Windowsワークグループ環境で『一般ユーザー権限をシステム管理者権限へ変更』する方法

Windowsのワークグループ環境で一般ユーザーをシステム管理者へ変更する方法を解説します。ドメインユーザーに慣れていると意外に分からなかったりするので記事にしました。

   

左下のWindowsマークを右クリックして、コンピュータの管理を開きます。

システムツール > ローカルユーザーとグループ > ユーザー へ移動します。

システム管理者権限を与えたいユーザーをダブルクリックします。(以下の例では、user1を選択しています。)

所属するグループのタブを選択します。

所属するグループが「Users」となっています。これは、いわゆる管理者ではない一般ユーザーの権限です。

追加をクリックして管理者権限グループを追加します。

administratos と入力して、OKボタンを押下します。

管理者権限であるAdministratosが追加されました。これで、管理者権限を与えることができました。続いて、Usersを削除します。

完成です。user1が一般ユーザーからシステム管理者へ変更となりました。

1時間で1万円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法

現在、ITトレンドで普段お使いのWeb会議やチャットツール等の業務システムのレビューをするだけで1レビューにつき1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者も10個のレビューを書き1時間以内に1万円分のAmazonギフト券をゲットしました。

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ