ITフリーランス向け業務委託案件の紹介サービス「ココナラ」詳細はこちら

リモートデスクトップ中に「アイドルタイマーが切れました」が出る理由

Windowsでリモートデスクトップをしていると、以下のようなポップアップが出ることがあります。本記事では、このアラートが出る理由を解説します。

「アイドルタイマーが切れました:セッションは時間制限を超えてアイドルしています。X分後に切断されます。セッションを続行するには、どれかキーを押してください。」

目次

「アイドルタイマーが切れました」が出る理由

エラーが出る理由を説明します。

まず、「アイドル」とはリモートデスクトップを行って操作しているOSで何もしていない状態の事を表現する言葉です。要するにマウス操作やタイピングをせずに何もしていない状態です。

このアイドル状態が指定した時間を経過するとリモートデスクトップを切断させることや終了(ログオフ)させることがグループポリシーの設定で可能です。

よって、「アイドルタイマーが切れました」が出る場合は、グループポリシーにアイドルから切断や終了(ログオフ)に至るまでの時間が設定がされています。

グループポリシーの設定場所

設定場所は、グループポリシーエディターの以下の場所になります。設定されているのは、Active Directory のグループポリシーか、ローカルグループポリシーの何れかです。

コンピューターの構成 ⇒ 管理テンプレート ⇒ Windowsコンポーネント ⇒ リモートデスクトップサービス ⇒ リモートデスクトップセッションホスト ⇒ セッションの制限時間

具体的な設定については、以下の記事をご参照ください。

アイドル状態のリモートデスクトップを時間指定して自動的に切断する方法

ここ最近、筆者は仕事と子育てに追われています。その中で、学びをスケジュールに組み込むために、Amazonが提供する本を聴くことができるサービス「Audible」を使い始めました。旅行や家事や運動、お風呂の時間などに本を取り入れることで、知識欲を満たすことができています。2カ月間無料で利用できますので試してみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントする

目次