SKYSEAクライアント(端末機)のアンインストール方法を解説しちゃいます!

資産管理ソフトSkyseaクライアントのアンインストール方法を解説します。クライアントとは端末機のことで、ログ取得対象のパソコンのことです。要するに管理しているパソコンのことです。

アンインストーラー作成ツールの起動

最初にアンインストーラーを作成するツールを立ち上げます。

SKYSEAのインストールされている管理サーバーを立ち上げてください。SKYSEA Client Viewの中に「アンインストーラー作成ツール」があるので起動します。

アンインストール時のパスワードを共通にする場合

二通りある内の楽な方から解説します。アンインストール時に求められるパスワードを共通にする方法です。

共通パスワードを使用する(有効期限なし)を選択して、アンインストール時に必要となるパスワードを入力します。

「アンインストーラ―作成」をクリックします。

すると以下のようなアンインストーラが作成されます。

これをSKYSEAがインストールされているクライアントで実行します。

パスワードが求められるので、先ほど入力したパスワードを打ち込めばSKYSEAがアンインストールされます。

アンインストール時のパスワードをクライアント毎設定する場合

続いてクライアント毎にアンインストール時のパスワードを設定する方法です。この方法だと指定したクライアント以外のアンインストールが不可能なので悪用やヒューマンエラーを防ぐことができます。

アンインストーラー作成ツールで、「管理コンソールで作成した端末毎のパスワードを使用する(有効期限つき)」を選択します。

「アンインストーラー作成」をクリックします。

アンインストーラーが作成されます。

それでは、クライアント毎のパスワードの生成です。

管理コンソールでSKYSEAをアンインストールしたいクライアントを選択して右クリックします。

「アンインストールパスワード生成」を選択します。

有効期限を設定します。

マスターサーバーと通信不可時の設定をします。

「アンインストールを許可しない」を選択するとマスターサーバーと繋がっている状態でしたアンインストールができません。「アンインストールを許可する」を選択するとマスターサーバーと繋がっていなくてもアンインストール可能です。

パスワードが生成されました。

先ほどのアンインストーラーを実行するとパスワードが求められるので、自動生成されたクライアント毎のパスワードを打ち込めばSKYSEAがアンインストールされます。

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。