ローカルグループポリシーを使ってEdgeを強制的にInPrivateモードで実行する方法

本記事ではローカルグループポリシーの設定変更によりEdgeを強制的にInPrivateモードで実行する方法を解説します。

Chromium版Edgeの管理テンプレートを追加する

以下の記事を参考にChromium版Edge用の管理テンプレートをローカルグループポリシーへ追加してください。デフォルトのグループポリシーにはEdge用の管理テンプレートはありません。

Chromium版Edge用の管理テンプレートをローカルグループポリシーに追加する方法

ローカルグループポリシーの設定変更

ローカルグループポリシーを変更することでIEモードの有効期限を延長させます。

「Winキー」 + 「Rキー」 を同時タイプ

「gpedit.msc」と入力してOK

ローカル グループポリシーエディターが立ち上がる

以下のポリシーを開きます。

InPrivateモードが利用できるかどうかを構成する

パス:ユーザーの構成¥管理テンプレート¥Microsoft Edge

①「未構成」を「有効」に変更します。
②オプションで「InPrivateモードを強制実行しました」を選択します。

ローカルグループポリシーを適用して確認

ローカルグループポリシーを適用して確認します。

サインアウトを一度するか、コマンドプロンプトで  gpupdate /force  をタイプしてローカルグループポリシーを適用してください。EdgeアイコンをクリックするとInPrivateモードが強制的に立ち上がります。

30分で8,000円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法


現在、ITトレンドで普段お使いの業務システムのレビューをするだけで1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者もレビューを書き30分程度で8,000円分のAmazonギフト券をゲットしました。

5つのレビューを書くと通常の5,000円分のAmazonギフト券に加えて、3,000円分のAmazonギフト券が加算されて8,000円分のAmazonギフト券が貰えます。(1回目のレビュー後に受け取るメールのリンクから2回目以降のレビューを書く必要があります。)

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券8,000円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ