PDF編集Webサービス『LightPDF』の仕組みと安全性

オンライン上でPDFの圧縮、結合、編集ができてしまうWebサービスLightPDFの仕組みと、安全性について解説します。

LightPDFって何?

LightPDF のサービス内容は、オンライン上のLightPDFのWEBサイト上にPDFファイルをアップロードし、LightPDF のサイト上で、圧縮や結合等のPDFファイルの編集をしてダウンロードをするサービスです。

パソコンにPDF編集ソフトをインストールせず、高機能の編集処理ができてしまう点が最大のメリットです。

LightPDFって安全なのか?

ところでLightPDF は安全なのでしょうか?

リスクを下の絵にしました。インターネット上にPDFファイルをアップロードするので、LightPDFのサイトからPDFファイルが流出してしまう可能性があります。インターネットに向けてPDFファイルを放り投げるわけですから、流出の危険性は確実にあります。

LightPDF の安全性の主張

あとはLightPDF を信用できるか否かといった話になります。公式サイト上にはプライバシーポリシーが公開されていますが、あくまで記載だけなので損害が発生した場合に保障がされるわけではありません。個人的には、外部流出したら困る資料の利用は避けるべきだと考えています。

安全性を考慮する場合は、ローカルでPDFファイルを編集しよう

安全性を考えると、JUST PDF等のソフトを使ってやはりローカル環境でPDFファイルの編集をすることをお勧めします。この方法なら、インターネットにPDFを投げないので流出の可能性はほぼゼロです。
現時点では流出したといったソースは出てきませんでしたが、今後流出が発生する可能性は確実にありますので、機密情報はLightPDF で利用しないことをお勧めします。

まとめ

IT Tripがおススメする運用としては以下のようになります。

・機密情報等の外部に漏らしたくないPDFファイル
⇒ JUST PDF等のソフトでローカル編集
・外部流出してもOKなPDFファイル
⇒ LightPDF を利用

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。