優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Windowsコマンドプロンプトでdiskpartを使用したディスクパーティション管理方法

この記事では、Windowsのコマンドプロンプトを使用して、`diskpart`コマンドを利用してディスクのパーティションを管理する方法を解説します。具体的なコード例やその解説、さらに応用例をいくつか取り上げて、ディスク管理の実務に役立つ情報を提供します。

目次

コマンドプロンプトとは?

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムにおいて、ユーザーがコンピュータにテキストベースの「コマンド」を入力して直接操作するためのインターフェースです。このコマンドは、特定の操作を行うための指示や命令をコンピュータに伝えるもので、ファイルの操作、システム設定の変更、ネットワークの管理など、様々なタスクを実行することが可能です。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の前身として、初期のコンピュータシステムで主に使用されていましたが、今日でも多くの専門家や上級ユーザーが高度なタスクを効率的に実行するためにコマンドプロンプトを使用しています。

diskpartとは?

`diskpart`は、Windowsのコマンドプロンプトで利用できるツールの一つで、ディスクのパーティションを作成、削除、フォーマットなどの管理を行うことができます。GUIベースのディスク管理ツールと比べ、より高度な操作や自動化が可能です。

基本的な使用方法

まず、コマンドプロンプトを管理者権限で起動します。そして、`diskpart`コマンドを入力することで、diskpartプロンプトに移行します。

diskpart

使用可能なディスクの一覧表示

以下のコマンドで、システムに接続されているディスクの一覧を表示します。

list disk

ディスクの選択

特定のディスクを選択する場合、以下のコマンドを使用します。

select disk 0

上記の例では、ディスク0が選択されます。

応用例

新しいパーティションの作成

選択したディスク上に新しいパーティションを作成する場合、以下のコマンドを使用します。

create partition primary size=10000

このコマンドは、10GBのプライマリーパーティションを作成します。

パーティションのフォーマット

パーティションをNTFS形式でフォーマットする場合、以下のコマンドを使用します。

format fs=ntfs quick

パーティションの削除

選択したパーティションを削除する場合、以下のコマンドを使用します。

delete partition

ドライブレターの割り当てと削除

新しいドライブレターをパーティションに割り当てる場合や、割り当てられたドライブレターを削除する場合、以下のコマンドを使用します。

assign letter=D
remove letter=D

まとめ

`diskpart`コマンドは、Windowsでディスクのパーティション管理を行う強力なツールです。基本的な操作から応用まで、この記事で学んだ知識を元に、効率的なディスク管理を行いましょう。

コメント

コメントする

目次