優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

Windowsコマンドプロンプトで特定のドライバの詳細情報を確認する方法

この記事では、Windowsコマンドプロンプトを使用して、特定のドライバの詳細情報を確認する方法について詳しく解説します。具体的なコード例とその解説、さらにその応用例を取り上げます。この知識を身につけることで、システムの運用や管理が一層容易になるでしょう。

目次

コマンドプロンプトとは?

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムにおいて、ユーザーがコンピュータにテキストベースの「コマンド」を入力して直接操作するためのインターフェースです。このコマンドは、特定の操作を行うための指示や命令をコンピュータに伝えるもので、ファイルの操作、システム設定の変更、ネットワークの管理など、様々なタスクを実行することが可能です。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の前身として、初期のコンピュータシステムで主に使用されていましたが、今日でも多くの専門家や上級ユーザーが高度なタスクを効率的に実行するためにコマンドプロンプトを使用しています。

特定のドライバの情報を確認する基本的な方法

wmic path win32_pnpsigneddriver where "DeviceID like '%{インスタンスID}%'" get driverversion

上記のコマンドは、指定したインスタンスIDを持つドライバのバージョン情報を取得します。`wmic`はWindows Management Instrumentation Command-lineの略で、Windowsのシステム情報を操作やクエリするためのコマンドです。`win32_pnpsigneddriver`はプラグアンドプレイドライバの情報を参照するためのクラスを指定しています。

コードの詳細解説

1. `wmic path win32_pnpsigneddriver`: WMICを使用して、win32_pnpsigneddriverというクラスの情報をクエリします。
2. `where “DeviceID like ‘%{インスタンスID}%'”`: DeviceIDが指定したインスタンスIDを含むデータをフィルタリングします。
3. `get driverversion`: ドライバのバージョン情報のみを取得します。

応用例

応用例1: すべてのドライバのバージョン情報をリストアップ

wmic path win32_pnpsigneddriver get deviceid, driverversion

このコマンドは、システム上のすべてのドライバのデバイスIDとバージョン情報を一覧表示します。

応用例2: サウンドカードのドライバ情報を確認

wmic path win32_pnpsigneddriver where "DeviceName like '%audio%'" get driverversion

サウンドカードのドライバ情報を特定して取得します。`DeviceName`に”audio”という文字列が含まれるものを対象としています。

応用例3: 最新のドライバのみを取得

wmic path win32_pnpsigneddriver where "driverversion > '10.0.0'" get deviceid, driverversion

10.0.0より新しいバージョンのドライバを取得します。

応用例4: 署名されていないドライバを確認

wmic path win32_pnpsigneddriver where "IsSigned='FALSE'" get deviceid, driverversion

このコマンドは、署名されていないドライバを特定します。これはセキュリティリスクがあるため、確認と対処が必要です。

まとめ

WMICを使用して、特定のドライバの情報やその他の関連情報を簡単に取得することができます。これを機に、コマンドプロンプトを使ってより高度なシステム管理を行ってみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントする

目次