ITフリーランス向け業務委託案件の紹介サービス「ココナラ」詳細はこちら

URLのタイトルを取得する方法

お客さんのイントラを運用していますが、その中でWebフィルタリングの状況を毎月報告しています。(Webフィルタリングとはアダルトサイトやギャンブルのサイト等の不適切サイトを閲覧させない仕組)

閲覧したサイト名までは出力されないソリューションを利用しているので、自分で調べる必要があります。運用当初は一件づつサイトを閲覧してサイトのタイトルを記入していました。しかし非常に手間です。しかもアダルトサイトを会社で連続で見る事になるので、何やってんだあいつは?状態でした。そこで色々試した結果、URLのタイトルを拾ってくるサイトを発見しました。(下記リンク)

http://tech-unlimited.com/urltitle.html

利用の仕方は非常に簡単です。URLをコピペしてボタンを押すだけです。最大で30URLまで変換可能で2分くらいで解析が終わります。

ここ最近、筆者は仕事と子育てに追われています。その中で、学びをスケジュールに組み込むために、Amazonが提供する本を聴くことができるサービス「Audible」を使い始めました。旅行や家事や運動、お風呂の時間などに本を取り入れることで、知識欲を満たすことができています。2カ月間無料で利用できますので試してみてはいかがでしょうか。

筆者もやってます!副業してインフレ対策するならクラウドリンクスに登録

コメント

コメントする

目次