優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

Windowsコマンドプロンプトでネットワークドライブの接続を切断する方法

Windowsのコマンドプロンプトを利用すると、様々なタスクを自動化したり、管理作業を効率化したりすることが可能です。特にネットワーク環境での作業において、コマンドラインからの操作は非常に力を発揮します。この記事では、マップされたネットワークドライブの接続を切断する処理について詳しく解説します。

目次

コマンドプロンプトとは?

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムにおいて、ユーザーがコンピュータにテキストベースの「コマンド」を入力して直接操作するためのインターフェースです。このコマンドは、特定の操作を行うための指示や命令をコンピュータに伝えるもので、ファイルの操作、システム設定の変更、ネットワークの管理など、様々なタスクを実行することが可能です。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の前身として、初期のコンピュータシステムで主に使用されていましたが、今日でも多くの専門家や上級ユーザーが高度なタスクを効率的に実行するためにコマンドプロンプトを使用しています。

基本的なコマンドとその説明

マップされたネットワークドライブの接続を切断するための基本的なコマンドは以下のとおりです。

net use ドライブレター: /delete

このコマンドは「net use」コマンドを使用して、特定のドライブレターに関連付けられたネットワークドライブの接続を切断するためのものです。「/delete」オプションを付けることで接続の切断が可能になります。

具体的な使用例とその解説

例えば、Zドライブとしてマップされたネットワークドライブの接続を切断する場合、以下のコマンドを実行します。

net use Z: /delete

このコマンドを実行すると、Zドライブの接続が切断されます。

接続されている全てのネットワークドライブを切断する方法

複数のネットワークドライブが接続されている場合、一括で全ての接続を切断したい場合もあるでしょう。その場合は以下のコマンドを使用します。

net use * /delete

このコマンドで、接続されている全てのネットワークドライブの接続が切断されます。

応用例

特定の条件を満たすドライブのみ接続を切断する

条件を指定して特定のドライブのみ接続を切断する場合、以下のようなバッチファイルを作成します。

for /f "tokens=2" %%i in ('net use ^| find "特定の文字列"') do net use %%i /delete

特定のエラーメッセージが表示された場合に接続を切断する

ネットワークドライブへのアクセス時に特定のエラーメッセージが表示された場合に、接続を切断するバッチファイルの例です。

net use Z: 2>&1 | find "エラーメッセージ" && net use Z: /delete

定期的に接続を確認し、失敗した場合に再接続する

定期的にネットワークドライブの接続を確認し、接続が失敗した場合に再接続するバッチファイルの例です。

@echo off
:loop
net use Z: | find "接続はありません" > nul && (net use Z: /delete & net use Z: \\サーバー\共有)
timeout /t 60
goto loop

特定のアプリケーションが起動している間だけネットワークドライブを接続する

特定のアプリケーションが起動している間だけネットワークドライブを接続し、アプリケーションの終了とともに接続を切断するバッチファイルの例です。

@echo off
start アプリケーション.exe
net use Z: \\サーバー\共有
waitfor /si アプリケーション終了シグナル
net use Z: /delete

まとめ

コマンドプロンプトを使用することで、様々なネットワークドライブの接続・切断操作を効率的に行うことができます。上述した基本的なコマンドや応用例を参考に、自身の環境やニーズに合わせて活用してみてください。

コメント

コメントする

目次