『LibreOffice』と『Microsoft Office』の互換性を評価してみた|厳選6ファイルを比較

厳選したサンプルを用いてMicrosoft Office 2016とLibreOffice6でどの程度互換性があるか評価しました。LibreOfficeを導入するか否かにおいて、結局のところMicrosoft Officeとの互換性が最も重要なポイントになってきます。


Microsoft Office 2016で作成した計6ファイルをLibreOffice6で開いた場合、どの程度の互換性があるのか検証します。

Excelの互換性評価

評価1

MS Officeで作成したファイルです。

LibreOffice6で開きました。日付けの形式が異なるのか表示されません、また行と列が表示されませんね。

評価2

MS Officeで作成したファイルです。

LibreOffice6で開きました。グラフですが、ほぼ同じ見た目で表示されています。

Wordの互換性評価

評価1

MS Officeで作成したファイルです。

LibreOffice6で開きました。スペースがグレーになってしまっています。

評価2

MS Officeで作成したファイルです。

LibreOffice6で開きました。ほぼ同じ見た目になっています。

PowerPointの互換性評価

評価1

MS Officeで作成したファイルです。

LibreOffice6で開きました。ほぼ同じ見た目です。いいですね

評価2

MS Officeで作成したファイルです。

LibreOffice6で開きました。文字がズレているは、横向きになっているは、見えなくなっているは、枠線が消えているはで、互換性の点では酷いですね、

評価まとめ

厳選したOfficeのファイルをMS OfficeとLibreOfficeで開いて互換性の評価をしました。結果としては、6ファイル評価したうち3ファイルは修正が必要な結果となりました。LibreOfficeを利用するにあたっては、MS Officeと完全に互換性があると思ってはダメだと改めて痛感しました。ただ、無料なので状況によっては非常に強力なフリーウェアだと思います。

オススメの関連記事

1件の返信

  1. 2018年9月26日

    […] 『LibreOffice』と『Microsoft Office』の互換性を評価してみた|厳選6ファイルを比較 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です