をファイル名に追加

以下のコマンドは、現在の日付をファイル名の前に追加します。

応用例3:連番を付与してリネーム

以下のコマンドは、すべての.jpgファイルに連番を付与してリネームします。

応用例4:特定の条件を満たすファイルのみリネーム

例えば、サイズが1MBを超えるすべての.jpgファイルの名前の先頭に “large_” を追加したい場合、以下のようなコマンドを使用できます。

まとめ

Windowsのコマンドプロンプトを活用すれば、多数のファイルのリネーム作業も簡単に、効率的に行うことができます。上記の方法や応用例を参考に、日常の作業をよりスムーズに進めることができるでしょう。

コメント

コメントする

目次