ITフリーランス向け業務委託案件の紹介サービス「ココナラ」詳細はこちら

WordPressオススメの最新エディターGutenbergを即効で無効化した、その理由

WordPressで記事を更新しようとしたところダッシュボードに最新エディターGutenbergを利用しようといった表示が出ていました。結論からいくと一度有効化しましたが、即効で無効化しました。WPが推奨していると思われるんですが、私には何がいいのかサッパリでした。

目次

Gutenbergを無効化した理由

使いにくい

えっと、、、直感的に使えるように作ってある感じなんですが、いくら操作をしても今のエディターの方が利用し易いです。なんとなくスタイリッシュな感じはしますが、あえて替える必要性が感じられません。。。残念

AddQuicktagどこいった?

AddQuicktagというプラグインをインストールしています。AddQuicktagは予めコーディングをしておいた見出し等をエディターで選択するためのプラグインです。そのAddQuicktagが見当たりませんでした。色々と設定を見直せば出てくるかと思いますが、そこまでしたくないな~といった感じです。

ビジュアルとテキストの切り替えが瞬時じゃないじゃん

既存のエディターだとビジュアルとテキストの切り替えがワンンクリックです。しかし、Gutenbergだとまずは3つの●をクリックして(HTMLとして編集)といった項目を押さないといけません。要するに切り替えに2クリック必要なわけです。頻繁に切り替えて運用しているので私にはNGでした。

ビジュアル表示

テキスト表示

まとめ

もしかしたら初めからGutenbergを利用していたら違和感が無いのかもしれませんが、既存エディターに慣れた人にとったらあえて変更するメリットが感じられませんでした。ただ、改善していく方向性や情熱には敬意を示しますしワクワクします。

ここ最近、筆者は仕事と子育てに追われています。その中で、学びをスケジュールに組み込むために、Amazonが提供する本を聴くことができるサービス「Audible」を使い始めました。旅行や家事や運動、お風呂の時間などに本を取り入れることで、知識欲を満たすことができています。2カ月間無料で利用できますので試してみてはいかがでしょうか。

筆者もやってます!副業してインフレ対策するならクラウドリンクスに登録

コメント

コメントする

目次