ITフリーランス向け業務委託案件の紹介サービス「ココナラ」詳細はこちら

Audirvana Plusでネットワークオーディオを構築する

Audirvanaの公式HPによるとAudirvana Plus 3.1からネットワークオーディオにてAudirvanaの音質が享受可能となったとのことです。

ネットワークオーディオはPCを利用しないイメージだったので最初はピンと来ませんでした。整理して考えたら「なるほど」となりました。

さて文章はさておき図にしてみました。

以下の図が通常のいわゆるPCオーディオのシステム構成ということになります。AudirvanaがインストールされたMacをUSBでDACに繋ぐ構成です。MacというかAudirvanaもオーディオシステムの一部といった考えです。

以下がネットワークオーディオプレーヤーの構成図となります。
オーディオシステムと直接接続しないでAudirvanaの音質を享受できる構成になっています。ネットワークオーディオプレイヤーにファイルを投げるイメージですね。今までも可能だったかもしれませんが、公式にAudirvanaの音質を活用できると発表されたことに意味があります。

対応機種は以下のようになるみたいです。パイオニアと音響が協力したようで、対応機種にはAudirvanaのステッカーが貼られます。

Pioneer N-70AE, Pioneer N-50AE, Pioneer N-30AE, Pioneer N-70A, Pioneer N-50A, Onkyo NS-613

目次

ポイント

私は以下の条件でAudirvanaの効果があると考えます。ネットワークオーディオプレーヤーの再生能力が高機能であればネットッワークオーディオプレーヤで再生させればいいということです。いづれにしても検証してみたいですね。

ネットワークオーディオプレイヤーの再生能力 < Audirvana Plusの再生能力

 

ここ最近、筆者は仕事と子育てに追われています。その中で、学びをスケジュールに組み込むために、Amazonが提供する本を聴くことができるサービス「Audible」を使い始めました。旅行や家事や運動、お風呂の時間などに本を取り入れることで、知識欲を満たすことができています。2カ月間無料で利用できますので試してみてはいかがでしょうか。

筆者もやってます!副業してインフレ対策するならクラウドリンクスに登録

コメント

コメントする

目次