優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Windowsコマンドプロンプトで複数のフォルダを一度に削除する方法

Windowsのコマンドプロンプトを使うことで、手動での操作よりも効率的に複数のフォルダを一度に削除することができます。この記事では、その手順と応用例を詳しく解説します。

目次

コマンドプロンプトとは?

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムにおいて、ユーザーがコンピュータにテキストベースの「コマンド」を入力して直接操作するためのインターフェースです。このコマンドは、特定の操作を行うための指示や命令をコンピュータに伝えるもので、ファイルの操作、システム設定の変更、ネットワークの管理など、様々なタスクを実行することが可能です。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の前身として、初期のコンピュータシステムで主に使用されていましたが、今日でも多くの専門家や上級ユーザーが高度なタスクを効率的に実行するためにコマンドプロンプトを使用しています。

基本的なフォルダ削除コマンド

コマンドプロンプトでフォルダを削除するための基本的なコマンドは「rmdir」や「rd」というコマンドです。以下のように使用します。

rmdir /s /q フォルダのパス

– /s: フォルダとその中の全てのサブフォルダ・ファイルを削除するオプション
– /q: 削除の確認を求められることなく、静かに(Quiet)削除するオプション
– フォルダのパス: 削除したいフォルダのパスを指定します。

複数のフォルダを一度に削除する方法

フォルダが複数ある場合、一度に削除するためにはバッチ処理を利用します。以下はその例です。

@echo off
rem 以下の各行に、削除したいフォルダのパスを指定
rmdir /s /q C:\example\folder1
rmdir /s /q C:\example\folder2
rmdir /s /q C:\example\folder3

このスクリプトを「delete_folders.bat」として保存し、実行することで指定したフォルダを一度に削除できます。

バッチファイルの作成方法

1. メモ帳を開きます。
2. 上記のコードをコピーして貼り付けます。
3. 「ファイル」メニューから「名前を付けて保存」を選択します。
4. ファイル名を「delete_folders.bat」として、保存タイプを「すべてのファイル」に設定して保存します。

応用例

1. 特定の文字列を含むフォルダのみを削除

フォルダ名に特定の文字列が含まれる場合のみ、そのフォルダを削除する場合のコードは以下のようになります。

for /d %%i in (*特定の文字列*) do rmdir /s /q "%%i"

2. 特定の日付より古いフォルダを削除

以下のコードは、作成日が30日以上前のフォルダのみを削除する例です。

forfiles -p "フォルダのパス" -s -m * -d -30 -c "cmd /c if @isdir==TRUE rmdir /s /q @path"

3. 特定の容量を超えるフォルダを削除

特定のサイズ以上のフォルダのみを削除する方法は、外部ツールを使用する必要があります。例えば、PowerShellを利用してこのような処理を行うことができます。

4. 空のフォルダを削除

内容がない空のフォルダのみを削除する場合のコードは以下のようになります。

for /d %%i in (*) do rmdir /q "%%i"

まとめ

Windowsのコマンドプロンプトは、複雑な操作をスクリプトで自動化するための強力なツールです。上述した方法を参考にして、効率的に複数のフォルダを一度に削除してみてください。コマンドの使用には注意が必要ですので、削除操作を行う前には必ずバックアップを取るなどの予防策を講じてください。

コメント

コメントする

目次