優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

Windowsコマンドプロンプトで特定の文字列を含むファイル名を検索する方法

コマンドプロンプトは、Windowsでシステム管理やファイル操作を行う際の強力なツールです。特定の文字列を含むファイル名を検索するシンプルなタスクから、複雑なスクリプトの作成まで、コマンドプロンプトは多様な用途で活用されます。

目次

コマンドプロンプトとは?

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムにおいて、ユーザーがコンピュータにテキストベースの「コマンド」を入力して直接操作するためのインターフェースです。このコマンドは、特定の操作を行うための指示や命令をコンピュータに伝えるもので、ファイルの操作、システム設定の変更、ネットワークの管理など、様々なタスクを実行することが可能です。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の前身として、初期のコンピュータシステムで主に使用されていましたが、今日でも多くの専門家や上級ユーザーが高度なタスクを効率的に実行するためにコマンドプロンプトを使用しています。

特定の文字列を含むファイル名の検索

コマンドプロンプトを使用して、特定の文字列を含むファイル名を検索する方法を学びます。以下はその基本的なコマンドです。

dir /s /b *検索文字列*.拡張子

ここで、
– `/s` はサブディレクトリを含むすべてのディレクトリを検索するオプションです。
– `/b` はファイルのパスのみを表示するオプションです。
– `*検索文字列*.拡張子` は検索したい文字列とファイルの拡張子を指定します。

具体的な使用例

例えば、”.txt”という拡張子を持ち、”report”という文字列を含むファイル名を検索する場合のコマンドは以下のようになります。

dir /s /b *report*.txt

応用例

1. ファイルのサイズ順にソートして表示

特定の文字列を含むファイルをサイズ順にソートして表示する方法です。

dir /s /b /o:s *検索文字列*.拡張子

ここで、`/o:s` はサイズ順にソートするオプションです。

2. 特定の日付以降に更新されたファイルの検索

特定の日付以降に更新された、特定の文字列を含むファイルを検索する方法です。

dir /s /b /o:d /T:W *検索文字列*.拡張子 | findstr /R "2023\-.*\-.*"

3. ファイルの検索結果をテキストファイルに保存

検索結果をテキストファイルに保存する方法です。

dir /s /b *検索文字列*.拡張子 > 検索結果.txt

4. ファイル名のみを抽出

検索結果からファイル名のみを抽出する方法です。

for /F "delims=" %i in ('dir /s /b *検索文字列*.拡張子') do @echo %~nxi >> 結果.txt

まとめ

Windowsコマンドプロンプトは、特定の文字列を含むファイル名の検索から、より高度なファイル操作まで、幅広いタスクを効率よく実行することができます。日常の業務やシステム管理において、このツールを効果的に活用することで作業の効率化や自動化が図れます。

コメント

コメントする

目次