優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

Windowsコマンドプロンプトで特定のドライバをアンインストールする方法

この記事では、Windowsのコマンドプロンプトを用いて特定のドライバをアンインストールする方法について詳しく説明します。特に、コマンドプロンプトの利点や、コマンドの具体的な実行例、およびそれらの詳細解説に焦点を当てます。さらに、実際の応用例を4つ取り上げ、それぞれの応用例に関するコードとその詳細解説を追加します。

目次

コマンドプロンプトとは?

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムにおいて、ユーザーがコンピュータにテキストベースの「コマンド」を入力して直接操作するためのインターフェースです。このコマンドは、特定の操作を行うための指示や命令をコンピュータに伝えるもので、ファイルの操作、システム設定の変更、ネットワークの管理など、様々なタスクを実行することが可能です。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の前身として、初期のコンピュータシステムで主に使用されていましたが、今日でも多くの専門家や上級ユーザーが高度なタスクを効率的に実行するためにコマンドプロンプトを使用しています。

コマンドプロンプトでのドライバアンインストールのメリット

GUIを使用する方法よりも、コマンドプロンプトでの手順はスクリプト化や自動化に適しています。一度の操作で複数のマシンに適用可能で、効率的なドライバ管理を実現することができます。

基本的なアンインストール方法

ドライバのリストを取得

まずは、インストールされているドライバのリストを取得する必要があります。

pnputil /enum-drivers

上記のコマンドを実行すると、すべてのドライバの一覧が表示されます。

特定のドライバをアンインストール

特定のドライバをアンインストールするには、上記で表示されたドライバの一覧からアンインストールしたいドライバのOEM番号を確認し、以下のコマンドを使用します。

pnputil /delete-driver oemXX.inf /force

ここで、`oemXX.inf`はアンインストールしたいドライバのOEM番号に置き換えてください。

応用例

特定のベンダーのドライバだけをアンインストール

たとえば、特定のベンダーからのドライバだけをアンインストールしたい場合、以下のようなスクリプトを利用できます。

pnputil /enum-drivers | findstr "VendorName" | for /f "tokens=2 delims=:" %i in ('findstr "Published Name"') do pnputil /delete-driver %i /force

上記の`VendorName`をアンインストールしたいベンダー名に置き換えて実行します。

特定のデバイスクラスのドライバをアンインストール

特定のデバイスクラス、たとえば、プリンタのドライバをアンインストールする場合のスクリプト例です。

pnputil /enum-drivers | findstr "Printer" | for /f "tokens=2 delims=:" %i in ('findstr "Published Name"') do pnputil /delete-driver %i /force

バージョンが古いドライバをアンインストール

バージョン情報を元に、古いドライバを特定してアンインストールする場合のスクリプト例です。具体的なコードはシチュエーションに応じてカスタマイズが必要です。

ログを取りながらのアンインストール

アンインストール時のログを取得したい場合、リダイレクトを使用して操作をログファイルに保存できます。

pnputil /delete-driver oemXX.inf /force > uninstall.log

まとめ

コマンドプロンプトを使用してWindowsのドライバを効率的にアンインストールする方法について解説しました。基本的なコマンドから、応用例まで、様々なシチュエーションに応じたスクリプトの使用方法を学びました。これを機に、コマンドプロンプトを使ってより高度なシステム管理を行ってみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントする

目次