ITフリーランス向け業務委託案件の紹介サービス「ココナラ」詳細はこちら

WordPressで子テーマを作成した場合の注意点、カスタマイザは引き継がれない

WordPressで子テーマを作成した場合の注意点について解説したいと思います。子テーマを作成して有効化したところカスタマイザで入力している、追加CSSとサイトロゴのパスが引き継がれませんでした。

目次

WordpPressの環境

利用している環境によって、様々だと思います。私が子テーマを作成した環境は以下の通りです。

・WordPress バージョン 5.3.2
・テーマ   Hueman Pro

追加CSSが引き継がれない

私の利用しているHueman Pro では下図の場所から追加CSSを編集できます。

この追加CSSが子テーマを作成して有効化したら消えてしまいました。対処方法としては、事前にコピーをしておいて子テーマ運用にした環境にペーストすることで対処しました。

サイトロゴが引き継がれない

子テーマを有効化したら、サイトのロゴが消えてしまいました。調べていくと、カスタマイザで指定していたロゴが指定解除になっていました。再度指定したところ正常に表示されるようになりました。

まとめ

子テーマを有効化して消えたカスタマイザの設定をサラッと説明しましたが、最初は原因が分からず焦りました。子テーマの作成は何かがおかしくなることを念頭に実施した方が無難です。

ここ最近、筆者は仕事と子育てに追われています。その中で、学びをスケジュールに組み込むために、Amazonが提供する本を聴くことができるサービス「Audible」を使い始めました。旅行や家事や運動、お風呂の時間などに本を取り入れることで、知識欲を満たすことができています。2カ月間無料で利用できますので試してみてはいかがでしょうか。

筆者もやってます!副業してインフレ対策するならクラウドリンクスに登録

コメント

コメントする

目次