【Linux】vi エディタでファイルを作成して編集する方法、初心者でも分かる

Linux上でテキストファイルを作成・編集する場合はviエディターを利用します。詳しいサイトがあまり無かったので分かり易く解説したいと思います。

ファイルの作成

例:test1.confを作成する場合
ファイルを作成したいディレクトリへ移動して

vi test1.conf

を入力すると以下の画面が出力されます。

作成したいテキストを記入します。
キーを任意に打ち込むと下記に–INSERT–と表示されます。
この状態で書き込めるようになります。

文字が記入できたら、「Escキー」を押下します。
–INSERT–が消えると思います。

:wq

と入力します。保存コマンドです。

「Enterキー」を押下するとファイル作成完了です。

ファイルの編集方法

作成したファイルを編集する場合は再度

vi test1.conf

と入力して同様に編集をします。

<変な入力をしてしまった場合>

:q!

と入力して保存を回避します。

<ファイルの閲覧に限定したい場合>

view test1.conf

と入力してください。

readonlyで表示され書き込み不可となっています。

viエディターは癖がありますが、使うコマンドは限られてますので慣れればどうってことはありません。

viエディタ他コマンド

カーソル移動等の他コマンドに関しては下記サイトに丁寧に纏めてありましたのでご参考にしてください。
viエディタの使い方

オススメの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です