最高峰ブランドBowers & Wilkins の CM9 ピアノブラックと過ごして

Bowers & WilkinsのCM9を新品で購入して5年程たちます。

今も聞きながらこの記事を書いています。(うっとり)

主観となりますが音質の感想としては、スタジオモニターに近い感じがします。

癖がなく、音に味付けをしない素直な音、

それでいてスタジオモニターとは異なり非常に綺麗に空間を響かせて心地よくしてくれます。

音を強調させている要素が無い為か、長く聞いていても聞き疲れしません。

ボリュームを上げても「ボフボフ」と言わず、ドッシリとした筐体をしています。

そしてデザインですよね、このピアノブラックに黄色い丸、下二つのウーファー

完璧なセンスだと思います。

みてください、この正面からの姿。。。

cm9

少しコストがかかりましたが、ピアノブラックにしました。

光沢が5年たってもこれですよ。

しっかりコーティングをしたといった証拠ですね

cm9

 

cm9

上がツイーターで下がミドルバスです。黄色いコーンは布の様な素材となっていて

真ん中の黒いのはチタンに変更も可能です。ネジになっていて回すと外れます。

cm9

ウーファーは2個付いているものだから、上品な低音が出るんですよ。

頑張って強調している感じではなく、タイトな低音域を再生させてくれます。

cm9f

裏の姿!!

cm9

このホールに付属のスポンジを入れて低音と高音の調整をします。

埃が5年の歳月を物語っています。

私の環境では特段低域が出ている為、スポンジは入れていません。

cm9

スピーカーケーブルは2系統あり、バイワイアー接続と、バイワイヤリング接続が可能です。

ちなみに私は、1つのアンプから2系統出力させるバイワイヤリング接続にしています。

バイワイアー接続も試してみたいですね。ただお金がね

cm9

足回りです。インシュレーターは付属品もありましたが、別途購入しています。

下の台は人工大理石です。人工大理石はバーカウンター等に使われていて、コップが割れないように振動を吸収する作用があるのでオーディオの台には適しています。

CM9

全面カバーです。磁石になっていて簡単に取り外しが可能です。

外していた方がカッコイイですし、音質も確実に良いので常に外しています。

 

 

オススメの関連記事

1件の返信

  1. 2016年5月21日

    […] 過去記事: 最高峰ブランドBowers & Wilkins の CM9 ピアノブラックと過ごして […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です