marantz プリメインアンプ PM-11S2

marantz プリメインアンプ PM-11S2 をCM9と同じタイミングで購入しました。

過去記事: 最高峰ブランドBowers & Wilkins の CM9 ピアノブラックと過ごして

マランツ

これを一生使っていこうと思う程にナテュラルでクリア、そして余裕のある音を出します。

これより上位機種との違いは本当に微々たるものなんだと思う程に完成されています。(プリとアンプがセパレートになっているタイプ)

しかしこのクラスからワンランク下との差は歴然です。以前所有していましたが、ミニコンポと比べると流石に良かったですが、PM-11S2と比較するとバナナですね。

マランツ

そしてこのデザインですよね、丸い枠がハンパなくそそります。

マランツ

そして、両サイドのこの青LED…ニクイ!!

マランツ

上の鉄板も厚みがすごいです。

友達に聞いたんですが、埃でアンプがイカれる事があるので、この上にはタオル等の埃除けを乗せた方が良いみたいです。

しまった、5年何も乗せていない。。。

マランツ

端子類も非常に充実しています。音質に有利とされているXLRケーブルを使っています。

マランツ

スピーカーケーブルは、CM9にバイワイヤリング接続をしています。左右で2端子づつ装備しているのが利点ですよ。

マランツ

スピーカーケーブルも調子にのってカスタムのを使っています。

これは音質に影響でるのか個人的には不明です。

今はPM-11S2の後続機種PM-11S3がリリースされています。見た目は全く同じですね。

 

 

あなたにオススメの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です