WSUSの構築と初期セットアップ手順を図解で徹底解説|インストールから初期設定まで詳しく

WSUSの構築と初期のセットアップまでの流れを解説していきます。

WSUSのインストール

既にADサーバーとなっているサーバーにWSUSをインストールしていきます。

サーバーマネージャーの「役割と機能の追加」を選択します。

次へ

「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選択

「サーバープールからサーバーの選択」を選択

Windows Server Update Serviceを選択してください(WSUSはWindows Server Update Serviceの省略形です)

チェックをすると下記の画面が出ますので、「機能の追加」を選択してください

チェックがつきました。

追加の機能はあれば選択してください

次へ

デフォルトのチェックのまま「次へ」

WSUSのデータを保存するパスを指定して「次へ」

次へ

次へ

「必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する」にチェックを入れて「インストール」

5分くらいかかりました。

下図が表示されれば完了です。「閉じる」

これでWSUSのインストールが完了となります。

WSUSの初期セットアップ

それでは、WSUSを利用可能な状態にするための作業を説明します。

「コントロールパネル」の「管理ツール」を選択してください

「Windows Server Update Service」を開いてください、WSUSの運用ではこのアプリケーションを利用することになりますので、デスクトップに置いておくと便利です。

デフォルトのままで「実行」ボタンを押下

「閉じる」を押下

次へ

次へ
「はい、Microsoft Update品質向上プログラムに参加します」はメンドクサソウなのでチェックを外しました。

2択が出てきます。インターネット上から直接更新プログラムを取得する場合は、「Microsoft Updateから同期する」を選択。別のWSUSから更新プログラムを取得する場合は、「別のWindows Server Update Serviceサーバーから同期します」を選択して「次へ」

プロキシ経由でインターネット接続をする、もしくは他のWSUSに接続するのであればプロキシの情報を入れて「次へ」

「接続の開始」をクリック
※20分程度かかったので注意

次へ

更新プログラムの対象言語を選択しまうす。WSUSのデータが多くなってしまうのでなるべく最小限にしてください。後からでも変更可能です。

更新対象のWindows製品を選択してください。これもWSUSのデータ量を抑えるために最小元にしてください。後からでも変更可能です。

分類の指定です。これも同様に最小限にしてください。後からでも変更可能です。

同期を手動か自動で選択します。特別な理由が無い限り「自動で同期する」を選択してください。

次へ

完了です。お疲れ様でした。

動作確認

改めてWindows Server Update Serviceを立ち上げてみます。下図のような画面でWSUSの運用をしていくことになります。

データの保存場所を確認してみます。指定したWSUSの保存場所を見てみるとファイルができていました。この場所に更新プログラムが保存されていくことになります。

これでインストールと初期セットアップ全てが完了です。

クライアント端末側の「WSUS」の設定

サーバーの設定をしても、クライアント端末側の設定をしないと機能しません。クライアント端末側のWSUSの設定については、【簡単】クライアント端末側の「WSUS」の設定を解説の別記事で解説をしていますので、ご参考にしてください。

オススメの関連記事

1件の返信

  1. 2018年9月6日

    […] はWSUSの構築と初期セットアップ手順を図解で徹底解説|インストールから初期設定まで詳しくに纏めましたので是非ご覧ください。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です