解決方法⇒『ファイル履歴を有効にすることができませんでした』|Windowsファイル履歴

Windowsのファイル履歴機能を有効にしようとすると「ファイル履歴を有効にすることができませんでした」とエラーになってしまう事象の解決方法です。

事象について

ファイル履歴を有効にしようとすると

「ファイル履歴を有効にすることができませんでした」とエラーになります。

「ファイル履歴を有効にすることができませんでした」の解消方法

「Windowsキー」+「Rキー」の同時押しでファイル名を指定して実行を開き、services.mscを入力します。サービス一覧が表示されます。

サービス名「Windows Search」 を見つけてプロパティを開きます。

スタートアップの種類が「無効」になっていると思われるので、「自動」または「手動」に変更して適用ボタンを押します。

「開始」ボタンが押せるようになるので、押してください。

サービスの状態が「実行中」になっていることを確認します。

すると、ファイル履歴を有効にすることができるようになります。

まとめ

結論としては、Windows Searchサービスが無効になっていることが原因でした。また、Windows 8.1, Windows 10の両方の環境で確認しましたが両方共同じでした。

補足としては、一度ファイル履歴を有効にしてしまえば、Windows Searchを無効に戻しても「有効」「無効」の切り替えができます。おそらくは、Windows Searchを使って初期セットアップをしていると思われます。

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。