優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Windowsコマンドプロンプトのtasklistコマンド詳解

この記事では、Windowsのコマンドプロンプトで使用できる`tasklist`コマンドについて詳しく解説します。このコマンドは、実行中のタスクやプロセスのリストを表示する際に非常に役立ちます。実際のコード例、その詳細な解説、応用例を取り上げて、`tasklist`コマンドの多様な活用方法を学びましょう。

目次

コマンドプロンプトとは?

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムにおいて、ユーザーがコンピュータにテキストベースの「コマンド」を入力して直接操作するためのインターフェースです。このコマンドは、特定の操作を行うための指示や命令をコンピュータに伝えるもので、ファイルの操作、システム設定の変更、ネットワークの管理など、様々なタスクを実行することが可能です。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の前身として、初期のコンピュータシステムで主に使用されていましたが、今日でも多くの専門家や上級ユーザーが高度なタスクを効率的に実行するためにコマンドプロンプトを使用しています。

tasklistコマンドの基本

tasklistコマンドは、実行中のすべてのプロセスをリスト表示するコマンドです。以下のように単純に実行すると、プロセス名、セッション名、セッション番号、メモリ使用量などの情報を一覧できます。

tasklist

オプションを使った詳細表示

`tasklist`コマンドは、オプションを使うことでさまざまな表示方法やフィルタリングが可能です。以下は、よく使用されるオプションの例です。

tasklist /FI "IMAGENAME eq notepad.exe"

上記のコードでは、プロセス名(IMAGENAME)が”notepad.exe”であるプロセスのみをフィルタリングして表示しています。

応用例

1. 特定のユーザーが実行しているプロセスのリスト表示

特定のユーザーが実行しているプロセスを知りたい場合、以下のコードを使用します。

tasklist /FI "USERNAME eq ユーザー名"

2. 特定のメモリ使用量以上のプロセスのリスト表示

メモリ使用量が特定の値以上のプロセスをフィルタリングして表示するには、以下のコードを利用します。

tasklist /FI "MEMUSAGE gt 50000"

ここでは、メモリ使用量が50,000 K以上のプロセスを表示しています。

3. サービスと連動しているプロセスの表示

特定のサービスと連動して動作しているプロセスを知るには、以下のコードを使用します。

tasklist /SVC

4. リモートコンピュータのプロセスを表示

リモートのコンピュータ上で実行されているプロセスをリスト表示する場合、以下のコードを利用します。

tasklist /S リモートコンピュータ名

まとめ

`tasklist`コマンドは、Windows環境でのタスクやプロセスの管理に非常に役立つツールです。上記の基本的な使い方や応用例を参考に、日常の作業やトラブルシューティングに活用してください。

コメント

コメントする

目次