WordPressで子テーマを作成した場合の注意点、カスタマイザは引き継がれない

WordPressで子テーマを作成した場合の注意点について解説したいと思います。子テーマを作成して有効化したところカスタマイザで入力している、追加CSSとサイトロゴのパスが引き継がれませんでした。

   

WordpPressの環境

利用している環境によって、様々だと思います。私が子テーマを作成した環境は以下の通りです。

・WordPress バージョン 5.3.2
・テーマ   Hueman Pro

追加CSSが引き継がれない

私の利用しているHueman Pro では下図の場所から追加CSSを編集できます。

この追加CSSが子テーマを作成して有効化したら消えてしまいました。対処方法としては、事前にコピーをしておいて子テーマ運用にした環境にペーストすることで対処しました。

サイトロゴが引き継がれない

子テーマを有効化したら、サイトのロゴが消えてしまいました。調べていくと、カスタマイザで指定していたロゴが指定解除になっていました。再度指定したところ正常に表示されるようになりました。

まとめ

子テーマを有効化して消えたカスタマイザの設定をサラッと説明しましたが、最初は原因が分からず焦りました。子テーマの作成は何かがおかしくなることを念頭に実施した方が無難です。

1時間で1万円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法

現在、ITトレンドで普段お使いのWeb会議やチャットツール等の業務システムのレビューをするだけで1レビューにつき1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者も10個のレビューを書き1時間以内に1万円分のAmazonギフト券をゲットしました。

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ