ITフリーランス向け業務委託案件の紹介サービス「ココナラ」詳細はこちら

macOS CatalinaでSIPを無効にする方法 (csrutilコマンドの使い方)

MacのOS Catalina でSIPを無効にする方法を画像を用いて解説します。

目次

SIPが有効か無効かの確認

SIPが有効か無効かの確認を行います。

ターミナルを立ち上げて以下のコマンドを打ち込みます。

System Integrity Protection status: enabled. と表示されれば、SIPが有効になっている状態です。(デフォルトでは有効になっています。)

確認ができたら、SIPを無効にします。

リカバリーモードで起動

Macを一度シャットダウンし、以下の方法でMacを起動させます。

リカバリーモードでの起動:command + r を押したままMacを起動

以下の画面が数分続いた後起動します。

SIPの無効化

リカバリーモードが起動したら、ユーティリティからターミナルを立ち上げます。

以下のコマンドを打ち込み、SIPを無効化します。

リカバリーモードの再起動

リカバリーモードの再起動をします。

左上のリンゴマークから、再起動をクリック


SIPが無効になったことの確認

さて通常のモードでMacが立ち上がったらSIPが無効になったか確認をしてみましょう。

ターミナルを立ち上げて以下のコマンドを打ち込みます。

System Integrity Protection status: disabled. と表示されれば、SIPが無効になっている状態です。成功です。

SIPを有効にする方法

元に戻す(SIPを無効から有効にする)には、同様にリカバリーモードで起動して、

以下のコマンドを打ち込むと、SIPが有効になります。

ここ最近、筆者は仕事と子育てに追われています。その中で、学びをスケジュールに組み込むために、Amazonが提供する本を聴くことができるサービス「Audible」を使い始めました。旅行や家事や運動、お風呂の時間などに本を取り入れることで、知識欲を満たすことができています。2カ月間無料で利用できますので試してみてはいかがでしょうか。

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次