Zoom会議でオーディオインターフェースを使う方法とおすすめの機器5選

Zoom会議での音質向上を目指すなら、オーディオインターフェースの活用がおすすめです。本記事では、Zoom会議でオーディオインターフェースを使用する方法と、Amazonで購入可能なおすすめのオーディオインターフェース機器を5つ紹介します。

目次

Zoom会議でオーディオインターフェースを使う方法

オーディオインターフェースをZoom会議で使用する方法は非常にシンプルです。まずは、オーディオインターフェースをパソコンに接続します。USBタイプのものが一般的で、パソコンのUSBポートに直接差し込むだけでOKです。次に、Zoomの設定からオーディオをオーディオインターフェースに切り替えます。これで、Zoom会議でオーディオインターフェースの音質を活かすことができます。

Zoomでオーディオインターフェースを利用するメリット

オーディオインターフェースをZoom会議で利用すると、以下のようなメリットがあります。

  1. 音質の向上: オーディオインターフェースは、マイクや楽器からの信号をデジタルデータに変換する装置です。これにより、内蔵マイクよりもはるかに高品質な音声をZoom会議で共有することが可能になります。
  2. ノイズの低減: オーディオインターフェースは、外部ノイズを効果的に低減します。これにより、会議中に不要なノイズが入ることを防ぎ、クリアな音声通信を実現します。
  3. 多機能性: 多くのオーディオインターフェースには、ヘッドフォン出力やモニタリング機能、さらにはエフェクト機能など、便利な機能が搭載されています。これらの機能を活用することで、より高度な音声通信をZoom会議で実現できます。

これらのメリットを活用し、Zoom会議でのコミュニケーションをより円滑に、より高品質にすることが可能です。

オーディオインターフェース選定のポイント

オーディオインターフェースを選定する際には、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

  1. 解像度: オーディオインターフェースの解像度は、音質に大きく影響します。高解像度のオーディオインターフェースを選ぶことで、よりクリアでリアルな音声をZoom会議で共有することができます。
  2. 接続性: 使用する機器との接続性も重要な選定ポイントです。自分の使用する機器(パソコン、マイクなど)との互換性を確認し、必要な接続端子が備わっているかをチェックしましょう。
  3. 機能: オーディオインターフェースには、様々な追加機能が搭載されています。ヘッドフォン出力やダイレクトモニタリング機能、エフェクト機能など、自分のニーズに合った機能を持つ製品を選びましょう。
  4. 価格: 予算に合わせてオーディオインターフェースを選ぶことも重要です。しかし、価格だけで選ぶのではなく、上記の解像度や接続性、機能なども考慮に入れて、コストパフォーマンスの良い製品を選びましょう。

これらのポイントを考慮することで、自分のニーズに最適なオーディオインターフェースを選定することができます。

Amazonで購入可能なおすすめのオーディオインターフェース5選

それでは、Amazonで購入可能なおすすめのオーディオインターフェースを5つ紹介します。

1. フォーカスライト Scarlett 2i2 (3rd Gen) USBオーディオインターフェース

フォーカスライトのScarlett 2i2は、世界中で愛用されているオーディオインターフェースです。高品質なマイクプリアンプと24bit/192kHzの高解像度オーディオをサポートしています。また、直感的な操作性も魅力です。

2. プレソーナス AudioBox USB 96オーディオ/MIDIインターフェース

プレソーナスのAudioBox USB 96は、高品質なオーディオを手軽に録音できるオーディオインターフェースです。24bit/96kHzの高解像度オーディオをサポートし、堅牢な構造で長期間の使用にも耐えます。

3. ベリンガー U-PHORIA UMC22

ベリンガーのU-PHORIA UMC22は、手頃な価格ながらも高品質なオーディオを提供するオーディオインターフェースです。MIDASデザインのマイクプリアンプを搭載し、クリアな音質を実現します。

4. MACKIE Onyx Producer 2・2

MACKIEのOnyx Producer 2・2は、プロフェッショナルな音質を求める方におすすめのオーディオインターフェースです。Onyxマイクプリアンプを搭載し、24bit/192kHzの高解像度オーディオをサポートします。

5. Steinberg UR22C

SteinbergのUR22Cは、32bit/192kHzの超高解像度オーディオをサポートするオーディオインターフェースです。堅牢なメタルボディと先進の接続性を備え、プロフェッショナルな使用にも対応します。

created by Rinker
Steinberg(スタインバーグ)
¥17,000 (2024/06/18 11:05:53時点 Amazon調べ-詳細)

比較表

製品名解像度特徴
フォーカスライト Scarlett 2i2 (3rd Gen)24bit/192kHz高品質なマイクプリアンプ、直感的な操作性
プレソーナス AudioBox USB 9624bit/96kHz手軽に録音可能、堅牢な構造
ベリンガー U-PHORIA UMC22不明手頃な価格、MIDASデザインのマイクプリアンプ
マックキー Onyx Producer 2・224bit/192kHzプロフェッショナルな音質、Onyxマイクプリアンプ
Steinberg UR22C32bit/192kHz超高解像度オーディオ、堅牢なメタルボディ、先進の接続性

この比較表は、各製品の主な特徴と解像度を比較するためのものです。

まとめ

Zoom会議でオーディオインターフェースを使用することで、より高品質な音声通信を実現できます。上記で紹介したオーディオインターフェースは、それぞれ異なる特徴と価格帯を持っているため、自分のニーズに合わせて選ぶことが重要です。音質向上を目指すなら、ぜひオーディオインターフェースの導入を検討してみてください。

コメント

コメントする

目次