【解消方法】Hyper-Vをインストールできません:ファームウェアで、仮想化サポートが無効になっています。

2020年10月22日

本記事では、Hyper-Vが使えない事象の解消方法について事例を元に解説します。

Hyper-Vが利用できない

最新式のPCを買ってHyper-Vを使おうと思い、Windowsの機能でHyper-Vを有効化しようと思ったら、「Hyper-Vをインストールできません:ファームウェアで、仮想化サポートが無効になっています。」とのエラーでHyper-Vプラットフォームを選択することができなかった。

ファームウェアはBIOSしか思い当たらないのでバイオスの設定を見直してみました。

BIOS設定を見直す

結論からいうと、CPUの設定を変更する必要があります。

私の環境ではASUSのマザーボードなので、ASUS仕様です。ただ、他メーカーでもだいたい同じ作りなので参考になるかと思います。CPUの詳細設定を見ていけばよいと思います。

BIOSを立ち上げたら右下にあるAdvanced Mode(F7)を選択します。

詳細タブのCPU設定を選択します。

Intel Virtualization Technology を有効にします。

変更を保存してリセットをします。

Hyper-Vを有効にできるか確認

Hyper-Vプラットフォーム内の項目が全て選択可能になりました。正確にはHyper-V Hypervisorの項目が選択できなかったんですが、BIOSの設定の見直しで選択可能になりました。

1時間で1万円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法


現在、ITトレンドで普段お使いのWeb会議やチャットツール等の業務システムのレビューをするだけで1レビューにつき1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者も10個のレビューを書き1時間以内に1万円分のAmazonギフト券をゲットしました。

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ

会社のパソコンかつ業務時間中により回答できないという方は、以下QRコードでレビューの説明記事のリンクをスマホに飛ばしておきましょう。レビューの手順と確実にゲットするための注意事項等を纏めてあります。

ITトレンドにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分を1時間で誰でも簡単にゲットする方法
ITトレンドにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分を1時間で誰でも簡単にゲットする方法