ITフリーランス向け業務委託案件の紹介サービス「ココナラ」詳細はこちら

集計にExcel関数とか使ってないよね?ピボット使えば「秒」だよ

ExcelのPivot機能を利用していない人って意外に多いです。関数なんか使うより早くて正確なので使いこなせるようにすればモテます。

目次

関数は怠いですよね

例えば以下のようなデータで、食べ物毎の評価で集計したい場合どうしますか?確かに関数でも集計できますが調べながら入力することになりますよね。この場合、Pivotを使う方が早いです。

Excelのピボット集計方法

集計対象のセルを選択して、挿入タブのテーブルを選択します。テーブルの作成というポップアップが出てくるのでOKを押します。

すると、ピボットで利用するデータテーブルが出来上がります。

次に、「挿入タブ」から「おすすめピボットテーブル」を選択します。集計の候補が出てきますのでこの中から、食べ物毎に集計されている項目を選択します。(下図では2個目)

すると別シートで集計結果が表示されます。秒でしょ?

さらに、ピボットを使いこなせば集計結果を好きなように変更することも可能です。

ここ最近、筆者は仕事と子育てに追われています。その中で、学びをスケジュールに組み込むために、Amazonが提供する本を聴くことができるサービス「Audible」を使い始めました。旅行や家事や運動、お風呂の時間などに本を取り入れることで、知識欲を満たすことができています。2カ月間無料で利用できますので試してみてはいかがでしょうか。

筆者もやってます!副業してインフレ対策するならクラウドリンクスに登録

コメント

コメントする

目次