優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Windowsコマンドプロンプトで重複ファイルを検索し削除する方法

この記事では、Windowsのコマンドプロンプトを使用して、重複しているファイルを検索し、削除する方法を紹介します。具体的なコード例とその解説、応用例を含めています。

目次

コマンドプロンプトとは?

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムにおいて、ユーザーがコンピュータにテキストベースの「コマンド」を入力して直接操作するためのインターフェースです。このコマンドは、特定の操作を行うための指示や命令をコンピュータに伝えるもので、ファイルの操作、システム設定の変更、ネットワークの管理など、様々なタスクを実行することが可能です。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の前身として、初期のコンピュータシステムで主に使用されていましたが、今日でも多くの専門家や上級ユーザーが高度なタスクを効率的に実行するためにコマンドプロンプトを使用しています。

基本的な方法

重複ファイルを検索し削除するための基本的なスクリプトを以下に示します。

for /r %i in (*) do (
  if exist "%~ni - コピー%~xi" del "%~ni - コピー%~xi"
)

このコードは、現在のディレクトリとそのサブディレクトリのすべてのファイルに対して実行され、”ファイル名 – コピー.拡張子”という名前の重複ファイルがある場合に削除します。

コードの詳細解説

上記のコードの主な機能について、詳しく解説します。

– `for /r %i in (*)`:現在のディレクトリおよびサブディレクトリ内のすべてのファイルに対してループを行います。
– `%~ni`と`%~xi`:それぞれ、ファイルの名前と拡張子を指します。
– `if exist “…” del “…”`:指定されたファイルが存在する場合、それを削除します。

注意点

このスクリプトは、ファイル名に”- コピー”が含まれているものを重複として扱います。そのため、この名前のパターンに合致する他のファイルがある場合、誤って削除される可能性があります。実行前にバックアップを取ることを強くおすすめします。

応用例

特定の拡張子の重複ファイルのみを対象とする

for /r %i in (*.jpg) do (
  if exist "%~ni - コピー%~xi" del "%~ni - コピー%~xi"
)

このコードは、”.jpg”という拡張子の重複ファイルのみを削除します。

重複ファイルを削除せずにリスト化する

for /r %i in (*) do (
  if exist "%~ni - コピー%~xi" echo "%~ni - コピー%~xi" >> duplicate-files.txt
)

このコードは、重複ファイルを”duplicate-files.txt”というテキストファイルにリストアップします。

特定のディレクトリ内の重複ファイルを検索する

for /r "C:\path\to\directory" %i in (*) do (
  if exist "%~ni - コピー%~xi" del "%~ni - コピー%~xi"
)

“C:\path\to\directory”を実際のディレクトリパスに置き換えて実行すると、指定したディレクトリ内の重複ファイルを検索し削除します。

特定の文字列を含むファイルを検索し削除する

for /r %i in (*sample*) do (
  if exist "%~ni - コピー%~xi" del "%~ni - コピー%~xi"
)

このコードは、”sample”という文字列をファイル名に含む重複ファイルを検索し、削除します。

まとめ

Windowsのコマンドプロンプトを活用することで、手軽に重複ファイルの検索や削除が可能です。ただし、誤って必要なファイルを削除しないよう、実行前にバックアップを取るなどの対策を行うことが重要です。

コメント

コメントする

目次