ITフリーランス向け業務委託案件の紹介サービス「ココナラ」詳細はこちら

GPO(グループポリシー)でWindowsパソコンのゲーム利用を制御する方法

会社のクライアント端末でゲームをされては堪ったものではありません。GPOでゲームが出来ないように制御しましょう。

目次

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

GPOでゲーム利用を制御する

GPOでゲーム利用を制御するには、以下の3ポリシーを有効にしてください。

1.「ゲーム情報のダウンロードを無効にする」
2.「ゲームの更新プログラムをオフにする」
3.「ゲーム フォルダー内のゲームを最後にプレイした日時を追跡しない」

GPOの場所

「コンピューターの構成」⇒「ポリシー」⇒「管理用テンプレート」⇒「Windowsコンポーネント」⇒「ゲームエクスプローラー」

1.「ゲーム情報のダウンロードを無効にする」

「有効」にしてください

このプリシーは優秀でメタデータにゲーム的なものが含まれていたらダウンロードできないように制御してくれます。

2.「ゲームの更新プログラムをオフにする」

「有効」にしてください

既にダウンロードしているゲームへの対策で、更新できないように制御をしてくれます。

3.「ゲーム フォルダー内のゲームを最後にプレイした日時を追跡しない」

「有効」にしてください

これも既にダウンロードしてあるゲームへの対策で、ゲームデータの保存ができないように制御してくれます。

この3ポリシーのみでほぼ100%ゲーム機能を制御することが可能です。

ここ最近、筆者は仕事と子育てに追われています。その中で、学びをスケジュールに組み込むために、Amazonが提供する本を聴くことができるサービス「Audible」を使い始めました。旅行や家事や運動、お風呂の時間などに本を取り入れることで、知識欲を満たすことができています。2カ月間無料で利用できますので試してみてはいかがでしょうか。

筆者もやってます!副業してインフレ対策するならクラウドリンクスに登録

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次