IPv6を一瞬で完全に無効にする方法 – トンネルインターフェイスも削除すべし

IPv6を完全に無効にする方法を説明します。ただ、その前にIPv6を無効にすることによる不具合もあるので、まずはIPv4を優先させる設定を試してみてください。下記の記事に詳細に纏めています。

【 IPv4を優先させる方法】IPv6を無効化にする前に試してみよう!!


IPv6を無効にする前の確認と座学

IPv6には大きく以下3つのインターフェイス機能があります。
IPv6のインターフェイスを確認するには以下のコマンドを打ち込んでください。

netsh interface ipv6 show interface

インターフェイスが3つでてきましたね、それでは個々に解説していきます。

物理インターフェイス

物理的にネットワークカードが保持しているインターフェイスです。

トンネルインターフェイス

IPv4の中に作られている仮想的なIPv6用のネットワークです。
上図ではisatapというインターフェイスですが、実際には6to4 インタフェース、Teredo インタフェースといって、トンネルインターフェイスの中でも3つに細分化されています。

ループバックインターフェイス

OS上で作成された仮想のインターフェイスで自分自身とのみ通信可能です。IPv4では127.0.0.1でIPv6では::1がそれにあたります。localhostと定義されているのでping localhost で自分自身にpingが送信されます。そして重要なのがループバックインターフェイスは無効化ができません。

IPv6を無効化してみよう

さて小難しい話はおいておいて実際に無効化をしてみましょう。

ツールのダウンロード

以下のサイトから「非トンネル インターフェイス (ループバックを除く) および IPv6 トンネル インターフェイスで IPv6 を無効にする」の項目をダウンロードしてください。

非トンネル インターフェイス が 物理インターフェイスの事だと思うのでこのツールを実行すれば、ループバックインターフェイス以外を全て無効にする事ができるわけです。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/929852/how-to-disable-ipv6-or-its-components-in-windows

MicrosoftEasyFix20170.mini.diagcab というファイルがダウンロードできれば成功です。

ツールの実行

MicrosoftEasyFix20170.mini.diagcab をダブルクリックします。

次へ

トラブルシューティングを終了するをクリック

再起動 👈 重要

これで終了です。IPv6が完全に無効になりました。

無効になっている事の確認

さて再度下記コマンドをたたいてイターフェイスの有無を確認します。

netsh interface ipv6 show interface

ループバックインターフェイスのみになっていますね。成功です。

まとめ

難しい話もありましたが、要するにマイクロソフトが提供しているIPv6無効化ツールを実行すれば全てうまくいきます。何かがあっても有効にするツールも用意されているので心強いですよね。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

1件のコメント

  1. ピンバック:【 IPv4を優先させる方法】IPv6を無効化にする前に試してみよう!! – IT trip

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 関連コンテンツ