Edge:Adobe Acrobatの拡張機能でPDFを閲覧する方法、ブラウザのPDF閲覧では物足りない人におススメ

Edgeの初期設定では、Web上のPDFデータの閲覧をEdgeで行う仕様になっています。機能として物足りない場合は、Adobe Acrobatの拡張機能で閲覧することをお勧めします。本記事では、Adobe Acrobatのインストール方法を解説します。

目次

EdgeのAdobe Acrobat拡張機能のインストール

早速Adobe Acrobatの拡張機能のインストールを行います。以下のリンクをクリックします。

Adobe Acrobat拡張機能

インストールボタンをクリックします。

「Adobe Acrobat:PDFの編集、変換、署名ツールをMicrosoft Edgeに追加しますか?」というポップアップが出てくるので「拡張機能の追加」を選択します。

EdgeのAdobe Acrobat拡張機能を試してみる

Web上のPDFのリンクをクリックしてAdobe Acrobat拡張機能の動きを試してみます。

PDFファイルのリンクをクリックします。

別タブが立ち上がり、Edgeで表示されているもののAdobe Acrobatの機能で表示されています。

以下例ですが、Adobe Acrobatの機能が一通り使えました。

・PDFに簡単な線を入れたり、マークをつけたり、コメントを入れる

・PDFをWordやExcelやPowerPoint等に変換する機能が無料で使える。

・PDFの結合や並べ替え等が無料で利用できる

PDFをWordに変換しましたが、Adobeだけあって精度が半端ないですね。

EdgeのAdobe Acrobat拡張機能の無効化

試してみてしっくりとこない場合は、Adobe Acrobat拡張機能を無効化しましょう。

EdgeのURLバーに以下を入力します。

edge://extensions/

インストール済の拡張機能の「Adobe Acrobat拡張機能」を無効化するか削除をしてください

created by Rinker
ジャストシステム
¥14,890 (2024/05/30 15:29:54時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次