自治体ホームページの更新前の過去記事を閲覧する方法|WARPの使い方

2022年5月20日

自治体のサイトの更新前記事は簡単に検索することが可能です。本記事では、自治体HPの過去記事を見る方法を解説します。

国立国会図書館がアーカイブサイトの仕組み

国立国会図書館インターネット資料収取保存事業(通称WARP)という以下リンクのサイトで更新前記事を参照できます。

https://warp.da.ndl.go.jp/

仕組みとしては、4半期に1回強制的にホームページの記事がWARPに保存されます。更新が無い場合でも全て保存される仕組みです。素晴らしい

更新前記事を閲覧する方法

試しに、釧路市の「いろいろな相談窓口」という記事の更新前記事を参照してみましょう。

https://www.city.kushiro.lg.jp/shisei/kouhoukouchou/kouhou/soudan/0002.html

国立国会図書館インターネット資料収取保存事業(通称WARP) を開きます。

釧路市の「いろいろな相談窓口」のURLを検索フォームへ入力して検索します。

保存された釧路市の「いろいろな相談窓口」が全て表示されます。どれでもいいのでリンクをクリックします。

右上に表示がありますが、2013/1/11の記事が表示されました。

保存年月日を指定して、閲覧したい年月日を選択して更新前記事を確認します。

1時間で1万円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法


現在、ITトレンドで普段お使いのWeb会議やチャットツール等の業務システムのレビューをするだけで1レビューにつき1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者も10個のレビューを書き1時間以内に1万円分のAmazonギフト券をゲットしました。

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ

会社のパソコンかつ業務時間中により回答できないという方は、以下QRコードでレビューの説明記事のリンクをスマホに飛ばしておきましょう。レビューの手順と確実にゲットするための注意事項等を纏めてあります。

ITトレンドにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分を1時間で誰でも簡単にゲットする方法
ITトレンドにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分を1時間で誰でも簡単にゲットする方法